前回の日記、

 

消化器内科の診察と同じ日、
花子さんと僕の、
精神科の診察もあった。

 

診察室に入る。
まずは、花子さんから。

 

寒いですね。

 

はい。

 

最近いかがですか。

 

はい。

 

夜は良く寝れてますか。

 

はい。

 

お食事は食べられてますか。

 

はい。

 

私の名前を覚えてますか。

 

・・・
わかりません。

 

○○と言います。

 

ああ、そうです。
すみません。

 

いいんですよ。

 

ご主人から見て、最近はどうですか。

 

退院の頃から出始めた、見当識障害が、
強くなってきています。

  ( 見当識障害 → 時間や、場所がわからなくなることです )

 

波がありますが、悪い時は、
部屋にいても、自分の家ということが、
分からなくなっています。
家の中でも、どこに居
れば良いのか分からないので、
手を引いて、場所を教えています。

 

大好きだったお菓子や飲み物を、
何も食べないので、
よく聞いてみたら、
他の家のものを、
勝手に食べてはいけないと思っているようです。

 

冷蔵庫を開けることも、しなくなりました。

 

居場所が分からず、いつも私の後をついて来ますので、
仕事をしている時も、横に座らせています。

 

進行していますね。
居る場所が分からないことから、
外に出て行かなければ、良いんですがね。

 

ついこの前、
玄関から出て、門の前に立っていたことがありました。
そこから先へは進めないようで、
長い間、いたようです。

 

外に一人で出るようになると、難しくなりますね。
危険ですからね。
これからのことを、考えていかないといけませんね。

 

失禁はどうですか。

 

一時ありましたけど、最近はないです。

 

睡眠はどうですか。

 

良く寝れています。

 

食事も大丈夫ですね。

 

はい。

 

お通じはどうですか。

 

はい、大丈夫です。

 

これからは、徐々に体の機能も落ちてきてしまいますね。

 

薬は今までと同じで良いですか。

 

はい、お願いします。

 

次回は、5週間後でよいですか。

 

はい。

 

ご主人はどうですか?

 

と言うことで、花子さんの診察は終わった。
僕のことは、次の日記で。

 

 

 

 

今の家に住み始めて、もう23年になる。
花子さんにとっては、茨城の実家より長く暮らしている。

 

でも、自分の家という感覚が薄れてきた。
何度も、「行くところがない」と言うので、 

 

自分の家はどこなの?

 

と聞くと、

 

わからない。

 

と言う。
でも、今日、

 

いばらき

 

と言った。

 

昔の記憶は、忘れない。
そして、認知症の症状として、
昔の自分に、戻ることがある。

 

今の花子さんの住まいは、
40年前に、戻っているのかな。

 

他のことは、現在のまま。
自分の置かれている、時間と場所、空間が、

 

行ったり来たりしている。

 


 


 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

コメント
病気の女房をこんな風にさらしものにして何が面白いんだろうな。安心して認知症にもなれん
2010/02/24(Wed) 09:59 | URL | 市民 | 【編集
前コメ、スリブリさん、大丈夫だよね?
ブログ、応援してるからね!
2010/02/24(Wed) 10:04 | URL | かめこ | 【編集
そんなことない。全然にそんなことない。スリブリさんは間違ってない。前のコメントを読んだら涙が止まらなくなってしまいました。辛い思いや悲しい思いなんて出来ればしたくないけど、人はいろんな思いをすると優しくなれるし成長するんだと思う。人生っていろんなことがあるし、生きていくって本当に大変。でも、だからこそ素晴らしいんだと思うし、素晴らしいって思いたい。私、スリブリさんと花子さんに出会えて本当に良かった。ブログを書いてくれてありがとうって伝えたいです。
2010/02/24(Wed) 10:44 | URL | ゆき | 【編集
市民さん、スリブリさんと花子さんはただ生きているんですよ。
さらしてるんじゃなくて、お二人が支え合って生きている今を
伝えてくれてるんです。
健常者からしたら花子さんは衰えているだけのようにみえますが、
そうじゃない。私たちと同じに一瞬、一瞬生きているんです。
身近に認知症の人がいたので、ついマジレスしてしまいました。
スリブリさん、すみません。




2010/02/24(Wed) 16:11 | URL | しまうま | 【編集
スリブリさん、こんにちは。毎日お疲れ様です。
お忙しい中、いつもブログを更新して下さって本当に有難うございます。
ご夫妻の日々に、認知症の家族を持つ私をはじめ多くの方がどれだけ励まされていることいでしょう。
影ながら、これからもずっとずっと応援させて下さいね。
2010/02/24(Wed) 18:02 | URL | kuririn | 【編集
この手のブログを書く人間は書かれている本人が書かれたいかということに一切関心はないからね。自分のストレス解消でしょう。自分の娘が認知症になって、その連れ合いにこんなことを書かれたら親は決して良い思いはしないでしょうね。娘は夫だけのものではないって。
2010/02/24(Wed) 18:50 | URL | 通りすがり | 【編集
はじめましてです。
認知症の介護がどれほど大変か。
介護した人にしか分かりません。

スリブリさんの記録を見て、感心することがたくさんありました。
お仕事と介護を両立させるって大変です。
本当に奥さんを愛しているからこそできること。

スリブリさんのこの記録は、きっと未来に繋がります。
これから認知症、特に若年性アルツハイマーは増えていくと言われています。
認知症の介護は自宅では難しい。
そんな中での在宅介護。
とても貴重な情報です。

私は認知症ケア専門士として働いていますが、とても勉強になります。

長生きしてもらいたいですね。


乱文失礼いたしました。
すいません。
2010/02/24(Wed) 20:27 | URL | 初音 | 【編集
はじめまして。
こういう汚らしいコメントを書くような人間は、こっちの想像もつかないような下卑た精神の持ち主です。
こんな連中の言葉に傷ついて泣いたり怒ったりするなんて時間がもったいないですよ。相手を喜ばせるだけです。
どうせ当事者には面と向かって何一つ言えないような輩ですから。
ゴミはさっさと捨ててきれいにするのが一番です。
その際には、私のこのコメントも削除してください。失礼しました。
2010/02/24(Wed) 20:43 | URL | 細道 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/24(Wed) 21:12 |  |  | 【編集
世の中いろんな人がいますからね~。。
私は、単なる病気のブログとは思ってません。
スリブリさんのブログは愛情に溢れてて、夫婦の絆というものを教えてもらってます(*^_^*)
2010/02/24(Wed) 22:49 | URL | のの | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/25(Thu) 00:11 |  |  | 【編集
私の母もアルツハイマーです。

スリブリさんのブログを友人から教えて貰い、お二人の日々の出来事が母との間の出来事にかぶり、『同じ思いをされているのだ』と切ないながらも私事の様に拝見させて頂いてます。

父もスリブリさんの様に機転(言葉の端々からヒントを得るような)が効くタイプなら『もう少し楽になるのでは?』と思います。

父が61歳 母が今年で60歳 になります。

スリブリさんの言葉が何も言わない父の言葉のように感じて、不慣れながらもコメントしてみました。

毎日の在宅看護、本当に頭の下がる思いです。

気軽に応援とは誠に申し上げ難いですがスリブリさんの息子世代として応援しています。
2010/02/25(Thu) 00:34 | URL | よし | 【編集
スリブリさん花子さんのブログ、大好きでいつも見てます。いっぱい愛情が溢れている2人のような夫婦になりたいです☆
2010/02/25(Thu) 19:19 | URL | ニック | 【編集
あの世に行った時に私の認知症を宣伝してくれてありがとうと言える人間は少ないだろうな。南田洋子も、夫の商売に使われてかわいそうだった。まあこれも夫に削除されるんだろう。
2010/02/25(Thu) 21:48 | URL | itio | 【編集
スリブリさん、はじめまして。
よもぎと申します。

5年近く前から、ずっと読ませていただいています。
私自身が脳の故障由来の病気になり、
初めて体験する機能障害症状の数々を調べている過程で
幸運にも出会わせていただきました。
以来、遡って読み、その後もずっと読ませていただいています。

私などがコメントする必要はないと思っておりましたが、
今日はあまりにも驚いて……
想像力のない方っておられるものなんですね。
介護はしないことも可能かもしれませんが、
誰でも、明日にも介護していただく立場になる可能性はありますのに。

そのとき、スリブリさんのような方の記録が、
どれほど「介護される人」を救ってくれることか、計り知れません。
ほんとうに貴重なありがたい記録です。
そして、花子さんにとっても、病の症状と、
そうではない哀しみから発露してしまう行動を見分ける努力を続け、
発信し続けているスリブリさんの記録はうれしいものだと信じます。

なにより、私自身は、
認知症でもほかのいかなる病気でも、
夫がもし余力があって、細かい状況と対処法、
解決できること、できないこと、
すべて発信してくれれば、ほんとうにうれしいです。
なぜなら、それは医師の立場からは決して見えない、
患者と介護家族の日常の貴重な情報ですから。

この分野の情報が希薄だったために
(誰もがなり得る病気を「恥」と考える人がいるんですものね……)、
どれだけ「表現を抑制される病」の患者の方たちが苦しい目に遭ってきたことか。

ただ、それでなくとも過酷な日々の中、
ブログを書き続けることの大変さもよくわかります。
私の夫も介護疲れからSADを発症し、そこからさまざまな症状も発現してしまい、
今は夫婦で相互介護状態です。
こんなときは、ほんとうは
「現実逃避」の楽しいことばかり書いている方が楽なものですよね。
記録は、むしろ苦しいものとお察ししています。
くれぐれもご自愛くださいませ。

市民さん、そして通りすがりさん=itioさん、
現代は、スリブリさんはじめ、
多くのご家族やご本人の血のにじむ記録と発信のおかげで、
これまではブラックボックスだった患者の方々の心が、
医学的、社会的に認知されつつある時代です。

長い間、認知障害だったのは「健常者社会」の方ですが、
人間の一生において「健常者」でいられるのは、
どんな人にとっても「ある一定期間」にすぎません。
個人差はあっても、そんなに長い期間でとはいえないのです。
どうぞ、もう少し広い視野をお持ちください。
2010/02/26(Fri) 00:46 | URL | よもぎ | 【編集
はじめまして。

パソコンに不慣れなもので、なかなかコメントすることが なかったのですが・・・ 今日は コメントさせてください。


悲しい コメント 拝見しました。
皆さん いろいろな考えがあるのは、いいのですが。。。
私には、悲し過ぎました。

私は 20代。 50代の親が 若年性アルツハイマーです。
特に去年は、周辺症状がひどく いい病院にも恵まれず、介護する家族も バラバラになりそうでした。
そんな時、出会ったのがスリブリさん、花子さんです。

お二人のおかげで、家族会や 使える医療制度について 知ることが出来ました。何よりも 同じく頑張っている 人がいる・・・と、 勇気をいただいてます。

この病気で・・・ 
病気になって 失ったものも 沢山あるけれど、家族の絆が深まったと思います。

陰ながら 応援させていただきたく 読みにくいコメでしたが、 失礼いたしました。



2010/02/26(Fri) 11:20 | URL | 虎 | 【編集
はじめまして、いつも拝見させていただいています。
私は近くに住む実家の父と同居の義母の介護をしています。
二人とも認知症です。父のほうは母が主たる介護人です。
認知症の介護が大変なのは本当に経験しないとわからないものだと実感しています。
同居していてそういうものだと理解していなければ、見ていても母の大変さをわからなかいかも。と思っています。
私の義母の主たる介護人であることでわかる細かいことの大変さをやっとわかります。
また近所で母のお花の稽古とやめさせて、デイに無理矢理通わせている鬼嫁?のように言われているわよ。とご親切にしらせて下さる?方もいて、それじゃなくても大変なのに落ち込ませてくださいます。
このたびのコメント
あまりにいいように涙してしまいました。
スリブリさんの介護認定の近況報告を参考にさせていただき
義母の認定も無事にすみました。ありがとうございます。
わからない人に説明するのは私はあきらめました。
私もその一人だったろうと思うからです。
でも発信してくださることで頑張っているのは私だけで無い!
と励まされています。
本人がどう思うか。本人のためにも自分がつぶれないことが一番です。周りはなにかいってもなにもしてくれる訳でもありません。
このスリブリさんのブログに感謝しているひとりです。ありがとうございます。
お互いに負けないで行き(生き)たいです。(死にたくなる事もありますけどね)
2010/02/26(Fri) 11:27 | URL | みみ | 【編集
スリブリさん、こんばんわ

いつもブログを拝見してます。
色々な意見が有りますね! ビックリしました!!
私の妻は脳梗塞になってしまい私が働きながら妻の介護をする
生活で五年が経ちました。

妻が大事です。 仕事中もどうしているかとても心配です。
この五年色んな事が有りました。

スリブリさんのブログを読んで元気を貰ったり暖かい気持ちに
なった事は何回もあります。

私も去年暮れに体調不良で強制入院させられました。
まだ耳鳴りと目眩は治りません。

本人が一番大変なのでしょうが介護者も結構大変です。
孤軍奮闘、孤立無援そんな気持ちによくなります。

アルツハイマーと脳梗塞と病気は違えども妻を大事に思う
同士として私も孤軍ではない、また頑張らないとといつも
励まして頂いてます。

これからも愛する大事な妻の為頑張りましょう。
ブログも宜しくお願い致します。
2010/02/27(Sat) 01:27 | URL | あつ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/27(Sat) 06:03 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可