前回の日記の続きです。

 

親父の診察まで、付き添ったので、
帰りが遅くなってしまった。

 

朝、病院へ送るとき、
花子さんに、

 

お父さんを、病院へ送っていくよ。

 

どこまでいくの?
ひとりで、いられない。

 

大丈夫だよ。
近くの、大学病院だから。
お父さんを送って、すぐ帰ってくるよ。

 

いやだ~

 

すぐ帰ってくるから、大丈夫だよ。

 

と言って、出かけた。
付き添うことになったので、
家に電話をした。

 

お父さん、一人だと心配なんで、
診察まで、付き添うことにした。
心配ないからね。

 

わかった。

 

意外と、素直な返事。
安心した。

 

病院に着いたのが、9時
検査、診察が終わったのが、12時。
予約なしだったんで、時間が掛かってしまった。

 

終わって、すぐ電話を入れる。
向こうで、受話器を取った。
でも、何も話しをしない。
こっちの声も、聞こえてないみたい。

 

受話器を取れたなら、大丈夫だろう。
耳につけるのを忘れて、
はずしたまま、ぶら下げていることが、良くある。

 

親父を乗せて、急ぐ。
家に着いた。

 

ただいま~

 

玄関まで、ランが迎えてくれた。

 

オーーイ
どうしてる?

 

大きな声で、花子さんに話しかけながら、
階段を上る。

 

返事がない。

 

部屋中を探した。
押入れ、風呂の中も。
庭に出て、木の陰まで探す。

 

居ない。

 

どこへ行ったんだろう。
電話をしてから、30分位。
遠くへは、行ってないと思う。

 

財布は置いたまま。
  ( もっとも、財布のある場所は忘れているので、
    持ち歩くことは出来ないが。 )
玄関にスリッパがあり、靴はなくなっている。
最近は、僕が言わないと、スリッパのまま外に出たり、
家の中を、革の靴で歩いてる。

 

ちゃんと、履き替えたんだ。

 

車を出して、近所を探しに行く。

 

家を出て、坂道を登り、突き当りのT字路へ、
左右確認で、右を見たら、
遠くのほうから、
こっちに向かって歩いてる、
花子さんを、発見。

 

多分、駅前まで行って、
戻って、来たんだろう。
コートは着ていなく、セーターのまま。

 

そのまま迎えに行かず、
戻って来れるか、
試してみよう。

 

見つけられたんで、
安心感と、
それを超えて、

 

実験を。

 

車をバックして、
家に戻る。

 

ランと一緒に、出迎えようと、
待ち構える。

 

 

 

 

全然、帰ってこない。

 

余計なことをしてしまったか。

 

また、車で探しに。

 

坂を登って、右折。
しばらく走ったら、花子さんが歩ってた。

 

横に止めて、手を振る。

 

どこに行ってたの?
帰ったらいないんで、心配したよ。

 

えきまで、いってきた。

 

大丈夫だった?
帰って来れた?

 

だいじょうぶだよ。

 

見つけられたので、良かった。
多分、駅と家を、往復していたんだろう。
その時は、僕を探しに出たと思っていた。

 

車で、家の前まで戻る。
玄関を見ながら、
花子さん、ボソッと、

 

いえが、わからなかった・・・

 

なんと、
家がわからないので、
駅まで戻り、また帰り方向に、向かってたんだ。

 

まずいな~
これは、徘徊の始まりだ。

 

居場所が分からず、他の家に来ていると思って、
フラッと出る。

 

目的がなく、歩く。

 

帰ろうと思っても、どこが家かわからない。

 

これからは、僕が出かける時は、
ドアについている、二重ロックを掛けよう。
これまでは、出入り自由にしておいた。

 

仕事で、長時間出る時の、
不安が増す。

  

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/06(Sat) 06:01 |  |  | 【編集
こんにちは。初めて書き込みます。
去年、わたしの母親がアルツハイマーかもしれないと言われた時にブログを見つけ、最初に戻ってイッキ読みし、それから応援してます。(幸い母はせん妄でした)

ずっと応援してきましたが、全て自分でするにはもうそろそろ限界なのではないですか?

奥様にお父さま、お母さま。

仕事しながらで、本当に心配です。
カラダ大丈夫ですか?

他人ですが、ブログの更新がないと、なにかあったのではと、本当に心配になります。。。
公共のサービスや親戚や息子さんの手を借りてください。お願いします。

2010/03/06(Sat) 20:33 | URL | たまご | 【編集
大丈夫ですか?

お仕事や家族の世話に追われて息抜き出来てますか?

本当に大変だと思います。

お身体、精神的にスリブリさんも息抜きして下さいね。
2010/03/06(Sat) 23:20 | URL | よし | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/07(Sun) 23:53 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/08(Mon) 00:22 |  |  | 【編集
心配すぎます(;_;)
こんにちは。
花子さんの徘徊を心配されてましたが、
いよいよ外へ出たようですね。

戻って来られないのも心配ですが、交通事故なども心配です。
皆さん心配されていると思いますが、
スリブリさんが背負いすぎていて、本当に大丈夫ですか?
仕事もされて、ご自身も病を抱えておられるのに。

もっと周りを頼って…
子供だって、介護する義務はありますよ!(と思います…←弱)
どんどん助けてもらって下さいね。

残すのも、残される花子さんも、不安です。制限があり、難しいですが、
お互いが安心できる環境になることを願っています。
無理せず、頑張って下さいね。
2010/03/09(Tue) 08:11 | URL | シマ(´V`) | 【編集
もうすぐ春ですね
コメント入れるの久しぶりです。<(_ _)>
ちょっと遡って記事を読ませていただきました。
お父様やお母様の病院の付き添いも始まったなんて、
生活の多くの時間と労力が病院に費やされてしまいますね。
心労もさることながら、実生活の部分においても、負担が大きいのではありませんか?
他のみなさんもご心配のようですが、どうかご自分のことも大切にね。

花子さんの徘徊も心配ですね。
認知症のかた特有の「タイムスリップ」が起こっているのでしょう。
でも、なんとな~く、花子さん、素直というかおとなしくなったみたいに感じました。
花子さんの毎日が不安なく、穏やかで楽しい日々でありますように。
何のお役にも立てない私ですが、せめて、そうお祈りさせていただきます。
2010/03/10(Wed) 11:40 | URL | SATOKO | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/10(Wed) 23:13 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可