今回の住宅改修は、一階と二階を同時に行った。
 
まず、役所に申し込みの電話をする。
すぐに、ケースワーカ (病気や事故などで、困っている
              人の相談に乗る業務の方)
の方が、来てくれた。 
 
前回もそうだが、僕が住む地域の、
役所(福祉保健センター)の方は、動きが早い。
 
すばらしい。
 
家を見て頂き、何をつけられるのか、
どこまで、介護保険で出来るのか等の
相談に乗ってくれた。
 
生活面の心配事が、軽減される。
これから、益々動きが辛くなるであろう、両親。
そして、花子さん。
改善されて、少しでも楽になればいい。
 
さっそく、 バリアフリーの住宅改修に
慣れた事業所へ、電話をした。
 
営業の方と、工事担当の方
3名がみえた。
 
一つ一つの例が、大変便利な物。
僕は、お願いしようと即決。
 
でも、親父、お袋は、躊躇してるんだな~
何もないのに、慣れているんで、
つけた時の、便利さが想像できない。
 
介護保険からの負担にも、遠慮している。
 
トイレの手すりは、
壁や、棚があるから 、
いらないと言う。
また、風呂場の手すりも、いつも水道の蛇口や、
風呂桶の端に、手を当てるから、必要ないと。
 
だが、動きが不自由だから、自然に手を出して、
今あるものをつかむ。
それが、滑ったり、壊れたり、動いたりすることもある。
だから、危険なので、しっかり握れる物が、必要だ。
 
なかば強引に、つける物を決めて、
契約をした。
 
契約するまでに、何度も説明を聞いたり、
こちらから、要望を言う。
精密な図面も、書いて頂いた。
かなり、綿密な打ち合わせ。
 
介護保険を使う、改修なので、
きめ細かいな~と、感心した。
 
 
そして、改修箇所が次の通り。

【お袋の介護保険を使っての改修】
  一階住居部分
  1. 玄関、上がり用手すり
  2. 廊下、歩行用手すり
  3. トイレ、立ち上がり兼、移動用手すり
  4. トイレ、段差解消、敷居撤去
  5. 脱衣所兼洗面所、歩行・着替え用手すり
  6. 風呂場3箇所、手すり
     風呂場、出入り口
     浴槽、出入用
     浴槽、立ち上がり用  
  
  合計金額  190,000円  
  自己負担  19,000円
 
【花子さんの介護保険を使っての改修】
  二階住居部分 
  1. 二階に上る階段、手すり取り付け
  2. トイレ、段差解消、敷居撤去
  
  合計金額  117,000円
  自己負担   11,700円
 
 
さっそく、出来上がった手すりを使う。
非常に便利だ。
歩行に、安定感が出た。
 
契約前、要らないと言っていた親父も、
 
これは便利だな~
トイレや、風呂の立ち上がりが、
すごく楽になった。
つけてよかったな。
 

あんなに、どうでもいいようなふりをして、
興味を示さなかったのに。
 
つければ、絶対に便利だよ。
 
と言った通り。
 
この日の日記の
【“住宅改修 2”の続きを読む】
をクリックしていただくと、
手すりの写真の一部が出てきます。
 
 
 
 
この住宅改修は、要支援、要介護の認定を
受ければ、申請をすることができます。
認められると、限度額20万円以内であれば、
一割負担で、済みます。
 
使用できるのは、一度だけですが、
転居をした場合や、要介護度の段階が
3段階以上重くなった場合は、再度利用できます。
 
花子さんは、要介護4なので、
3段階以上あがることはありません。
 
お袋は、今要支援2なので、これから要介護3になれば、
もう一度使うことができます。
 
 
早い段階で申請をすれば、2回使えます。


 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
 
 
  
 写真は、ここをクリック
       ↓

 


手すりの写真です。
 
 
まずは、一階の玄関から、
上がりかまち用手すり。
壁につけることができないので、
手すりが、立ってる。
 
玄関2 
 
トイレの手すり
L字型なので、立ち上がりと、移動の
支えになる。
 
トイレ 
 
風呂場。
湯船から立つ時(横についてるんだけど、わかるかな)と、
出る時に使う手すり。
他に、扉の横に、もう一本つけてもらった。
お風呂場には、危険がいっぱいだから、
とても、役に立つ。
 
風呂場  
 
2階の階段の手すり
180度回転しているので、
角は曲がって、長くついている。
急な階段なので、花子さんの役に立つだろう。
もちろん、僕にも。
 
階段 
 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(Tue) 01:59 |  |  | 【編集
行政の方のすばやいお仕事!助かりますね~!

うちもスリブリさんが施工したヤツ 全部ついてます。
家を建て替える時に やって置きました。
でも お風呂場のエアコンは後付けで20万はしたかな?
お風呂場と脱衣所が1番怖いと思います。
滑るだけじゃない『温度差』!
もちろん トイレも!今は 小さな温風ヒーター(自動で人がいるとスイッチが入るやつです)を入れて誤魔化していますが。。。
冬場が危ないですからね・・・
でもジジ様倒れたの4月でしたから、まだ油断出来ないかも??

そうかぁ~!住宅改修にも安く使えるのかぁ~!
勉強になりました!

お父さん・お母さん、花子さん(スリブリさんも?)達が
過ごしやすく改善されて良かったですね~!
2010/04/27(Tue) 16:10 | URL | キバっち | 【編集
スリブリさん、いつも応援しております。

住宅改修は地域により助成の仕方が異なるようです。私の地域では、一人につき二十万円(一割負担なのでニ万支払う)まで。何度でも利用可。
お隣の地域は二割か三割負担でした。値段の上限は解りません。

上記は2008年当時のもの、今はどうなのか解りませんが。
ご参考まで。



2010/04/30(Fri) 03:02 | URL | ジュリー | 【編集
はじめまして。おつきあいしている方の父親が若年性認知症と診断され、彼と主介護者になるであろう彼の母親の支えに少しでもなりたいと思い、痴呆症について勉強を始めた者です。物忘れ、勘違い、暴言と理にかなわない言動が少しずつ増している一方で、身の回りのことや仕事はきちんとこなすために、どこまでが病気の仕業で、どこまでがご本人の意識に基づくのか、ご家族も把握に難しく、逆に父親(夫)の発言や行動に強制的、否定的な対応をとっているようです。すでに父親の他界を経験した私には、尊敬していた者が小さくなっていく苛立たしさと、でもそれに向き合うことの大切さをわかっているつもりなので、彼らにもっといいアプローチを取って欲しいとはがゆい思いです。そんな折、スリプリさんの過去ブログを幾つか拝見させて頂き、花子さんの症状に対する「受け止める」姿勢に心をうたれました。そこに至るまでたくさんのご苦労があったと思います。インターネット上にも認知症患者の介護の心構えについての情報はありますが、多くは症状の進行した方、或は高齢の患者さんが対象です。したがって、定年前で初期症状の患者をもつ家族にとっては読むに抵抗があるようです。お時間がありますときに、スリプリさんの花子さんの初期症状時の体験や気持ちを綴っていただけると大変参考になるかと思います。あるいはそのようなサイトや本をもしご存知でしたら紹介願います。
2010/05/01(Sat) 07:41 | URL | そら | 【編集
皆様はじめまして。
認知症について学びを深めたいという方がいらっしゃるようでしたので、僭越ながら情報提供をさせていただきます。
NHK厚生文化事業団さんから、認知症についての本が配布されています。
こちら、無料(送料のみ)で入手できますので、よろしかったら参考にお読みいただいてはどうでしょうか?
以下ににリンクをのせておきますのでご活用ください。
若年性認知症に特化したものではないようですが、認知症に対しての学びにはつながるものかと思います。
http://www.npwo.or.jp/library/post/
http://www.npwo.or.jp/library/post_2/
以上、失礼いたしました。
2010/05/01(Sat) 22:51 | URL | きまぷり | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/06(Thu) 20:30 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/11(Tue) 08:41 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/11(Tue) 08:45 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可