5月12日

3日間ICUに入り、
4日目に、一般病棟6人部屋に転室した。
 
ICUは、テレビドラマで見た通り。
毎日、救急患者が運ばれ、たくさんの計器をつけて、
治療が行われている。
 
一晩中、明かりが点灯し、
各患者の心音、計器音が響く。
Dr.、看護師の大きな声かけも、聞こえている。
 
親父の怪我の症状は、安定してきた。
心配された、頭蓋骨と脳の間に血液が溜まることはなく、
血の塊も、広がることはなかった。 
 
ただ、見当識障害 (自分の置かれている場所、時間、人が
わからなくなる症状です) が強く出ている。
まだ、ホテルに泊まっていると思っている。
 
昔から親父は神経質で、明かりがついていたり、
雑音がするところでは、寝れなかった。
 
自宅の静かな部屋から、騒々しい病院と言う
環境変化に、追いつけないでいるんだろう。
混乱症状が、続いている。
 
Dr.に面会をした。
 
CTを撮ったところ、傷は落ち着いてきました。
これ以上広がることは、ないと思います。
引き続き、経過観察をします。
 
ただ、環境の変化から、
精神的に、落ち着かない状態が続いています。
 
このまま経過観察が続くようでしたら、
今週中に退院して、家に帰ったほうが良いかもしれません。
病院の中だと興奮するので、慣れた環境に戻して、
家族が介護をしたほうが良いです。
 
今は、会話が成り立っていない状態。
駅からの落下は覚えていなく、記憶が抜け落ちている。
一般病棟に移ったが、ベッドへの抑制は続いている。
認知症の症状も出てきている。
回復は、難しい様子。
 
親父は92歳だが、
これまで、介護認定はされていなかった。
今後のことが不安なので、
その日のうちに、地域包括センターへ行き、
介護認定の申請を行った。


 
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/22(Sat) 19:54 |  |  | 【編集
大変でしたね[e:330]
スリブリさんの日記の内容にドキドキしました
本当に命に別状が無い()ようで安心しました

事故は突然だと理解はしてても、自分の身内に起きると確認するまで落ち着かないでしょうね

まして、奥様を置いて行く不安

心中お察しします

今はとにかく、お父さんの無事が何よりでした
スリブリさんも気を付けて下さいね
2010/05/22(Sat) 22:20 | URL | よし | 【編集
やはり 早く行政の方に相談して
1日でも早く スリブリさんがゆったりとした気持ちで過ごす事が
出来るのを お祈りしています。
2010/05/23(Sun) 17:24 | URL | キバっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可