花子さんに、入浴拒否が出てきてしまった。
もう、5日間、風呂に入っていない。
 
昼間は、一日中僕の横にいて、
ご機嫌は、悪くない。
じっと、座っているだけだが、話しかければ、
ニコッとする。
 
親父が入院してから、毎日見舞いに行っている。
その時も連れて行き、
帰り際、親父に、
 
がんばってください
 
など、声かけをする。
 
毎日遅い夕食になってしまうが、
 
おいしい
 
と言って、食べてくれる。
 
片づけが終わって、ようやく、くつろぐ。
その頃から、なぜか、機嫌が悪くなる。
 
風呂に入るのは、いつも11時過ぎだ。
 
さあ、風呂に入ろうか。
 
いい、はいらない

 
なんで??
 
腰が痛くて、入れない。
 
だって、さっきまで大丈夫だったろう。
ランを、抱いてたじゃないか。
最近、腰痛は、なくなったんじゃないの。

 
だって、痛いんだから!!
 
その繰り返し。
いくら言っても、入ろうとしない。
激しい腰痛は、ないはず。
 
僕も、キレかかるが、
深呼吸をして、我慢。
 
じゃあ、いいよ。
一人で入ってくるよ。
入らない?

 
はいらない。
 
そのまま、僕も入らない日もあるが、
少し、間を取るために、一人で入る。
 
以前、花子さんが入院した時、
一人で風呂に入って、
ゆっくりとした気持ち良さを、味わったことがある。
 
でも、今回の一人は、全然くつろげない。
 
なんで、拒否するんだ。
 
親父のことを、どうするか。
 
仕事が、停滞して来た。 
どうしよう。
 
これからどうなるんだろう。
 
色々なことが、頭の中を駆け巡り、
悲しくなるばかりだ。
 
僕が風呂から出ると、
花子さん、機嫌が直っているときがある。
 
そんな時は、顔だけ洗ってあげて、
トイレに連れて行き、便座に座らせて、
ウォシュレットで、お尻を洗う。
着替えさせて、歯磨き。
 
機嫌が悪いときは、着替えもせず、
すべてを拒否。
 
僕が、声を荒げる時もある。
でも、こうなると、火に油を注ぐような物で、
成り行き任せ。
 
薬を飲ませ、眠くなるまで付き合い、
そろそろかなと言う時に、
うまく誘導すると、
ベッドに入る。
着替えなくても、構わない。
 
昨日は、全然だめだったな~
廊下に、横になる。
ランと、話しをしている。
 
先に寝るぞ。
 
と言って、ベッドに入った。
不覚にも、そのまま寝てしまった。
 
3時ごろ、目を覚ます。
リビングに行ったら、
花子さん、寝ていた。
 
その周りには、お菓子の袋の山。
時々やる、夜中のお菓子のドカ食い。
 
起こして、着替えさせる。
機嫌が悪かったことは、忘れているので、
 
すみませんね~
 
と言う。
お菓子をたくさん食べているので、
歯磨きをする。
 
口を開けさせ、磨いてあげていると、
 
いたい!!
 

と、叫んだ。
 
強く磨いているわけではないので、
口の中を見たら、
なんと、
下の歯の、奥から2番目の差し歯が取れていて、
ぽっかりと、穴が開いていた。
 
そのまま口をゆすがせて、寝かせた。
 
今日の朝、掃除をしながら探したけど、
取れた歯が出てこない。
 
明日から、歯医者の通院か~~
 
また一つ、仕事が増えてしまった。 




 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
 


コメント
大丈夫ですか?

2010/05/23(Sun) 16:53 | URL | M | 【編集
そうなんですよね・・・
何か 続く時って、いい事も悪い事も
次から次へと・・・・
スリブリさん 1人で抱え込まないように!!
2010/05/23(Sun) 17:26 | URL | キバっち | 【編集
いつも拝見させていただき、エネルギーいただいてます。

私も母の入浴拒否には悩みました。
「お風呂に入らないといけない」とか「お風呂に入るのはあたりまえ」が通じないのです。
ところが、デイサービスでは入るのです。
なぜだか考えてみました。
家族には拒否をさらけだすけれど、他人には徹底抗戦できないのではないかということと、デイの人が「入ると気持ちいいですよー」と肯定しながらお風呂に誘ってくれたことが功を奏したのではないかと思います。さすがプロだと思いました。
2010/05/23(Sun) 20:53 | URL | リリー | 【編集
はじめまして
一ヶ月ほど前から拝読させていただいています。
当方、ある入所施設で介護スタッフしています。

若年性アルツハイマー病のコトを調べている内にたどり着き、過去から読ませていただきました。

在宅でここまでされているスリブリ様に感動し、奥様の病状進行に心を痛めております。

差し出がましいですが、やはり周囲のアドバイスにあるデイサービスやショートステイの活用をお勧めしたいと思います。

ご存じかと思いますが、入浴拒否は進行の目安です。初期からかなり進行されており、奥様もですがご主人の介護負担はかなりのものかと…。

当施設に於いては、入浴拒否される方に半ば強引に入って頂くケースもあります。
ご家族から「どんな手段をとっても良いから入浴させてほしい」…と望まれる事があるためです。

しかし、そういう方は大抵「あ~気持ち良い」と笑顔でお風呂から上がられないという反応をされます。

どうぞお二人のためにも介護サービスのご利用、もう一度ご検討ください。
2010/05/24(Mon) 09:24 | URL | 介護福祉士 | 【編集
私の母も、父が介助してあげようとすることに、拒否することが度々あります。
特にトイレ。
私に対しては、ほとんど拒否するようなことはないのですが…娘だし、同性だからなのかなって思ったりするのですが…
スリブリさん、奥さんのことも、お父さんのことも大変だと思います。他に頼れるところがあれば頼って、一人で頑張り過ぎないように。
応援してます!!
2010/05/24(Mon) 14:19 | URL | くまく | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/25(Tue) 09:50 |  |  | 【編集
はじめまして
以前からブログ拝見させていただいておりました。私の母も62歳で若年性アルツハイマーです。
主介護者は父で、わたしは近隣に住んでいます。
母は人の輪に進んで入るタイプではないし、勝気だし、デイは高齢の方ばかり。しっかりしている部分もあるため、デイは諦めていました。
しかし、グループホームの様な小規模、「お手伝いに行く」と言う感覚でお願いしましたところ、家族が心配する間もなくすんなり行けました。
行くまでは本当に本当に心配だと思います。
私も父もそうでした。拒否が出るかもしれないし、そしたらデイ自体にトラウマが出来、もう行けないかも。そんなことばかり考えてました。
でも、心配しているだけでは進みません。
やってみて、だめだったらその時考えるくらいの勢いも大事かと思います。
私も神奈川在住で福祉の仕事を多少しているので、もし情報が必要であればいくらでもお話します。
どうか、1人で抱えないで下さい。
最初は抵抗がおありかもしれませんが、福祉を活用して下さい。
2010/05/25(Tue) 10:45 | URL | まー | 【編集
アラフォーの選択
私が、初めて若年性認知症を知ったのは、去年の夏。
大学の講義でした。
教授は、その家族と寄り添い・痛みを分かち合ったそうです。
寄り添って、御本人や家族の痛みを少しでも和らげる事は出来ないか!
知りたい…沢山勉強して
心の中で血を流して…寄り添う事が出来るなら
痛みを軽くできるなら…どうすれば良いのですか?

解らないから、認知症ケアの道を歩む覚悟を決めました。

私を、導いて下さいますか?
痛みを、少し分けて下さい。
2010/05/25(Tue) 21:49 | URL | ogaoga | 【編集
お久しぶりです
だいぶ大変な状況が続いてますね
お父さんも今回の怪我が元で要介護状態になるかもですが…
スリブリさん一人で全部こなそうとはしないでくださいね
お母さんにも支援が必要な状況なら尚更…
包括や保健師、ケアマネ、サービス提供事業所でチームを組んで、在宅生活が安心出来るものになるように
『改善出来るもの』『補って行くもの』の整理をして検討していくのも一つかと
これを一人で整理していくのは…普段の生活を送りながらではかなり…
(-"-;)

サービス事業所と契約したからと言って必ず利用しなきゃ…って事はないですから

とりあえず、様々な立場…専門職の方とお話する機会を持てればいいのかと

スリブリさんが今、体調壊されたら一大事!
今は、ご自分の体調に留意されて
その上で出来ること、支援受ける所などを一つずつ確認して…

…すみません…
長々と…


どうか
ご自愛ください
m(_ _)m
2010/05/26(Wed) 00:13 | URL | ともンち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可