玄関のドアをたたきながら、
 
あけてよ!
 

と叫んでいる。
 
僕のやってることは、正しいのか・・・
    
  
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
コメント
一人じゃないです
徘徊で悩んでいる人は、スリブリさん 一人じゃありませんよ。v-22
国内の認知症患者は、170万人前後といわれています。
その方の家族の皆さんが、同じ悩みを抱えています。

うまく乗り切れるかどうかは、介護をしている人の対処の仕方次第。
一人で抱えこんで、潰れてしまうか、ケアマネ、医者などプロの知恵を借りて 上手くコントロールできるか。

介護は、愛情だけでは、乗り切れないと思います。
ケアマネさんやお医者さん達は、同じような症状の人を何百、何千人と診てきています。勉強しています。
素人が、あれこれ悩むより、必ずいい解決策を示してくれると思います。
もっと、プロを頼って下さいね。
悩む前に まず相談しましょうv-22
2010/06/28(Mon) 10:41 | URL | saya | 【編集
こんにちは。
スリブリさんの辛い気持ち、お察しします。
一年前の母は本当に徘徊がひどく、見つけて「帰ろうね」となだめても泣き叫び暴言を吐き、一晩見つからなかった夜は明け方まで捜し回りヘトヘトになりながら子ども達の弁当を作りに一先ず帰宅。弁当を持たせて子どもを学校に送り出し また捜す… 本当に辛い時期でした。
sayaさんが言って下さったように事故などで他の人を巻き込んではいけない、と玄関の鍵を増やし、門は針金でグルグル巻きにして出られないようにしていました。
辛い選択でした。
何が正しくて最善の方法なのか、私には未だに分かりませんが あまりご自分を責めないで下さいね。どうか穏やかな日々が送れますように。祈っています。
2010/06/28(Mon) 10:59 | URL | ゆき | 【編集
最近、母がアルツハイマーと診断を受け本人と私達家族はまだ受け入れる事に時間がかかりそうです。そんな時にスリブリさんのブログに出会いました。奥様への手厚い介護のご様子には頭が下がります。私も頑張らないとと勇気を頂いてます。ただ あんまり無理をなさると…と心配しています。奥様の為にも早く公的なサービスを受けれる方法が見付かる事をお祈りしています。
2010/06/28(Mon) 11:45 | URL | ペペ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/28(Mon) 12:11 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/28(Mon) 17:50 |  |  | 【編集
はじめまして。といっても今まで見させてもらってたのですが、コメントは初めてです。

辛い気持ちがすごく伝わってきます…。
今はもう亡くなっていませんが、僕のおばあちゃんも同じでひどくなってくるとよく徘徊していました。するとある日近くの田んぼに落ちてしまい…足の骨を折ってしまいました。うちのおばあちゃんはだいぶ年だったからということもありますが、花子さんも外に出ていざ何かあってからではどうしようもないな、と。そんなことは絶対起きて欲しくない!そう考えると叫んでいるのを聞くのは辛いかもしれませんが、仕方ないのかな…と思ってしまいます。
でもそれによってスリブリさんがストレスがたまったりして倒れたりしないかと心配です。
なんというか、何も手助けできないですが、くれぐれも無理だけはしないで下さいね><
2010/06/28(Mon) 20:27 | URL | ゆうき | 【編集
間違いじゃない。
絶対に間違ってない。
でも揺れているなら、プロの意見を参考に家族で話しあってみてはいかがでしょうか。
一人で抱えているものを少しだけ肩代わりしてくれる人が近くにいるでしょう?

2010/06/28(Mon) 21:56 | URL | とも | 【編集
前から読ませていただいていましたが、初めてコメントします。

スリブリさんの行っていることは間違いじゃないですよ!花子さんへの愛情があるからこその事です。

お体に気をつけてください。ご家族やケアマネさん、他事業所さんの力を借りながら少しでも息が抜け、そして家族全体が安心できますように…
2010/06/28(Mon) 22:21 | URL | もんすた | 【編集
断言できます。間違っていません。
2010/06/28(Mon) 22:55 | URL |  | 【編集
初めましてm(_ _)m
今年の4月から読ませて頂いています。
私の義弟が4月に若年性アルツハイマーと診断され、調べている時にスリブリさんのブログに出会いました。

私達は、遠いという事、また義弟は独身という事もあり、年老いた両親が義弟をみています…とは言っても病院に入っています。

上手く言えないのですが、スリブリさん、無理なさらないよう…ご自身の事も考えて、皆さん 仰るように 沢山の方に頼って下さい。
何か良い対策が必ずあるはずです。

本当に本当にご自身のお身体に気を付けて下さいね。
2010/06/28(Mon) 23:29 | URL | KAWA | 【編集
まちがいじゃありません
一昨年ですが、私の母も徘徊が続きました。
一度は丸一日と半日みつからなくて、最悪の事態も覚悟しました。

母が見つかり、警察に引き取りに行った時に泣いて怒ってしまいました。
嬉しいやら悲しいやらで。
その時は私は生後2ヶ月の子供がいて、
今思えば私も気持ちが安定していなかったと思います。

今はGPS携帯を持たせたり、警察に何度かお世話になり、
父ともたくさん話し合い、ケアマネ、デイサービス、ショート
いろいろ利用しています。
だいぶ前にも書きましたが、メインで介護している父とスリブリさんが
重なります。

ご自分を責めないでください。
今できる精一杯の事をされています。
そして、助けてもらう場所を増やした方がいいです。
2010/06/28(Mon) 23:42 | URL | みみ太 | 【編集
自信をもって
こんばんは。 久しぶりのコメントになります。
スリブリさん、自分のやり方に自信を持ってください。
介護の方法は、個人の環境に左右されることと、介護者と被介護者との双方で、メンタル面における負担割合のバランスが偏らないことが大切だと思います。
だから自分にあまり負担にならない、自分で今できる方法で良いと思います。
これまでの花子さんに対する、スリブリさんのかかわり方をブログを通して見てきましたが、その優しさは見習うところがあり、我が家の介護生活にも影響しています。
我が家は、離職して介護に専念していますので、徘徊にもその都度つきあうことができましたが、スリブリさんは仕事しながら両親の介護もあり、その負担は計り知れないものがあります。
どうか、自分にも優しくなって力を借りてください。
借りる手がなければ、いままで100できたことを70や80に落としてみるのも一つの方法です。我が家もデイサービスなどを拒否するので一切介護サービスを受けていませんが、行かないと言うのは意思表示ができる証拠だと思うと、その意思を尊重しようと思う気持ちと少しは気休めになるのが混在します。
私は以前、妻の様々な行動に過敏と思えるほどに反応して、妻のみならず自分までストレスを感じていたときに、家族の会で同席した人から危険な事じゃなければ見守ったらいいじゃないと言われたことで、ずいぶん力が抜け以来見守り介護を続けています。他者からみたら手抜きかもしれません。しかし、バランスは取れていると勝手に思っています。
長くなりましたが、最後に一言。
スリブリさんに迷いがあると、花子さんは感じ取って疲れない居場所を探すような気がします。(経験談ですみません)
迷いがストレートに伝わりますから、迷わず自信を持ってやりましょう。
2010/06/28(Mon) 23:55 | URL | dekopon | 【編集
スリブリさん、間違っているとか正しいとかそういう次元ではないと思います。だって今現在、そうするしかないんでしょう?鍵を変えて花子さんが出られないようにして、そうしないと花子さんは出て行ってしまうわけでしょう?

皆さんが今までのコメントで散々言っているじゃないですか。スリブリさんはお一人で抱え込み過ぎなんですよ。認知症の奥様、超ご高齢のご両親、3人抱えて介護していくなんで無理に決まっています。そんな上体では破綻は必ず来ます。

スリブリさんの花子さんに対する「花子はかわいそうだ、できるだけ家で、安心できる自分のそばで過ごさせてやりたい」という思いが、結果スリブリさん以外にはほとんど気を許さない、施設やケアマネさんに対する異常なまでの拒絶反応を見せる今の花子さんを作ってしまったと思います。
スリブリさんが自分の父だったら、何でも抱え込んで出来る限りは自分でやろうとするその姿勢に怒っています。無理に決まってるじゃない!と。
コメントされる皆さんは本当に優しい。乱文お許し下さい。
2010/06/29(Tue) 00:04 | URL | いつも拝見しています | 【編集
スリブリさんはじめてコメントします。
最近の花子さんの様子が気になっていました。
本当にお辛い気持は伝わってくるような気がします。
病院で働いていますので認知の方も大勢いらっしゃいます。
その時に思うのは中途半端はいけないということ。
かわいそうだからと手加減しますと結局ご本人が一番つらいことになります。
そんな失敗を繰り返してきました。
お探ししているような助けていただけるところをみつけいっときでも肩の荷をおろしてください。
私からも自分を責めないでくださいとお願いします。
人間ってしてあげられることも体力も限界があるのですから。
2010/06/29(Tue) 00:11 | URL | sachie | 【編集
うん。

間違ってなんかいないよ。
もし、
それが正しくないと思ってしまうとしても、
愛情がある行為なのだから、自信をもってくださいね。

それに、
今の世の中はどんなにきれい事を言っても、先立つものは、お金。
働かなきゃ生活していけない
介護をしている家族全部に、国が生活費払ってくれるわけじゃない。
生活を維持しながら介護をしなくてはいけない。
そのための、最低限な行為だと思います。
安全に生活してくれるための。怪我をさせないための。

どうか、スリブリさんがつぶれてしまいませんように・・・
2010/06/29(Tue) 00:34 | URL | ウルル | 【編集
初コメです。
はじめまして、おはようございます。以前から拝読しています。
私の叔母(S25年生)も認知症で去年の6/30から入院をしております。去年の今ぐらいはちょうど徘徊がひどく私の家族もほとほと困り果てていました。
スリブリさんの決断と行動は決して間違っていません。絶対に…
より良い方向へ向かうことを心より祈ってます。
このブログに幾度となく助けられました。何もお助けできないのが心苦しいですが、応援してます!!
スリブリさんの体も心配です。無理せず…って言っても無理しちゃうと思うんですが…ご自愛くださいね。
2010/06/29(Tue) 09:30 | URL | tomo | 【編集
自宅の鍵、間違っていません。今のお二人に必要なことだと思います。
身体拘束には当たりません。

拝読していて心が痛みます。奥さまがデイサービスを利用なさればかなり違うと思うのですが…。
2010/06/29(Tue) 11:52 | URL | りんりん | 【編集
人のすることはいつも「正しいか」「正しくないか」に分けられるわけではありません。
スリブリさんはいつも、そのときできるベストな選択をしています。それが正しいか間違っているかなんて、誰にもジャッジできることじゃないんです。
スリブリさんは、花子さんを思い、ご家族を思い、ご自身のこともちょっとだけ思い、そのときそのときに、一番みんなを幸せにする方を選んでいるんです。
完璧でなんてありえません。
でも、ご自身のしていることに、どうか、自信を持ってください、少しでも。開き直り、ともいえるかもしれませんが。とにかく、スリブリさんは、ご自身のできる精一杯を、ご家族皆さんに対して、なさっています。
これ以上尊いことがあるでしょうか。
2010/06/29(Tue) 15:58 | URL | akiumi | 【編集
深呼吸
大丈夫ですか?

間違ってないですよ。  スリブリさんも、花子さんも・・・
お互いを大事にするから、 お互いを大切に思うから・・・

いままでの スリブリさんのお部屋に何度かお邪魔してます。
私も、花子さんの状況・・・  こんなに急激にかわるのか・・・親で体験してます。

今 自分の中での葛藤・・・ 皆さんの
お気持ち・・・   まるで暗闇にいるかのような、どこにいっていいのか分からない気持ち・・・。    わたしは、暗闇にいました。 でも、きっと光が射すはず

まず深呼吸してください。 
休んで、 また花子さんと 手をつなげたら いいな・・・

きれいごとに 聞こえるかな


2010/06/29(Tue) 22:25 | URL | 虎 | 【編集
同感です
こんばんは。もうこの後はひとりでは決して良い方向には向かないと、スリブリさんが判断しないといけない時期になったと思います。

《いつも拝見しています》さんと同意見になります。皆さん優しくコメントしておられますが、今の花子さんの状況を作ってしまったこと。自分自身を八方塞がりにしてしまったのは、今まで全てを自分がやる事が美徳のようにやってしまってきたスリブリさん自身です。

もう花子さんへ、目に見える愛情は沢山注がれたと思います。スリブリさんが倒れてしまっては、その愛情をも注げなくなってしまうのですよ!! 目に見えない愛情 を注ぐ事を考えて下さい。

スリブリさん!! もうこれ以上ガンバリ過ぎず、心を鬼にするぐらいの愛情が必要ですよ。

応援しています!!
2010/06/29(Tue) 23:27 | URL | マリア | 【編集
世の中
どこまで自分で介護するつもりですか?もう無理、限界でしょう。周りの人に助けられてると思うのはあなただけですょ。 迷惑しているはず。 助かった、皆さんのおかげで、と思うなら迷惑かけない方法考えた方がいいです。寝たきり老人の介護より、認知の人のほうが質悪いです。排泄物は食べてしまうし、あちこち排泄物をつけて歩き…。喚き立て、徘徊し、迷惑かけるでしょ。 病気だから仕方ない、そう思うのは家族だけ。 奥さんを施設入所させる事を勧めます。
2010/06/29(Tue) 23:39 | URL | たぬきさん | 【編集
きびしいですね
介護度4の奥様、きびしいですね。
『帰る!』って言われると、そんなにここが嫌なのかな?と一生懸命介護をしてればしてる程切なくなりますよね。
私も介護度4の母をみています。母も若年性アルツハイマーでした。
現在は70歳。

母もひところ、毎日家の外に出てしまい、毎日いなくなってしまっていました。今は門に自転につけるチェーンを付けたので、外に出ることができません。外に出られなくなったことで、暴れるかなと思いましたが、母の好きな花などをたくさん買っておいて、母の注意を家の中に向けておくことに成功したようです。まあウチの場合、色んなことがたまたまうまくいった、偶然です。今も『帰る!』と言いますが『じゃあ、送ってあげるよ』と15分くらい一緒に車でドライブします。

また、母は家事はもう出来ませんが、それでもお風呂掃除や食器洗い、洗濯などを『お母さんがやってくれて助かるよ~』と言って今もやってもらっています。もちろん、水は出しっぱなし、汚れは残っていたりしますが、頼られているというのが母に俄然やる気を起こさせるようです。

小澤勲さんの『痴呆を生きるということ』って読んだことありますか?私はすごく勉強になりましたし、私自身が癒されました。もしまだ読んでなければ、ぜひ読んでみてください。今の介護のヒントになる事が見つかるかもしれませんよ。
2010/06/30(Wed) 00:14 | URL | kaoru | 【編集
間違ってません
スリブリさんの精神的・肉体的にも大変辛い時期でいらっしゃるかと思います。スリブリさんの言葉を拝読していると、花子さんと同じ歳で同じ病気になってしまった母を仕事しながら介護している父と重なります。母は「要介護3」で2年前から週5でデイサービスに通っています。母は2年近くまともに入浴できておらず、転倒して入院してから症状が悪化したのが原因でデイサービスを始めました。やはり、「きっかけ」が家族だけでの介護に限界があることに目覚めさせてくれたと思います。その時はものすごく大変だし、辛い場面もたくさん目の当たりにしなくてはならなくなりますよね。どうか、スリブリさんご自身の生活も大切にお考えください。第三者(介護のプロ)の方たちの助言に冷酷さを感じることもあるかと思いますが、むしろ当人たちが目をつぶってきたことだったりします。偉そうに書いて申し訳ないですが、花子さんやお父様お母様、スリブリさんが穏やかに生活できる状況を心よりお祈りし、応援しています。
2010/06/30(Wed) 10:48 | URL | yamayamaya | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可