「若年性アルツハイマー」と、関係ない記事で、
ごめんなさい。
 
またまた、親父の話の、続きです。
 
 
 
 
腰を強く打った親父は、T病院へ、入院した。
 
骨には異常はなく、打ち身の痛さだけだ。
でも、起き上がることが出来ず、
寝たままなので、
お袋には、介護が出来ないため、
Dr.にお願いして、17日に、入院をさせてもらった。
 
 
入院中、打撲痛は一向に良くならず、
寝ているだけ。
再度、レントゲンを撮ったが、
異常箇所は見つからず、
手当は、湿布だけだった。
 
初日は6人部屋だったが、
夜中に大声で、お袋と、僕を呼ぶんで、
次の日からは、個室。
  
寝ているので、足はどんどん弱り、
毎日行く、見舞いの時は、
体を起こし、トイレまで歩行訓練を兼ね、
僕が、連れて行った。
 
後ろに反るような、歩き方をして、
手を貸さなければ、一人で歩けない。
何度か、倒れそうになるが、
両手で支えて、ようやく、往復。
 
一度の行き返りで、すごく疲れた様子だ。
 
僕がいないときは、
一人で歩くのが、危険ということで、
ベッドに拘束されている。
 
認知症の症状も、進んでいる。
親父の、説教 。
 
今日の朝、会議室に行ったら、
皆、俺のことを無視した。
もっと丁寧に説明しないとだめだ。

 
訳のわからない話が、延々と続く。
 
入院しているつもりはない。
どこかに、旅行をしている様子。
 
見当識障害が、強く出ている。
 
 
 
 
22日の朝、病院のソーシャルワーカーから
携帯に電話が入った。
 
看護師から、連絡があったんですが、
今朝、お父様が、抑制(拘束)を自分ではずして、
病院内を歩いていました。
 
転んで、骨折などをすると、大変危険なので、
部屋に戻るように言うと、
手を払い、大きな声を出したそうです。
 
Dr.に相談したところ、今の怪我では、
治療をするところがないので、
今日中に、退院をするように、言われました。
 
当院では、認知症の患者さんを
受け入れる体制がないので、
退院をしていただくか、24時間、ご家族に
見守ってもらうしかないんです。
 
困った声だった。
 
ここのソーシャルワーカーは、
患者と、家族の立場になって、
考えてくれる。
 
前回の入院のときも、大変お世話になり、
良い方向を、導き出せた。
信頼できる人だ。
  
その人が、このような電話をしてくるということは、
病院側でも、よっぽど持て余しているんだろう。
 
今退院をしても、奥様と、お母様のことを考えると、
家に帰るのは、難しいと思います。
 
ケアマネージャーと相談をして、
今日の昼頃までに、
家に戻るか、
施設に入所するか
どちらか、決めていただけますか。

 
 
うちの親父は、いくつかの団体の役員をしている。
92歳という年だが、いまだに、現役並みに、働いている。
 
そんな親父を、入所させて良いのだろうか。
 
ヘルパーさんを入れ、介護用品を導入し、
家で見ることは、出来ないか。
 
いやいや、どんない便利な機械を入れても、
見るのは、僕と、お袋。
見るだけの、余裕がない。
 
日中は僕が見れても、
夜間は、お袋。
このままでは、共倒れだ。
 
 
頭の中で、いろんな思いが、
ぐるぐると回った。
  
 
やはり、施設に預けるしかない。
 
 
今、親父が、週に一度
デイケアで通っているところは、 
介護老人保健施設 ( = 老健)を持っている。
 
老健とは、介護を必要とする高齢者が、自立できるように、
リハビリテーションを行い、3ヶ月を限度に宿泊する施設。
状態によっては、継続もある。
 
 
老健への入所を選ぶ。
 
ただ、老健は、申し込みをした後、審査会があり、
そこで承認されてからの、入所だ。
今日、すぐにというわけにいかない。
 
ケアマネージャーと相談し、退院後、すぐに入れる
ショートステイを探してもらって、
老健の承認が取れ次第、転所ということで、お願いした。
 
 
ケアマネージャーより連絡がある。
 
何件か探しましたが、Eと言うショートステイが、
退院後、すぐに入れて、8月3日までいられます。

 
そこでお願いします。 
 
 
 
親父は、絶対に、家に帰ると言う。
どのように説得するかが、問題だ。
 
退院なので、お袋も一緒に行くという。
ただ、お袋がいくと、親父はわがままを出すし、
お袋も、情が出て、私が見ると、いいかねない。
 
僕一人で、行くことにした。
 
 
病院に着く。
退院手続きをして、親父のところへ。
 
今日、ここの病院を退院して、他に移ることになったよ。
打ち身の痛みはあるけど、骨には異常がないんで、
治療をすることが、ないんだって。
 
重症の人が入ってくるんで、空きベッドがないから、
退院してほしいと言われた。
 
これからは、歩けるようになるために、
今、デイケアで通っているHに泊まって、
リハビリをするよ。
 
でも、今日すぐに入れないので、
Hの部屋が、空くまでの間、
Eと言うところに行く。
ここは、腰をベルトで縛られることがないんで、
寝返りも自由だし、
体を休めるのに、ちょうどいいよ。
 
今日は、お母さんも来るって行ってたんだけど、
疲れが出て、家で寝てる。
 
お父さんがこのまま帰っても、お母さんが
面倒を見ることが出来ないんで、
しっかり体を治してから、家に戻ろう。
 
お袋の体が悪いと言って、
何とか了解してもらった。
 
 
 
病院からショートステイに移動中
親父は、話し方、記憶が、すっかり戻り、
明瞭に、話すことが出来た。
 
このまま施設に入れても、いいのだろうか。
家に帰り、環境が戻れば、
今までと変わりなく、暮らせるのではないか。
 
 
揺れ動く。 

 
でも、決めたこと。
 
 
親父には、しばらく老健に入ってもらおう。
 
  
 
  
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/26(Mon) 09:45 |  |  | 【編集
スリブリさん
間違ってないですよ!
揺れ動く気持ちは分りますが、
判断した事は 間違って無いですよ!

うちのジジ様も『老健』に入っていますが、長期の方になってます。
うちもジジ様を家で見る事は出来ませんから・・・
お父さんが 入った『老健』さんと相性があうといいですね!
2010/07/26(Mon) 15:43 | URL | キバっち | 【編集
ご自愛下さいね
暑い中どうされてますか? 1人で3人もみていくのは大変です うちの父は介護1で93歳です 娘の私と2人で暮らしてます 読ませて頂いて頭の下がる思いです そして私もまだまだ頑張らないと。 どうか嵐がまた過ぎ去ってどうにかこうにか穏やかな日が来ますように 祈ってます
2010/07/27(Tue) 14:33 | URL | はらっぴー | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/28(Wed) 19:32 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可