先日、病院の定期診察があった。
Dr.より、
 
最近の様子は、どうですか。
 
前回、診察して頂いた時と比べ、
だいぶ、落ち着いてきました。
 
朝起きて、30~40分位は、
混乱した状態が、ありますが、
その後は、落ち着いています。
  
昼間は、相変わらずベランダにいますが、
水を飲ませたり、トイレの誘導には、
拒否がなくなりました。  
  
 
 
色々と、状況を報告した後、
 
ご主人は、これからの介護環境を
どのようにしていく、つもりなんですか。
 

はい。
いまは、まだ公的支援を受けていませんが、
両親のことも考えると、
このままでは、やっていけなくなります。
 
今、デイサービスの事業所に、協力してもらって、
スムーズに使うことが出来るように、
準備をしています。

 
ご主人は、介護欝になりかけてますよ。
 
最近、頭痛がしたり、
めまいをすることがあるんです。

 
それでは、もたないですよ。  
在宅で、3人は見れません。
一人でも、大変なんですから。
 
施設に入れるなり、入院するなり、
ご両親の入所も含めて、
決断していかないと。
 
デイサービス、ショートステイでは、
限界があります。
 
ここ1ヶ月くらいの間に、
状況が、変わってきましたので、
真剣に考えています。

 
ご主人は、今も薬を飲んでますが、
薬などではなく、
環境を、早急に整えないとだめですよ。
 
入所をして頂くしかないんじゃないですか。
ご主人が、優先順位をつけて、
誰が、と言うのを決めていかなければ
ならないですね。
 

 
その間、
花子さんは、表情が険しくなり、
 
もう、いいです。
 
どうせ、死ぬんですから。
 
かえろう。
 
と言っていた。
 
診察室を出たら、
すぐに忘れていたんで、
助かる。
 

 
 
今回は、Dr.から、
厳しい話しが、多かった。
 
今の状況を、冷静に見た上での、
診断だろう。
 
 
 
判断が、難しい。
  
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
コメント
お疲れ様です
苦しい選択ですね。
2010/09/01(Wed) 18:14 | URL | ナイトイーグル | 【編集
決断の時デスね!!タイムリミットは既に過ぎてるのかもしれません☆…スリブリさんがダウンしてしまった時の事を想像すると…↓ お医者様は冷静な判断をされましたね。
2010/09/01(Wed) 19:10 | URL | ペペ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/01(Wed) 21:34 |  |  | 【編集
人ごとではありません・・・
はじめまして。

私も、身内のうち、両親が認知症、夫が欝です。
子供達は成人して家を出て、今は私が家族全体の責任者のようになっています。

アルツハイマーで要介護5の母には施設に入ってもらいました。施設では家にいるほど自由にはできないし、世話する人も少ないし、食事はまずそうで、始めは母が可哀想で、罪悪感でいっぱいでした。

でも、3年たった今は、施設の良いところもわかってきました。(やっとですが・・・) 介護のプロの方達は私と違って母の言動に振り回されないし、2人がかりで体を動かす手伝いをしてくれるし、広いお風呂にゆっくり入れてもらったり、お医者さんが週に2回健康チェックに来てくれたり、美容師さんまで来てくれます。私一人ではとてもできないことです。

施設もそう悪いところではないですよ。一時的には辛い状態になるかもしれませんが、一番大事なことは全員がサバイバルすることです。私は最も疲れてた時は全員で死のうと思ってました。最悪の選択なのですが、体と心が疲れきってしまうと、死にたいというより明日一日を乗り超えられる気がしないのです。頂上の見えない崖を這い登っているようでした。休みたい、でも休むと落ちる。そう信じていました。本当はいろんな選択肢があったのですが・・・疲れると視野が狭まります。

スリプリさんはまでそこまで行ってないと思いますが、本当に追いつめられてしまうと正常な判断もできないし、医者やケアマネのアドバイスも耳に入らなくなります。そうなる前に、大事なお身内の世話を思い切って他人の手にゆだねることをオススメします。お節介かもしれませんが、どうか御家族全員のためにも、ご自分を最優先して下さいませ。
2010/09/02(Thu) 11:15 | URL | yuko | 【編集
年単位でずっと拝見させていただいていました。
奥様に対しての事ですが、いろんな「愛」の形があっても良いと思うんです。

在宅でも奥様は幸せでしょうけど、
徘徊や異食など、もしもの時を考えた時の安全面…
それらを回避するための「入所させる」という奥様への愛…。

特に徘徊が起きてからでは、今までのように毎回偶然が重なるとは限りません。
命にかかわることなんですから。


大切な人を守る為の最大の愛。
今、使わなきゃいつ使うんですか?


スリブリさんのお身体、ご両親の事も気になります。

苦しくとも、辛くともどうか決断すべきだと私は思います。
いつか必ず良い方向に向かうはずですから…。
2010/09/02(Thu) 11:31 | URL | ゆり | 【編集
スリブリさん、こんにちわ。
私も5年前あっというまに複数の介護をすることになりました。
認知症の父を母が介護しておりましたが、母が乳癌や腰椎圧迫骨折と度重なる入院。2度目の入院までは一人っ子ゆえ私が頑張らねばと介護・看護・仕事・自分の家庭のことと全てを引き受けて遮二無二頑張りました。でも母3度目の入院中、気持ちでは頑張れても体が悲鳴をあげました。私も癌の診断をうけ入院手術です。私が入院すれば父は生活不可能です。介護施設以外の選択肢はありませんでした。騙すように入所させました。
家族全員が介護施設と病院に暮らすことになりました。最悪でした。
スリブリさんには3人の介護だけではなく家族全員の生活全てがかかっています。スリブリさんが入院となれば自宅介護も不可能、失礼なことを申し上げれば自営のお仕事のご様子収入にも影響があるのではないでしょうか。収入が不足すれば施設入所も入院も出来ません。
スリブリさんは実際に介護に手を尽くすのではなくどうやったらそれぞれがより良い生活が出来るかの調整役、もしくは司令官に徹してはいかがでしょうか。一家の大黒柱はデンと家の中心に構えて全体を見渡してください。大黒柱があちこち動き回っては屋根が落ちてきて全員下敷きです。救われる人がいません。
追記。私の両親は犬を飼っていました。彼はそのとき面会人もなくペットホテルに数ヶ月暮らすことになりました。ランちゃんのことも考えてください。
そして息子さんのことも考えてください。スリブリさんが倒れれば4人と1匹は息子さんの肩にのしかかります。
2010/09/02(Thu) 17:52 | URL | みるふぃーゆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可