10時に 
親父の病院の、予約をしているので、
車で出かけた。
 
今回は、
今まで通っていた所とは、
別の病院。
 
頭蓋骨陥没骨折をしたとき、
脳に、強い衝撃が加わり、
その影響か、
最近認知症の症状が
出てきている。
 
専門病院で、診てもらう事にした。 
 
今回で、3回目。
前回は、1時間半かけて
心理テストを行った。
その結果が出るので、
どうしても行かなければ、ならない。
 ( このことは、別の機会に書きます )
 
 
 
車を運転している間、
背中に、強い痛みはなかった。
待合室、診察室で椅子に座ったが、
大丈夫。
歩いても、痛みは広がらない。
 
安心した。  
 
 
 
12時ごろ、家に帰ってきた。
ベランダにいる、花子さんを呼ぶ。
 
今、お父さんを連れて、病院へ行ってきたよ。
 
あ、そう。
 
大丈夫だって。
 
よかったね。
 
花子さんには、
親父は、元気ということにしている。
 
いつもと変わらない、明るい応対。  
朝の大騒ぎは、すっかり忘れている。 
 
引っ張らないので、
僕が切り替えれば、大丈夫。
 
昼ごはんを作って、二人で食べる。
昼食後は、お決まりの
10分間の、昼寝。
 
 
 
起きたら、打った背骨に、
こわばりを感じる。
 
痛みが、広がってくる。
少し動かしても、
ズキーンとする。
 
まずいな~
病院へ行ってみるか。
 
痛みは、後から出てくる。
親父を、連れて行かなければいけないので
緊張してたかな。
 
花子さんと、お袋が通っている
整形外科へ行った。 
 
 
まずは、触診、前屈、後屈をして診断。
後ろに反ることが出来なかった。
待合室で気づいたが、
右手の肘が、痛みはないが、膨れている。
これも診てもらった。
 
レントゲンを撮る。
再び、診察室に呼ばれた。
 
レントゲンで見る限りでは、
骨に異常はないようです。
ただ、気になるのが、脊椎の第二腰椎が
変形しています。
皮膚の打撲の痕を見ると、
ちょうどこの部分になります。
 
通常だと、脊椎の骨は四角なんでが
この第二腰椎だけが、ややつぶれています。
 
元々、こういった形だったら良いんですけど
打撲したことで、圧迫骨折ということも
考えられます。
 
MRIを撮るとすぐに分かるんですが
どうしますか。
 
お願いします。
 
腕は、レントゲンで骨に異常はありませんでした。
「皮下組織損傷」ですね。
肘は、骨の外側がすぐに皮膚になるので
打撲すると、皮膚との間に水がたまります。
 
これは、腕を使わずに
安静にすることが必要です。
湿布をして、包帯で固定しましょう。
 

MRIとは、「核磁気共鳴画像法」のこと。
余計、分かり辛いか。
磁気を使って、体の内部を3次元で見る方法です。
 
MRIを持っている病院は少ないので
紹介状を書いていただき、
翌日、別の病院へ行くことにした。
 
腕は、包帯でグルグル巻きにされ、
サポーターで留めてもらった。
 
 
 
家に帰る。
花子さん、腕の包帯を見て
びっくりしてた。
 
どうしたの!
 
転んで、腕を打っちゃった。
病院で診て貰ったら、
なんでもないって。
湿布してるだけだよ。

 
よかったね。
 
心配した?
 
しんぱいしたよ。
 
花子さんが原因で、怪我したとは言わない。
いまさら言っても、仕方がない。
感情が戻っているので
落ち込ませるだけだ。
 
心配する気持ちを、持ってもらった方が
よっぽど、良い。
 
 
 
結論を先に。
ただの打撲でしたので、
ご心配なく。

  
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/06(Mon) 08:12 |  |  | 【編集
初めてましてアンジーです♪
ずっと読んでます
花子サン、心配ですが
スリブリさん、尚更心配でコメントしました彡
無理なさらぬ様、日々生活なさって下さい。
2010/09/06(Mon) 10:55 | URL | アンジー | 【編集
大丈夫ですよ。まあ
2010/09/07(Tue) 08:24 | URL | レモン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可