前回の記事「ホームヘルパー 1」では、
たくさんのアドバイスと、励ましをありがとうございました。
 
続けて、「ホームヘルパー 2」を書くつもりでしたが、
なかなか時間がとれず、間が空いてしまいました。
 
ケアマネージャーから、大変良い事業所を紹介していただき、
利用が始まっています。
 
また、たくさんのご協力があり、担当者会議を、
開いていただきました。
 
そして、まだ1回ですが、デイサービスが、
始まりました。 
 
波乱万丈ですが。
 
本当は、「デイサービスへのために1、2、3」から、
一気に、ホームヘルパー1、2、3、
担当者会議1、2、
デイサービス1~ と、
記事にする予定だったけど、
どうも、遅れています。
 
   記憶が、あいまいになる。
 
そして、毎日起こる変化。
お笑い、嘆き、怒り等々があるんだけど、
これも、書けないでいる。
どんどん、時期遅れになってしまいます。
 
でも、昨日、いろんなことがあったんで、
忘れないうちに、先に書きます。
 
 
 
 
 
 
29日は、7週おきの診察日。
 
Dr.へ、花子さんの様子を話したいんだけど、
診察室には、二人一緒に入る。
 
そのまま話すと、花子さんを傷つけてしまうので、
朝、文書にした。
出かけ前の30分で、作成したんで、
もっと伝えたいことはあったが、
今現在の、状況だけを書いた。
 
それが、これです。
   ↓ 
近 況 報 告 
 
 
 
文書を見ながら、DR. 
 
これは、難しい状況になって来ましたね。
もう、ご主人が見るのは、無理じゃないですか。
共倒れになっちゃいますよ。
 
私自身も、体力的にしんどくなっています。
ただ、日常生活で、にこやかな時もあります。
笑顔を見ると、まだ、大丈夫と思ってしまいます。
 
急に変化をする時があり、失望感が襲ってきます。
 
それが、この病気ですからね。
 
ご主人が、納得するのが一番だけど、どうかな~
なかなか、デイサービスも、
対応できなくなるんじゃないかな。
 
入院を、考えたらどうですか。
もしくは、薬を強くしていくかですね。
 
今は、セロクエルを、寝る前と頓服にしていますが、
朝夕に、1錠ずつ入れてみましょう。
せん妄にも、効き目はあります。
飲む時間は、任せます。
 
気持ちは大事ですけど、
ご主人が倒れたら、皆が困ってしまいますよ。
よく、考えてください。
 
 
 
 
病院を出て、用事を済ませ、
家に帰ったのが、15時だった。
 
車を降りて、家に入ろうとしたが、
いつもの、帰宅拒否が出てしまった。
 
いくら言っても、聞かず、
駆け出して、逃げようとする。
その度に、僕は手を掴み、
引き戻す。
 
その繰り返しだ。
 
その日は、病院へ行く時に、
車に乗ろうとしないので、
ランも連れて行った。
ランがいれば、喜んで車に乗る。
 
花子さんと、もめている時
ランは、車にいた。
あまりの大声に、ランは、車から飛び出してしまった。
ランを捕まえようとしたら、
花子さん、すごい速さで、坂を下って走り出した。
 
逃がしてしまった。
 
すぐに、車を出して追いかける。
見当たらない。
近所を、歩っているはず。
 
1時間、探し回った。
家に戻る。
帰ってきた形跡はない。
 
以前、警察に捜索願を出したとき
 
いなくなったら、すぐに連絡をもらった方が
捜索範囲が狭いので、見つかりやすいです。

 
と言われたのが、何度も頭の中に浮かんだ。
このままでは、遠くへ行ってしまう。
事故にあう恐れもある。
 
警察に連絡した。
 
合わせて、地域ケアプラザにも。
市では、徘徊SOSと言うのを行っている。
地域ケアプラザに連絡すると、
行政、公共機関に連絡をして、発見に協力してくれる。
  
17時に、警察官がやってきた。
本人の特徴、衣服を伝える。
 
手には、何も持っていない。
お金も、ない。
本人確認の物は、何もない。
唯一、靴の表面に、
僕の携帯電話番号が書いてある。
 
警察官が戻ったので、また、探しに出かける。
 
 
 
 
18時ごろ、近所の人から携帯に電話が入った。
 
奥さんは家にいますか。
 
いえ、今外に出て行ってしまったので
探しているところです。

 
主人が今帰ってきて、
商店街の方で、一人で歩いている奥さんを
見たって言うの。
心配で電話したんだけど。
 
ありがとうございます。
すぐに行ってみます。
 
近くにいることが分かり
少し、安心した。
でも、探したけど、見つからなかった。
 
18時30分
警察から電話が入る。
 
今、交番の前を、奥さんが歩いていたので、
保護しました。
交番に来てもらえますか。

 
すぐに、交番へ行く。
 
花子さんは、背中を丸くして
うなだれていた。
 
どうした。
心配したぞ。
 
わからなくなっちゃった。

 
書類に判を押し、引き取った。
 
 
 
 
家を出て、3時間。
家から、10分の駅前交番で、保護された。
 
散歩で、見慣れたところを
歩き回っていたんだろう。
 
無事に保護されたから、良かったものの、
車の交通量は多く、また電車が通るところ。
一歩間違えたら、どうなっていたことか。

恐怖だ。
 
 
 
今後のことを、考えなければいけない。
 

 
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
  
コメント
大変でしたねえ。ドキドキしながら読ませていただきました。スリブリさんの気持ちおもうと、どんなにか・・・と。でも時々の笑顔がねえ、入院の決断にぶらせますよね。
2010/10/31(Sun) 13:12 | URL | hiro | 【編集
うちのおばあちゃんはこの流れで入院中です。
徘徊で道の真ん中歩いてご近所から連絡が入ったり2階の窓から「行かなきゃ!」と出ようとしたり・・昼間デイサービスに行っている時は安心ですが夜中明け方気付かないうちに出てしまった時や今後の事を考え入院しました。
もし車にひかれたら・・運転している方の人生を狂わせてしまうって。
今までの私だとすぐにでも入院をと書き込んでいましたが少し前に放映されたドラマを見て(いじだあゆみさんが若年性認知症になり旦那さん役の平泉成さんが介護するドラマ)気持ちがわかるようになってきました。
皆にとってベストな介護を見つけるのはとても難しい事です。
それに向って行くスリブリさんにはいつもながら頭が下がります。

もし私がそうなった時、夫がそうなった時・・どう判断するのか家族で考える時間を取りたいと思います。
2010/10/31(Sun) 14:10 | URL | 青梅 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/31(Sun) 16:30 |  |  | 【編集
スリブリさん、どうぞ無理をなさいませんように
本当に頭が下がります
でも、ご両親の介護に花子さんの介護…、荷が重すぎます
花子さんを思う気持ちは、とっても伝わります
でも、ご自身の心身を犠牲にするのは、誰も喜ばないと思いますよ
スリブリさんが心配です
2010/10/31(Sun) 18:00 | URL | にゃん吉 | 【編集
近況報告はエラーが出て見られませんでした(泣)

また大変だったんですね。
無事保護されて良かったですが、いつ何があるかわかりませんから、これからも心配ですね。
スリブリさんの心労も尋常じゃないと思います。
お互いの為にも入院を決断した方がいいのかもしれません。
でも奥様の笑顔…。
スリブリさんの奥様への想いが伝わってきて、読んでて涙が出てしまいました。
本当に残酷な病気ですよね。
スリブリさん、奥様のことばかりではなく、ご自分のことも考えて下さいね。
どうか無理なさらないように。
2010/10/31(Sun) 19:38 | URL | ナオ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可