悩む。
 
 
 
考える。
 
 
 
決めて行かなければならない、道だ。
 
 
 
決められない、辛さ。
 
 
 
きつい。
 
 
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
  
コメント
すみません
ブログ見させてもらってます。
なんか大丈夫ですか?
すみませんが、介護者の方の介護の上での意見を聞きたいんです。
認知症について、どう考えますか?
2010/11/02(Tue) 23:24 | URL | まい | 【編集
初めまして
いつも拝見させて頂いています。
まずコメントしたいのが、先にコメントされた「まいさん」へ。
貴方様の質問はかなりコメントとして不適切です。介護者の気持ち?あらためて聞かなくともブログを全て読めば分かるでしょう。自分本位のコメントを残すのはこういうところではやめて頂いた方が良いと思います。
本題に戻りますが、私は二年前にはなこさんと同い年の母を若年性アルツハイマー型認知症で亡くしました。発症して4年たらず、最期は病院でした。入院してからどんどん体調は悪くなり、4ヶ月の命でした。あと4ヶ月の命であったならなぜ自宅で最期まで看てあげられなかったと散々悔やみました。しかしそれは亡くなってしまったから思うことで病院に預ける時は状況が仕方がなかった。他の家族のためそうするしか道がなかった。そして自宅で介護していたらもっと悲惨な場合もあり得た。そう自分を納得させました。
どういう行動を取ろうと必ず後で後悔はします。人が病気になりいなくなるということで後悔しない場合なんてないんです。
だけどスリブリさんは少しでも後悔が少なくなるように、最後までどうか粘ってくださいね。
例えば母の場合、はなこさんの現状と全く同じ時期がありましたが、興奮を抑えるお薬を新しく処方してもらった後、見違えるように介護しやすくなりました。主治医の先生は懇願しないと新しく処方してくれない先生でした(というより普通1日に何十人も認知症患者を診ていたら一人一人の家族と同じ気持ちになって診断するのは不可能です)ので、もっと早く懇願していればと思いました。遠慮してる場合ではないです。
あとは二年前はなかった新薬の治験もたくさん行われるようになりましたね。私は可能性が少しでもあるなら、母を治験に参加させたかったけど思い付きもしなかったしその頃は今のような画期的な新薬はありませんでした。アメリカでは完全に進行が止まり、状態も少しだけですが戻った方がいるとこないだ特集していました。
また、病院に入って良かったのは、徘徊しても安全だということ、いつも清潔でいられること、会える時間が短くなる分いとおしく思える時間が増えること、そして何よりも心の余裕ができて介護へ今以上に愛情が湧きます。
悲しい面もたくさんあります。一番悲しいのは、「帰りたい・貴女のそばにいたい」と泣かれることです。心臓が引き裂かれる想いです。しかし五分経てば忘れてしまうのです。そう割り切るしかありません。やがてお互いに慣れる時がきます。
ただし病院に預ける選択をされる時は必ず毎日会いに行って抱き締めてあげてくださいね。
長くなりましてすみません。。少しでも参考になればしてください。。
2010/11/03(Wed) 00:21 | URL | なすび | 【編集
スリブリさん、もう無理しないで。
はじめまして。長い間ずっと拝読しております。
今回の記事に、あまりに心痛し、初コメさせていただきました。

私も父の介護をしました。介護に正解はありませんよね。
どんな結果になっても、スリブリさんを責める人はいないと思います。

辛い決断が、予想外に吉と出ることもあります。
なるようになるって、開き直る勇気も必要かもしれませんね。
どうか、どうか、ご自愛ください。
2010/11/03(Wed) 00:40 | URL | バターナッツ | 【編集
こんばんは。

辛いよね、スリブリさん。
だけど、その辛さを吐き出せるところが無い人もいる。
スリブリさんは、その辛さの一部分でも、ここで、その気持ちを文字にする事ができるじゃないですか。

たくさんの悩みがありすぎて、どれから片付けていけばということがあるのなら、スリブリさん、大きな問題を三つに絞ってみてください。
どこの家庭も、様々な問題を抱えています。
ところが、幾つもある問題を全部処理しようとするから、キャパを超えてしまい処理が進みません。
大きな問題を三つに絞って、ひとつずつ片付けるといいんです。
その三つを処理すると、抱えている問題のだいたい7割以上が解決できるはずです。
そうすると、気分的に楽になり、残された問題は気にならないものも出てきます。

私のところは、要介護5で全ての動作で介助が必要です。
先月、所用があり、ショートステイを利用したら、まだ歩けるのに車椅子に乗せられ、帰ってきたら歩く事を忘れていました。
車椅子に乗せられ、首は下がりぐったりした姿を見たときは、ショックで息が止まりました。
その日は、還暦を迎えた誕生日ででしたが、車から降ろしてそのまま寝かせたので、本人にとって最悪の誕生日でした。
翌日から、自宅で手を引いてリハビリして、歩行能力は戻りましたが、首が曲がって頭を下げてる状態はなかなか直りません。

介護はプロにと良く聞きますが、デイサービスを利用し始めた頃、その介護のプロ達が、若年と聞くと逃げ出し、徘徊があると断るのが現状です。今回のショートステイで、ADLを悪化させられたのには、介護のプロ達の現状を突きつけられた思いがあります。
スリブリさんが悩むように、私達にもいろんな悩みがあります。

花子さん、両親、仕事、スリブリさんは考える事一杯ありすぎて大変だよね。
だけど、自分自身が成長している事を自覚することもあるでしょ。
あなたと同じ様に、奥さんを介護している人で、このブログで勇気付けられ、在宅介護を継続できている人もいるはずです。
少なくとも、私はそうです。つどいで一緒になる人もそうです。

あまり気負わず、大きな問題三つをひとつずつ片付けてみてください。
飲み仲間に連絡して、息抜きをしてからでも。

それではまた。

ご安全に。


2010/11/03(Wed) 01:00 | URL | dekopon | 【編集
なすびさんはなぜ他人にきたコメントにお返事なさるのか不思議です

それは直接スリブリさんが
言うこと、もしくは書くことなのではないでしょうか…。

そして今までと違いすぎるブログ(日記)内容がとても心配です…。
2010/11/03(Wed) 01:04 | URL | まび | 【編集
迷いますね。
つらいお気持ち伝わってきます・・

ひとつの方法ですが、客観的に書き出してみてはどうでしょうか。
どうしてこの道を選択したくないのか。
その道を選択した場合のメリット、デメリット。
自分の気持ち。
どちらを選択しても後悔は残ります・・
踏み切らない方がいつでも踏み切れるチャンスはあるが、踏み切った後はこれでよかったのか・・まだやれたのではないかの後悔の気持ちが残るかもしれません。

スリブリさんも無理が身体に出る(病気)年齢です。
納得がいくまで、ぎりぎり我慢するのも選択肢でしょうが、後になって大きな壊れが来ないことを。。。

花子さんの担当医の「もうご主人が見るのは無理じゃないですか」は一番お二人を冷静に見られた言葉に思えます。
2010/11/03(Wed) 01:06 | URL | moku | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/03(Wed) 01:37 |  |  | 【編集
奥様、お父様、お母様そして仕事に家事にお役所に
ケア・マネさん病院・・・

私は妻の介護と仕事だけで気が遠くなる思いです。
でも妻が可愛いので頑張ってますが皆は私の事を心配しています。

スリブリさんはもっとスゴイ!!

悩みますね!!
2010/11/03(Wed) 01:54 | URL | あつ | 【編集
なすびさんの意見に同感です。私も軽率な質問に腹が立ち思わずコメントです。「まいさん」スリブリさんのブログ、初めから全部読み直して下さい。スリブリさん、お体だけは崩さぬ様、お気を付け下さい。
2010/11/03(Wed) 02:36 | URL | ばんば | 【編集
問題がたくさんありすぎてどこから手をつけてよいのかも悩みますね…

まずお父様とお母様の生活を立て直さなければ花子さんの精神安定もはかれませんし花子さんの介護もオチオチしてられなくなるでしょう…

もし私なら、ショートステイに2~3日花子さんを頼んでその間に両親のこの先の事を決めるだろうと思います…

姪っこさんも住民票がこちらにないのでしたらヘルパー受け入れは問題ないはずですが…

近所に住んでいる孫さんが週に何日か介護援助に来ているのであれば孫さんの部屋以外は全てヘルパーの仕事の範囲内のはずです…

デイサービスに徐々に慣れて通うことはもちろん大切ですが、ショートステイはまた別のように思います…

スリブリさんの考えは色々とあるでしょうが身体は一つしかないのです…

あれもこれもしている内に不安材料(突然の徘徊など)が増えてきていますよね…

介護職の方に一旦預けてみてその間に一つずつ問題を解決して行った方が賢明ではないでしょうか…
このままでは遅かれ早かれスリブリさんの体がもたなくなり花子さんをショートステイに預けなければいけない日がくるでしょう…

その為にもデイサービスより先にショートステイ体験をしておいてもよいのでは
2010/11/03(Wed) 03:42 | URL | 類子 | 【編集
おはようございます。

今日は朝陽が差し込む中、朝食を済ませましたが、いつもと違うスリブリさんの様子が気になり、二回目のコメントです。
スリブリさんにも朝陽があたっている事を願っています。
横では、うちの奥さん、ブツブツ独語を発して家の中を歩き回っています。

ここのところ、花子さんの徘徊が強くなり、その対応でお疲れだと思います。私も以前、徘徊の対応で毎日のように付き合い、毎日15kmぐらいを歩いていました。そのとき思ったのは、この病気いつかは歩けなくなる日が来る。それなら、いま一緒に歩いて、妻の体力維持もしながら、自分の健康維持もやろうと、徘徊の症状をいいほうに考えました。当時は、必死でいろんなことを目一杯の力を注いで対応していました。
今では徘徊も和らぎ、あの徘徊が脚力の低下を少しでも永らえてくれたと思っています。
そんな考え方に切り替えられたのは、つどいでいろんな方と話して、見守り介護を覚えたのが大きな要因です。
この病気と付き合うのは、歴史を知る事が一番だと思います。
それは、経験者の声を聞き、それで歴史を知る。
私のところは、今8年目を迎えていますが、周りには17年、20年と、長い間奥さんを在宅で介護をされている人もいます。
寝たきりではない状態で介護されています。
自分の立ち位置を少し離れておき、そして今の現況を考えてみるのも大事な事です。
そして、完璧を求めないで、今できることを形にしましょう。
スリブリさんは生真面目すぎて、完璧を求めるが故に溜めすぎてしまったようにも見えます。(きつい言い方してごめんなさい)

辛いとき、つらいと言える環境はなかなかありません。
たまには、ここで愚痴を言っても良いじゃありませんか。
スリブリさんのブログに訪問されている皆さんは、それを受け止めることができる人達だと思いますよ。
今日は、カレンダーではお休みですが、スリブリさんは仕事お休みですか?
天気も良い様なので、花子さんとランを連れて、どこか息抜きできるようなところへ出かけませんか。
一息ついて、考えてみると良案もでてくるかもしれません。

どうか、一人で抱え込まず、息子さん、姪御さんも取り込んで再考されることを願っています。

それではまた、ご安全に。
2010/11/03(Wed) 09:38 | URL | dekopon | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/03(Wed) 13:19 |  |  | 【編集
なすびさんは、スリブリさんからの意見ではなく、ここに来てブログを読み、スリブリさんを応援している同士としての意見を伝えたかったのではないでしょうか…。

スリブリさん…キツイ言い方になってしまうかもですが許して下さいね。

スリブリさんの愛情、スリブリさんのガンバッテきた事が一瞬で崩れ落ちないように、心を鬼にし早急に施設対応を考えないと、大変な事態になってしまいますよ…。

もう花子さんの様子を見て…少しずつなどと言っている余裕はなさそうです。スリブリさんが身体を壊してしまうことが一番心配です。

今日も良いお天気ですね。 スリブリさんが笑えるように…願っています。
2010/11/03(Wed) 14:04 | URL | マリア | 【編集
ならば

ブログを読んで
コメントを残すという
行動をした

まいさん

も応援仲間なんでは?

物事、いいほうに
考えましょうよ
(^-^)

疑うより
許すほうが
認めるほうが
百倍Happyになれるから。
2010/11/03(Wed) 17:58 | URL | まび | 【編集
はじめまして
私はショートスティで働く看護師です。当施設では日中大声を出し続ける方、夜間眠らず徘徊し続ける方、介護拒否のある方、帰宅願望が強い方など本当に色んな方がみえます。疲労困憊…の時もありますが、なんだかんだどうにかなるものですし、最初はものすごく大変でも回数を重ねる毎に徐々に慣れていかれる方が多いです。またその方に合う施設、合わない施設もあります。考えすぎるより、色々試してみることも大事かと思います。色々試していくうちによりよい形が見つかるのではないでしょうか。
お体、お心ともにお大事にしてくださいね。
2010/11/03(Wed) 20:41 | URL | りん子 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/03(Wed) 20:41 |  |  | 【編集
 私もつらい決断を何度も経験しました。「はたしてこれでよかったのか?」・・・と、思いながら。  その中で揺らがなかったことは、「私が崩れたら、目前の母が不幸になってしまう」という思いでした。 スリブリさんがいて、 家族は幸せなのです。 貴方がいるから、どんな決断をしても、 ベターなのです。 それと、自信を持ってください! こんなに家族のことを考えてきた貴方の判断に、大きな狂いはないはずです。
 貴方の思い通りにいかなくても、きっとよい方向に行くはずです。
長い介護でそれだけは確信しています。御自分も大切にすることが、花子さん、御両親の幸せです。 
2010/11/03(Wed) 20:55 | URL | まさこ | 【編集
在宅で介護している人、介護職の人など色々な考え方ありますね。
先程の意見の方は、意見いうな的なコト書いておいて…それならまいさんも仲間とか…。ここでいちいち言葉尻を掴んで喧嘩みたいになるのはおかしいです。マリンさんの意見は誰のことも否定していないと思いマス。
ここは考え方違ってもみんなスリブリさんの応援者だと思いますょ。
スリブリさん早く最善な方法が見つかるといいですネ。
2010/11/03(Wed) 21:43 | URL | 作太郎 | 【編集
スリブリさん こんばんわ
なにかあったのでしょうか 大丈夫ですか?

私は 施設入所を検討するように、とは思っていませんが
スリブリさんが倒れた時に、強制的に施設入所、入所待機、
となるのが 悲しい結末のような気がします

いろんなこと、重大なことの決断を たった1人でしなければならない
想像できないほどの辛さだと思います

スリブリさんの『軸』はなんですか・・・?
在宅? 施設入所?
私は、在宅を希望されてるように感じています

ブレない強さ、も必要かもしれないですね
在宅で困難なことがおきても、対応していく
見守り、寄り添い、自身も大切にする
たとえ施設入所となったとしても 
まだやれることがあったかも って何度思っても
『これでよかった』って思えるような強さ

きっとスリブリさんは この強さ、持っておられますよね
花子さま・ご両親に 気持ちは届いていると思っています

お母さま、具合いかがですか?
2010/11/03(Wed) 22:18 | URL | チィ | 【編集
作太郎さん

しっかり文章を
読んで下さい

言葉じりをつかんでいるのはあなたですよ?

私はここの主さんに成り代わったようなコメントは変だと思ったから素直に書きました…(笑)

それだけです

それ以上でも
以下でもなく…。

ひねくれた考え方や
妬んだ考え方は
好きになれませんから(笑)
スリブリさんのブログを
毎日見るのが日課であり
私自身の心の栄養に
させて貰いたいだけです

スリブリさんとまったく同じではありませんが
ここで自分の家族語りしても意味有りませんので
割愛致しますが、とても共感できる部分と文章なんです。

ただスリブリさんと話したいだけで
コメントしている意地悪な方たちと知り合いになりたいわけではないので今後はそのつもりでお願い致します!!
時間の無駄している時間が私にもありませんので
ごめんなさい…。

2010/11/03(Wed) 22:38 | URL | まび | 【編集
いつも拝見させて頂いてます。スリブリさんのお身体が本当に心配です。お身体だけは崩さぬ様、ご自身の納得いく結論をお出し下さい。陰ながら見守っています。
皆さんのコメントも沢山の意見があり、私自身、勉強になり、色々考えさせられます。しかし、ここで、コメントしているスリブリさんを応援している者同士でああだこうだ言って、一体どうしたいんでしょうか?人間ですから、それぞれ色々な考えがあるでしょうが、まびさん、あなたが一番この中を掻き乱していると私は思います。時間に余裕がないのなら、もうおやめ下さい。
2010/11/03(Wed) 23:20 | URL | だんこ | 【編集
どうしても気になってしまったので書かせて頂きます。こちらのコメント欄が荒れればスリブリさんの悩みが増えてしまいますよ?あとまびさん、あなたはなすびさんに「なぜあなたがコメントを返すのか?」と意見しましたが、ではなぜあなたがその指摘をするんですか?スリブリさんが禁止でもしましたか?意地悪な方とみなさんを言ってますが一番意地の悪い事を言っているのがご自分だとお気づき下さい。お願いですからスリブリさんの悩みを増やさないで下さい。
2010/11/03(Wed) 23:56 | URL | さな | 【編集
スリブリ応援隊
寝る前に…と来てみたらスリブリさんへのエールコメントというより…何だか荒れてしまっていますね↓↓

そう…書いた方がご自分でわかっておられるように、ここはスリブリさんへのコメントを書く場所ですよね。まぴさん…コメントを指摘しあう場所ではないですね。

スリブリさん…みんな応援していますよ。スリブリさんの身体、花子さんのこれから…知らない者同士であっても…ね。

おやすみなさい。
2010/11/04(Thu) 00:42 | URL | マリア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可