このブログをはじめてから
いろんな人からコメントをもらいました。
コメントを頂いた方のブログとHPは、いつも覗いてます。
お薦めサイト、リンク先も歩ってる。
介護している人、仕事に携わっている人、研究している人、
もちろん、介護以外の人もたくさん。
遊ばせてもらってるところもあります。

今日、ちょっと考えさせられるHPに会いました。

「ああ、妻がアルツハイマー病に!
 男手による介護とその心の軌跡」
http://home.d00.itscom.net/uchida/index.htm

介護者として、心の階段があったそうです。
憎む、恨むの時期
あきらめるの時期
受け入れるの時期
感謝の時期

うちは、今はまだ初期段階。
僕はどうなるんだろう。

長い間介護を経験され、実体験からの記述には
心に響くと同時に、重くのしかかってしまった。

ここんとこ、頭でっかちになっている。
流れに任せるしかないかな。
僅かばかり前のことでも、
思い出になっている。
喜怒哀楽もまた楽し。

と、自分に言い聞かせてみる。


ブログランキングに参加しています。
ここをワンクリックしてもらえるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif






コメント
僕はどうなるんだろう
その、お気持ち、お察しします。
その、HPに書かれている、介護者の心の段階は、
多分、たくさんの人が経験されるものだと思います。
そういう段階を踏まれる方が、多いと思う。
経験上、言うのよ。

でも、私は、違って。。。
初めから、受け入れていました。
4段階のうちの、初めの2つの言葉が使えるのは、
この8年半の間に、
1度、在宅介護を、あきらめたってコトくらいです。
なんか、出来た人って感じで、(違いますよ)
ブログに、素直に書いても、
共感していただけないのでは、
今、介護されてる方たちから、
総スカンくうのではないかと、。。。心配しています。
自分の話で、ごめんなさい。e-365
2006/02/02(Thu) 07:11 | URL | かめこ | 【編集
私も昨日そのHPを拝見しました。
それから私もネットサーフィン(笑)してました。
色々なHPやブログを見たりして介護について考えてしまったのですが、(スリブリさんのお名前を借りてHPに書きました。勝手にすみません)人間と人間との間で成り立つもので、怒りや不安があるのは当たり前のことなのだと思いました。
人間として感じ方はそれぞれ違うのですし、素直に受け入れられる人もいれば逆もいる。
どちらも人間としてあたりまえで、たくさんの人間模様があるのだなと感じています。
何を書き込みたいのかうまく伝えられなく、長々すみません。
2006/02/02(Thu) 09:35 | URL | ゆあ | 【編集
行ってみました
ご紹介のHP行ってみました。
古い記事で終わっているのがちょっと気になりましたが・・・

スリブリさんがんばってくださいね。
いつもそれしかいえなくて・・ごめんなさい。
2006/02/02(Thu) 11:28 | URL | くぅ | 【編集
やっと見られました。
今、そのHPにたどり着けました。
見もしないで、コメントして、ごめんない。
自己中、反省しております。。。e-365
2006/02/02(Thu) 13:40 | URL | かめこ | 【編集
かめこさん、ゆあさん、くぅさん
昨日は久しぶりの飲み会。
返事が遅くなってしまいました m(__)m
2006/02/03(Fri) 09:24 | URL | スリブリ | 【編集
かめこさん
かめこさんのブログは温かさがいっぱいで、
見ていて癒されます。

このHPに、
初期段階のとき、相談する人が誰もいなかった。
相談できるところがあれば・・・
と書かれていました。

僕も同じだった。
全部、義務のように自分一人で背負い込んでいました。
イライラしたことも。
でも、ブログをはじめて、吐き出せることと、
ワンクッション置いて見直せるのが良かった。
2006/02/03(Fri) 09:30 | URL | スリブリ | 【編集
ゆあさん
ゆあさんのホームページに取り上げていただいてありがとうございます。
感謝。
そのときのことを、そのまま書いてるんだけど、
感じ取ってもらえるなんてうれしいことです。
2006/02/03(Fri) 09:36 | URL | スリブリ | 【編集
くぅさん
何をおっしゃる。

くぅさんの「がんばって」は元気付けられます。
ブログの写真から想像できる、やさしさがある。
2006/02/03(Fri) 09:42 | URL | スリブリ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック