昨日は、Dr.の診察日だ。
それに合わせ、面談を、お願いし、
病院へ行ってきた。
 
 
 
早速、Dr.から説明があった。
 
だいぶ、落ち着いてきたようです。
今日から、24時間開放観察にします。
 
今までは、10時から16時までの間、
個室から出ていましたが、
これからは、4人部屋に移して、
様子を診ていきます。
 
そうですか!
ありがとうございます。

 
これまでも、日中は自分のペースで過ごされて、
周りの人に、悪い影響を与えるようなことは
ありませんでした。
 
いつも、病棟内を、徘徊しています。
 
先日、入浴したときは、強い抵抗がありました。
その後、しばらく興奮していました。
 
お風呂に、入れたのですか。
20日間入っていなかったので
入れて、良かったです。
 
入れたと言うか、
無理矢理、入らせたようですね。
 
トイレは、失禁が多くなっていますので
生活ができるかが、ネックになってきます。
 
そうですか。
でも、大部屋に移れて、本当に良かったです。
 
病室に適応できるかを確認したうえで、
ご主人と面会できるか、
診て行きたいと、思っています。
 
わかりました。
私も、その方が良いと思います。
今会って、急に里心がついても、
大変になります。

 
ご主人は、寂しいかもしれないけど、
慣れることが、大事です。
徐々に、慣れてきているみたいです。
 
昼間は、穏やかに過ごしていますか。
 
気に入らないことがあると、
暴言を吐いたりしていますが、
自己完結で、治まっています。
 
1週間は、様子を診たいです。
 
わかりました。
洗濯物を、取りに来ますが
病棟には、入らないようにします。
 
 
 
 
良かった。
隔離室から出れて、本当に、
 
良かった。
 
 

 
これまで、昼間の6時間は、
デイルームで過ごしているが、
16時に、部屋に戻る時は、
相変わらず、強い抵抗をしていたようだ。
 
そりゃそうだ。
誰だって、閉鎖された病室には
戻りたくない。
 
昼間の順応性が出てきたので
花子さんは、なおさら自意識が働いたと思う。
 
ようやく、皆さんと一緒に過ごすことができる。
 
夜間、落ち着けるか心配だが、
経験豊富なスタッフに、お任せする。
 
 
 
 
今日、やはり気になって、
病院へ行ってきた。
 
病棟の入り口で、インターホンを押す。
 
ハイ。
 
スリブリです。
 
面会ですか。
 
いえ、
様子だけでも、お伺いしようと思いまして。
 

少々、お待ちください。
 
ケース・ワーカーが出てきてくれた。
 
昨日から、4人部屋に移りましたが
いかがですか。
 

落ち着いていますよ。
 
夜は、ベッドで寝れてますか。
 
良く、寝ていました。
 
昼間は、どうですか。
 
歩き回っていて、廊下に座っていることもあります。
食事は、皆さんと一緒に食べれています。

 
問題行動は、ありませんか。
 
特にないです。
 
会話はできていますか。
 
にこやかに、挨拶しますよ。
 
良かった。
ずっと個室だったので、相部屋になじめるか
心配していました。
 
よろしくお願いします。
 

 
 
 
特に、大きな問題はないようだ。
馴染めているらしい。
安心した。
 
Dr. からは、
 
洗濯物の引き取りだけなら、
3、4日ごとで、いいんじゃないですか。

 
と言われた。
 
これまでは、モニターで様子を見る事が出来た。
今行っても、姿を見ることも、出来ない。
 
でも、会えなくても、
看護師さんから、様子を聞けるだけでも、
安心する。
 
良い方向に向いているのが、嬉しい。
 
様子を聞けただけでも、会えた気がする。
花子さんの、頑張りを感じる。
 
しょっちゅう、行きそうだ。 
 
 
 
 
 
 
そうそう、
明日は、高校時代の友人と、
夜、会う約束がある。
飲んでくるかな。
 
 
   
     
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif          
  
コメント
o(^-^)o
最近は毎日ブログをチェックして、更新がないと、他人事ながら何かあったかと勝手に心配してました。花子さん入院生活にも徐々に慣れてきた様子で、ホッとしました。今は充電期間ですね、また夕飯の画像も見せてください。我が家の参考にしてますから(笑)
2010/12/10(Fri) 07:35 | URL | のら | 【編集
こんにちは。
花子さん、お元気そうで良かったです。


突然ですが
言い方も悪いと思うのですが…
言わせて下さい。


花子さんはスリブリさんに依存していましたよね。

何だか私から見れば
スリブリさんが花子さんに依存しているのではないですか?

"心配"と"依存"は紙一重。
だけど全然違います。


このままじゃ、花子さんが退院しても何も変わらないと思うのですが。。


失礼なこと承知で書かせていただきました。
すいません。

失礼しました。

2010/12/10(Fri) 10:52 | URL | ゆず | 【編集
ゆず #さんのコメントに続き
(スリブリさん、傷つけてしまったらごめんなさい)

依存されること(人)に依存するのはCo-dependancy コディペンダンシー共依存症といって、手が掛かる人の面倒を長く見ている人に見られる心のありようで、その環境から逃げなかった「良い人」に見られます。私もそうだったので良く分かります。でも本人が気がつかないと脱しきれません。この言葉をキーワードに探すと色々本が出てきます。何か一読されるといいかもしれません。私はその後の人生が変わったと思います。少なくとも、あ、またやってしまいそう、と感じて行動を見直すことができます。
2010/12/10(Fri) 16:19 | URL | サン | 【編集
スリブリさん こんばんは
友人さまとは 楽しく会えましたでしょうか(^ω^?

花子さま、入院されて
日々よい方向に向かっているように思います
毎朝・毎日の不穏状態から 抜け出せたと思います

スリブリさんを傷つける、
迷惑をかけている(と思っておられたのではないかと)
自分ではどうにもできない、
そうゆうことから抜け出せて よかったと思います
花子さま、辛かったと思います

「入院」というかたちで しばらく手を離して
落ち着かれるための投薬があって
それによっての失行・失認などがおこるかもしれませんが
「問題行動」という病を やっつけた、と
花子さまが帰ってきたときに スリブリさんが思ってほしいです(^ω^

病院に しょっちゅう行って
花子さまの様子を聞いて 
スリブリさんも 穏やかに過ごせますように(^ω^
2010/12/13(Mon) 01:59 | URL | チィ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可