退院後は、花子さんを家に戻し、
在宅介護を、希望している。
    
僕が、できる限り見てあげて、
家で、過ごさせたい。
 
美味しいものを、食べさせ、
二人で、ランの散歩に、出かける。
たまには、遠出をして、
季節の、移り変わりも感じさせる。
 
すぐに忘れてしまうかもしれないが、
その場、その時、
  
一瞬でも良いので、
楽しい思いを、残したい。
 
出来事は忘れても、
楽しかった感情は残る。
 
 
まだ、58歳
 
 
認知症になったが、
すべてが、出来なくなったわけではない。
 
豊かな感情と、元気な体力は、
そのままだ。
 
少しでも楽しい人生を、送らせてあげたい。
 

 
 
 
 
 
でも、
これからの、病気の進行、
両親の介護、
仕事の関係、
僕自身の、体調。
 
 
そして、本人にとって
一番良いと思う、
 
 
 
環境。
 
 
 
 
 
施設入所も、考えの中に、
入れている。
 
 
 
 
 
ケアマネージャーに、
特別養護老人ホーム(特養)の相談をした。
 
今、要介護4ですので、
なかなか、順番が回ってきません。
 
症状が重くなって、
今回の入院に、なりましたから、
介護認定の、区分変更を申請したらどうでしょう。
 
要介護5になって、
今の、ご両親の介護、仕事のことなどの、
家庭の事情を説明すると、
入りやすくなります。
 
区分変更の、お願いをした。
 
 
 
 
先週、認定調査の事業所から電話があり、
病院へ伺うとの連絡があった。
この方は、よく知っている人だ。 

 

 
認定調査後、メールを頂いた。
認定調査には、触れず、
面会した時の、状況報告だ。
 
病院へ、行ってまいりました。
 
午後のひととき、
クリスマス会の、最中でした。
 
トナカイに扮した看護師さんを囲んで、
10名程度の患者さんたちが、
楽しそうな雰囲気のなか、
ゲームをされていました。
   
花子さんも その輪の中にいらっしゃり、
赤と白の、サンタさんのような上着を羽織って、
笑顔で手をたたいたり、手を振ったり、と 
クリスマス会を、楽しんでいらっしゃりました。
  
看護師さんも、 
花子さんのご様子、
病棟に慣れ 集団の輪に入れるようになったこと、
感心されてました。
 
お薬の効果と、きちんと栄養状態も保たれ、
看護師等の対応で、ここは安心できる場という認識が
強まった効果でしょうか。
  
私が、ご挨拶程度にお声かけをしたところ、
終始笑顔で、受け答えをしてくださり、
 
「また来てね」
 
とおっしゃっていました。
 
 
 
すごく、うれしいメールだ。
花子さんが、安心して楽しんでいる様子が、
目に浮かぶ。
 
返事を送った。
 
 
ご報告ありがとうございます。
 
病院へ行くのは、いつも夕方ですので、
昼間の状態が、わかりませんでしたが、
メールを見て、安心しました。
  
病院内は、安心して過ごせる場所と、
理解できているようです。
昨日も行ってきましたが、
にこやかさは変わりませんでした。
 
帰宅願望もありません。
私のことを、亭主だと、はっきりわかっていますが、
呼び方を、忘れてしまったようです。
 
看護師さんから
 
「こちらのかたどなた?」
 
と聞かれても、
笑ってごまかしていました。
 
在宅できるか、そのまま施設かはわかりません。
在宅で、病院と同じ体制で介護は出来ませんので、
混乱はすると思います。
 
ただ、これまで嫌がっていたデイサービスには、
行けそうな気もします。
 
入院3ヵ月後の2月中旬まで、様子を見ながら、
考えて行きます。
 
 
 
 
区分変更の審査は、
年が明けてからだろう。 
 
ただ、区分変更の申請をしたのは、
入院した頃の、一番状態が悪いとき。
 
徘徊、介護拒否、不穏状態が、激しい時だった。
 
今、病院に慣れ、
介護の抵抗がなく、
穏やかに過ごすことが、出来ている。
 
この状況だと、区分変更の、
要介護5は、難しい気もする。
 
  
 

 
 
 
これからのこと、 
どうすることが、花子さんにとって、
一番良いのか。
 
 
 
 

 
考えていく。
 
 

    
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif           
  
コメント
スリブリさん、こんばんは。
スリブリさんのブログを読むと、いつも父と母を重ねてしまいます。
父は母を大切に想い、愛情というより 情 を感じます。長年連れ添った二人にしか分からないものなんだと思います。
ものすごく難しいです。

昨日、白菜と豚バラの鍋を真似して作ってみました! 家族にも大好評でした。

スリブリさん、花子さん、周りの方々にとって来年は もっともっと素敵で幸せな年になりますように。


2010/12/29(Wed) 00:05 | URL | ゆき | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(Wed) 00:57 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/29(Wed) 02:36 |  |  | 【編集
頑張っていますねー。

私も頑張っています。母へのクリスマスのプレゼントに、ピンクのセーターをあげました。

母は70歳ですが、いつも可愛らしいピンクや水色、薄い黄色の服を着てデイサービスに行きます。デイサービスのスタッフからも、「今日もかわいい洋服着てるね」と毎回言われるようで、デイサービスから帰ってくるときはいつもホクホク顔です。

母は認知症になる前気難しく、友達もいませんでしたが、認知症になって朗らかになり、みんなから好かれるようになりました。

母は認知症になって失ったものもありますが、手に入れたものもたくさんあります。

母の今の状況を受け入れて、母と仲良く過ごしていきたいと思います。
2010/12/30(Thu) 12:57 | URL | kaoru | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可