FC2ブログ
5日に、Dr. の、 検診があった。
立ち会えなかったが、
看護師さんに、お願いしていることがあった。
  
 

病棟から、外に出られて、
ランと、会わせることが、できないか。
 
 
 
 
翌、6日。
病院へ、行った。
 
病棟のドアを開けてもらったら、
僕が、尋ねるより先に、
 
昨日、Dr.から、
外で、ランちゃんと会う許可が出ましたよ。
 
そうですか!
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
僕が見舞いに行くのは、
いつも、仕事が終わってからの、夕方。
 
仕事が休みの日、
天気が良くて、昼間の、
暖かい時に、連れて行こう。
 
花子さんは、絶対に、喜ぶはず。
ランを、忘れていることは、
ありえない。
 
嬉しくて、離れたくなくなる心配もあるが、
その時は、スタッフにお願いして、
何とかなるだろう。
 
 
 
 
8日(土) ランを連れて行った。
病棟へ行き、花子さんと、面会。
 
今日は、ランを連れてきたよ。
先生が、外に出てランと会ってもいいって。
 
ほんと。
 
看護師さんに、病棟のドアを開けてもらう。
 
花子さん、行ってらっしゃい。
 
ありがとうございま~す。
 

 
病棟を出て、病院内を、歩ったら、
花子さん、びっくりしていた。
 
いつも、歩きまわっている、病棟内だけしか知らないので、
広さと、人に、驚いていた。
 
ここ、どこなの。
すごいね~
 
病棟が4箇所ある、大きい病院なので、
きょろきょろしながら、周りを見ていた。
 

 
外に出て、日差しが良い、
ベンチまで連れて行き、
座らせる。
 
外で見る花子さんは、
顔色が、青白かった。
 
夏場、ベランダで過ごしていた時の、
日焼けは、すっかり取れ、
太陽に当っていないので、白くなっていた。
 
 
 
 
駐車場に行って、
ランを連れてくるから、
ここで、待っていて。

 
うん。
 
車へ行き、ランを降ろす。
花子さんが待っている、
ベンチに、向かう。
 
ランは、力強く引っ張り、
花子さんの元へ、一直線だ。
 
近づいてきたランに、
花子さんが、気がついた。
 
驚いている。
 
ランは、迷うことなく、
花子さんの足元に行き、
オスワリをした。
 
どうしたの、
びっくりしちゃった。
 
ランを、連れてくると言ったのは、
もう忘れていて、
すごく驚く。
 
先生から、お許しが出て、
ランと、会えるようになったんだよ。
 
うれしいな~
ラン、かわいいね~
 
ニコニコしながら、
頭を撫でた。
 
 
 
花子さんに、ランのリードを持たせ、
庭を散歩する。
 
ランの強い引きに、
花子さんは、体を斜めにしながら、
歩ってる。
 
外の空気が、気持ちよい。
 
太陽の光が、まぶしい。
 
高台から見る、景色は、
すごく綺麗だ。
 
出来るだけ顔を、陽の光に当てさせる。
 
楽しそうだ。
 
きもちいいね~
 
連続した話は出来なくなった。
言葉を繋ぐことは、難しい。

でも、一言で、自分の気持ちを表すのは、
まだまだ、大丈夫。
 
それが出来るだけで、
十分、満足だ。
 
 
 
 
病棟に、戻る。
 
何人もの、看護師さんと、すれ違った。
その度に、
 
花子さん、
ランちゃんに会ってきたの。
良かったね。
 
うわさのランちゃんに、
私も、会いたかったな。

 
うちにも、犬がいるんだよ。
今度、写真を持ってくるね。
ランちゃんと、どっちがかわいいかな。

 
その度に、花子さんはニコニコして、
 
ランちゃん、かわいいんだよ。
 
と言う。
 
 
 
椅子に座り、しばらく話す。
それとなく席を立ち、
病棟の出口まで行った。
  
看護師さんに、ドアを開けてもらう。
 
ありがとうございました。
久し振りにランと会って、
とても、喜んでいました。

 
私たちも、ランちゃんと会って、
どのような反応をするか
楽しみにしていました。
 
喜んでくれて、良かったです。
 
 
 
 
昨日、10日も、ランを連れて行った。
 
散歩をした後、
陽が当っているベンチに座った。
 
体が、ポカポカしてきて、
のんびりと、
ひなたぼっこを
楽しんだ。

 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif           
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/11(Tue) 22:31 |  |  | 【編集
よかったです。。
なんだか、読みながら涙が出ちゃいました(;_;)
2011/01/11(Tue) 22:59 | URL | のののん | 【編集
よかった~
本当に驚くほど穏やかですね!
ランちゃんに会えて良かったですね。
また、ランちゃんも穏やかな花子さんに会えて嬉しかったと思います!
また家族が顔を揃えられた事、とっても大きな事ですね。
2011/01/11(Tue) 23:14 | URL | シマ(´V`) | 【編集
マタ、ナイチャッタ。
ランちゃんもお母さんを忘れてなかったんですね。
優しい時間がこのままずっと続きますように。。。


2011/01/12(Wed) 09:02 | URL | さささ | 【編集
何だか映画を見ているような穏やかな光景ですね。
私も何だかウルウルしてしまいました。
ランちゃんもママに会えてうれしかったでしょう。
これからも優しい、穏やかな日々でありますように。
2011/01/12(Wed) 19:26 | URL | リリー | 【編集
外出
外出できるようになったのですね~!良かったですね!ランちゃんとお散歩できて本当良かったです!環境が極端に変わりすぎるのも花子さんが混乱して疲れてしまうと思うので、今がちょうど良いバランスですね。ぜひランちゃんをずっと忘れずにいられるよう定期的にお散歩に行ってあげてくださいね♪♪♪春が待ち遠しくなるご報告有り難うございました♪♪♪
2011/01/13(Thu) 06:32 | URL | あきなす | 【編集
早いものですね・・もう入院されて二ヶ月近く。。

周りが余裕を持って接することができると、本人は敏感に感じとり安心します。
花子さんにとってこの環境で、時々スリブリさんとも会える。。今はとても良い時間だと思います。
専門病院や手のある施設と違い、家族・・しかも、退院後はスリブリさんお一人がまた三人を見る(あえて看る)生活が始まります。
ご自身も潜在的に抱えてる心の病・・本当は一人の親爺として、少し心配です。
今この時間にしかできないこと、旅行など。。これからの力になる自分時間も少しとってください。
2011/01/13(Thu) 12:11 | URL | moku | 【編集
すごく、すごく、幸せな光景な気がしました。

だけど、ちょっと切なくもありました。

なんでだろう・・・・

でも、この穏やかさと暖かさがずっと続く事を祈っています。

2011/01/14(Fri) 17:14 | URL | ゆづな | 【編集
穏やかなひととき、ゆったりとした幸せな時間。。。
本当によかったです。
この穏やかな花子さんの姿が退院後も続けて見られるよう
どんなサポートの形があるのか、
いっぱい考えて、いっぱい準備して
よい環境を整えていけるとよいですね。
2011/01/15(Sat) 22:14 | URL | snow | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可