花子さんは、今、「安心パンツ」をはいている。
 
   「安心パンツ」とは、横にリンクしている
   「わすれてしまわないうちに」の管理人
   nobiさんが付けました。
 
   ご主人が、リハビリパンツ(紙おむつ)を
   穿くようになり、自分の気持ちに、
   ちょっとだけ、落とし前をつけるために、
   「安心パンツ」と、呼ぶことにしました。
 
   僕も、これを頂きます。
 
 
入院当初の、隔離室にいる時は、
普通のパンツだった。
 
でも、トイレが認識できず、
部屋の中で、あたり構わずに
用を足してしていた。
時々失敗はあったが、ズボン、パンツを
下げることは出来た。
 

 
4人部屋に移ってから、
トイレは、部屋の外にある。
  
ますます、場所が分からなくなり、
ズボンを穿いたまま、
漏らしてしまうようになった。
 
夜中も、看護師さんを呼ぶことができず、
そのまま、済ませてしまう。
  
その時から、安心パンツになった。

  
  
安心パンツを、穿いていても、
漏れてしまうので、
ズボンは、汚物で汚れている。
 
洗濯物は、持ち帰り、
僕が、家で洗う。
 
看護師さんから、渡される時、
下洗いは、してあるが、
汚れは、落ち切っていないので、
悪臭がする。
 
初めのころは、
見舞いに行くたびに、
ズボンを、2、3本、受け取った。
 
でも、最近は、水曜、土曜に、1本。
 
毎週、火曜日、金曜日は、お風呂。
今は、いやがらずに、お風呂に入る。
 
お風呂に入った翌日に、
着替えた服を、持ち帰るだけになった。
 
 
 
 
これは、看護師さんの、
声掛けがある。
 
ナースステーションの壁に、
大きな、張り紙がある。
 

「花子さんへ、トイレの声掛け
   10時
   13時
   16時
   19時           」
 
と、書いてある。
それ以外にも、
朝起きた時、寝る前にも、
声を掛けて、くれているんだろう。
 
そのお蔭で、失敗が少なくなっている。
 
 
 
僕が見舞いに行った時、
いつも、 
 
トイレ行く?
 
と、声を掛ける。
これは、家にいた時、
外出した時の、いつもの習慣だ。
 
そうすると、
 
いいよ~
大丈夫だよ。
 
と、照れながら、返事をする。
僕が、トイレに連れて行ったのは、
忘れてる。
 
ちょっと、臭う時、
後ろから、
ズボンと、安心パンツを引っ張って、
中を、覗く。
 
なにしてんの? 
みんな、そんなことするんだよ。
 
ズボンが下がってるから、直してあげたんだよ。
 
 
 
看護師さんの、介護のおかげで、
安心して、トイレに行けるようになった。
 
 
 
ただ、在宅になった場合、
決まった時間に、誘導できるかな?
 
花子さんは、おそらく、
安心パンツを穿いている認識は、
 
ない。
 
紙パンツを、自分で上げ下げするのは、
違和感から、手にかけることが、
出来ないと思う。
 
すべて、看護師さんに、お任せしているんだろう。
 
 
手厚い介護は、本当にありがたい。
そのお蔭で、花子さんは、
穏やかになっている。
 
 
家に戻った時、出来るかな。
 
まあ、その時になれば、何とかなるだろう。

 
 
でも、最近、楽してるからな~
 
   
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif             
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/17(Mon) 02:07 |  |  | 【編集
障害があるとトイレも風呂も大変ですよね(^-^;)

http://freakchan.com
2011/01/17(Mon) 20:42 | URL | フリーク | 【編集
こんばんわ☆
初めまして。ごくたまにブログを読ませて頂いてます。

私個人的には、専門職として言わせて頂きますが・・・デイも出来、宿泊サービスもオーケー。なお且つ訪問介護にも対応出来る小規模多機能型居宅介護施設をお勧めします。

専門的な教育を受けた職員が自立に向けた介護を提供しますので、
可能性としてですが、在宅復帰も可能になると思います。


2011/02/08(Tue) 02:07 | URL | 児島 正明 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可