FC2ブログ
先週、若年認知症夫婦の家族会があった。
 
計画停電が実施され、電車も運休・遅延がある中、
皆さん出席されるだろうかと、心配したが、
9組ものご夫婦が参加した。
 
それだけ、この家族会が、
皆の、安らぎの場として、
楽しみにしているというのを、
強く感じた。
 
介護者と、ご本人が、
一緒になって楽しめる、貴重な場だ。
 
僕だって、仕事を休み、
花子さんの、外出許可をもらってまで、
参加するくらいだからね。
 
 
 
今回は、区の生活支援施設を借りて、
午前中は、皆で、豚汁と、稲荷ずし作り。
午後は、フラワーアレンジメントだ。
 
花子さんも、稲荷ずしを作った。
あらかじめ、用意して頂いた、
油揚げに、ご飯を詰める。
サポーターは、介護家族。
 
花子さん、昔は得意だったが、
今は、手順が分からない。
 
丸めてもらったご飯を渡され、
中に詰めていた。
 
ニコニコ笑って、楽しそうだった。
 
豚汁も、皆で作る。
僕は、手を出したかったが、
おとなしく、我慢。
 
花子さんの、見守りにする。
 
みんなで、テーブルを囲んで、ランチ。
お握り、差し入れの、お赤飯も出てきた。
 
格別、美味しい。
花子さんも、喜んで食べていた。
 
 
 
午後からは、フラワーアレンジメント。
家族のお一人が、
花、スポンジ、器を用意してくれた。
先生は、メンバーの、家族。
 
たくさんの花を前にして、
一家族で、器に花を挿して、
一束を作る。
 
皆初めてなんで、
出来上がった作品は、個性たっぷり。
 
 

 
この会の良いところは、
みんなで、協力し合って、
全員が、楽しもうという気持ちで、
参加してくれていること。
 
豚汁の材料買い出し。
スーパーの物不足の中、
揃えてくれた。
 
お稲荷さんの仕込みと、お赤飯は、
メンバーの方が、
用意してくれた。
 
フラワーアレンジメントの準備だって、
器を探すのも、100円ショップを、歩く。
花は、前もって、安いところを探して、
わざわざ、出かけてくれる。
 
 
これまでも、
ピアノとフルートの、演奏会。
次の、催しを、楽しく過ごせるための、下見。
手造りおやつの、持ち込み。
みんなが、楽しめるゲームの企画。
ガラス細工教室の先生。
音楽教室の先生。
お好み焼き教室の先生。
次の集まりのための、情報収集。
自分の連れ合いの介護だけではなく、
他の人への、目配り、気配り。
 
僕なんか、用意してくれた方に、感謝しながら、
乗っかって、楽しんでいるだけ。
 
本当に、ありがたい。
 
 
 
花子さんと合作の、フラワーアレンジメント。
スリブリ家の、作品。
 
フラワーアレンジメント2 
 
花と一緒の、花子さん。
  
フラワーアレンジメント    
 

 
 

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                
  
コメント
日々の介護お疲れ様です。
私の職場(地域包括センター)でも、若年性認知症を支援する家族の会の開催を検討しています。
私も、福祉・介護ランキング(より良い福祉の方向性)に参加しています。
陰ながら、応援しています。
2011/03/27(Sun) 19:35 | URL | Yoshi社会福祉士 | 【編集
こんにちは
福岡に住む24歳です。
突然すみません。けっこう前からBlog見させてもらってます。すっごく励みになってます。
私の母も若年性アルツハイマーです。診断されてからもう8年?になります。症状が出始めたのは私が中学生の時、もう約10年前でした。その頃は父が単身赴任で家にいなかったり、ちゃんと病院に連れて行くことも出来ず、2年間ただただおかしな母を見つめているだけでした。
母の病気を心から受け入れられる様になるまでものすごく苦しかった。自分自身をコントロールできない一方で、ガタガタと音を立てる様に崩れて行く母。私の家族は家族関係もうまくいってなかったから、家族で協力という形にもなかなかならず、溝は広がるばかりでした。
いろんな環境の変化を経て、今、母はわたしが診ています。こんなに時間が経った今でも、母に対してうまくいかなかったり、なかなか自分をコントロールできなかったり…。今自分が落ちてる時期です。
こういう時にこのBlogを見ていつも勉強させてもらってます。励みにさせてもらってます。ありがとうございます!
何かとりとめもない変なコメントですみません。きっと、自分の心の不安を吐いてるだけなのかもしれないけど…でも感謝の気持ちも伝えたくて…ほんとすみません。
…介護いつもお疲れ様です。
2011/03/29(Tue) 00:12 | URL | みやこ | 【編集
スリブリさん、はじめまして
私の叔父の奥さんが、若年性アルツハイマーです。夫婦2人きりの生活で、無理していないか心配しています。うちも現在、要介護の母が居て、私自身も難病を患っているので、なかなか見に行く事ができませんが、電話はよくします。スリブリさんは、家にこもらず、情報交換や気分開放の場を持っていらっしゃるのがすばらしいですね。叔父も、こんな風に前向きにがんばっていてくれれば良いなあと、希望的に思います。
2011/03/29(Tue) 17:03 | URL | おはな | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/30(Wed) 14:59 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/31(Thu) 16:00 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/31(Thu) 16:03 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可