僕が、花子さんの病院へ行くのは、
いつも、5時半。
 
仕事の流れで、その時間になる。
 
6時から、晩御飯になるので、
タイミングも良い。
 

 
面会室に入れてもらい、
花子さんと、二人になって夕食。
 
僕がいると、完食。
看護師さんも、
 
ご主人がいると、
笑顔が違うね。

 
と言って、からかう。
 
最近、昼ご飯の時、
機嫌が悪くて、
なにも、食べないときがあるらしい。
 
椅子を蹴飛ばしている。
 
看護師さんは、
 
メマリーで、活動性が出てきたのかも。
 
と言うが、機嫌の良い時と、
悪い時の波があるので、
少し気になる。
 
僕と一緒の時、
二、三口食べて、
 
あ~
おなかいっぱい。
 
と言って、食べるのをやめてしまうことも。
 
そこからが、僕の役目。
なんだかんだ、言いながら、
楽しんで、完食。
  
 
 
それから、歯磨きをする。
一人では磨けないので、
大きな口を開けさせ、
僕が、磨いてあげる。
 
 
次は、トイレ。
寝る前なので、
体を、軽くしてあげないと。
 
 
  
でも、最近、トイレが大変。
 
ガードが、固い。
 
花子さんではない。
身に着けているもの。
 
今までは、安心パンツの中に、
尿取りパットが入っていた。
 
いまは、その上に、
頑丈な、
ポリエチレン製の
ゴワゴワした、
 
おむつカバー 安心パンツカバーを、
着けている。
 
ここんとこ、
トイレの失敗が、多い。
 
ウンチも、ゆるい。
ズボンまで、染み出てしまう。
 
この前、家族会で外出の時も、
出る前に、用を足したが、
車に乗ってすぐ、
そして、家族会の集まりの最中、2回。
 
ゆるいウンチが、染みていた。
毎回、ズボンまで、取り換える。
 
それからしばらくして、
安心パンツカバーを
着けるようになった。
 
ズボンの汚れを防げる。
 
でもな~
 
パンツの中は、気持ち悪い状態だろう。
便秘はつらいが、下痢も苦しい。
 
病院でも、まめに見てくれているようだが。
 
 
日曜日の、スリブリデイサービスは、
続いている。
 
毎回、お風呂に入れるが、
お尻の周りが、
かぶれている。
  
清潔にしてあげて、
今度、薬を探してみるかな。
 
メマリーの副作用、
または、下剤の調整だろう。
 
 
 
さて、この日の日記の一番下に、

【”近況 2”の続きを読む】
 
があります。
しつこく、若年性認知症の
患者数の話。
興味がある方は、どうぞ。
 
 
 
その前に、晩御飯
 
花子さんは、
ナスと豚肉の、味噌煮定食。
デザートは、メロン。
 
 
なすと豚肉の味噌煮定食 
 
僕は、
ゴーヤチャンプルと、
サワラの塩焼き。
 
ゴーヤチャンプルとさわら 
 
今年は、ゴーヤ料理が多い。
なぜか。
緑のカーテンを付けたら、
ゴーヤが、食べきれないほど、
なっているのです。
 
ゴーヤ 緑のカーテン
 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
    続きは、こちら
      ↓               
  
前回の日記で、
若年性認知症の患者数は、
37,750人と、書きました。
 
でも、実感として、そんなもんじゃない気がする。
 
若年認知症家族会・彩星の会の顧問、
宮永和夫Dr.は、
書籍「認知症 家族を救う対策集」
の中で、
「全国で10万人もいると言われる
 若年認知症」
と言うタイトルで、巻頭を書いている。
 
もう一度、調べてみた。
そしたら、
 

厚生労働省が、運営している、
みんなのメンタルヘルスで、
 
「若年性認知症の患者数は、
 全国で3万人とも10万人とも
 いわれています。」
 
と書いてあった。
 
なんだよ。
10万人でも、良いのか。
わざわざ、自分たちが発表した 
3万人と、並べて書くなんて。
 
 
でも、お国が、10万人と言うなら、
診断されていない人、誤診断の人を入れると、
20万人は、いそうだ。
 ( もう、訂正しません )
 
なぜ、人数にこだわるのか。
 
日本全国で、30,000人と言うと、
突発的な病気と、誤解されやすい。
 
でも、100,000人以上なら、
誰もが、患う可能性があり、
特殊な病気ではないと感じる。
 
家族の会で、厚生労働省に、
若年期認知症に関する要望書」を
出しています。
上のタイトルをクリックすると、全文が出てきます。
 
どれも、切実な要望です。
 
若年性認知症には、
早期発見、早期治療が、
とても重要です。
( このことは、また今度 )
 
 
若年性認知症に誤解がなく、
理解をしてほしいと思う。
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                     
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/17(Wed) 00:26 |  |  | 【編集
いつもお疲れ様です。
何度かコメントさせていただいてます、ゆずと申します。

花子さん、便がゆるく肛門まわりが赤くなっているならその旨をナース又はドクターにお知らせし、皮膚科に見ていただくのはいかかですか??
皮膚科受診ができなくても、ワセリンやアズノール等塗るようにお願いしてみるのも良いと思うのですが…
下剤の調節も検討していただいた方が良いと思います。

そういうのって、他人が思っているよりキツいと思うんですよね…


気を悪くされたらすいません(><)
失礼しました。
2011/08/17(Wed) 20:13 | URL | ゆず | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/18(Thu) 00:48 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/18(Thu) 20:29 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/21(Sun) 13:59 |  |  | 【編集
初めまして
おはようございます。初めまして、あしこと申します。
今朝、初めてブログを読ませて頂きました。私の母が若年性アルツハイマーの疑いがあります。今までに2度、母抜きで病院で相談したのですが、先生と私の相性があわず、足止め状態です。
忘れるという症状が出始めた頃、父が発病し半年で他界してしまい、今は一人暮らしの状況で私が時々様子を見に行っています。少しづつ病状が悪化しているように思います。
なんとかしたいという気持ちとまだ大丈夫という気持ち、母は60なので若年に入るか微妙なところですが、なかなか自分で治療の入口を見つけられず、困っています。何から始めたら良いのでしょうか?
ブログを読ませて頂き、涙がとまらず…コメントさせて頂きました…
2011/09/26(Mon) 09:54 | URL | あしこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可