星子さんの家へ、伺った。
 
タロウと、星子さん、お母様が、
玄関まで迎えてくれた。
 
家に入り、
ご両親に、ご挨拶。
 
始めまして。
私は、スリブリと、申します。
こちらは、家内の花子です。

 
花子さん、緊張しながらも、
正座をして、頭を下げた。
 
すごいな~
認知症になっても、
節目は、ちゃんと心得ている。
 
この度は、二人の結婚を
お許しいただき、ありがとうございます。
どうぞ、幾久しく、宜しくお願いいたします。
 
本来ですと、結納と言う形で、
正式に、ご挨拶をするところですが、
省略と言うお言葉に、
甘えさせていただきました。
これは、心ばかりのものですが、
お納めください。
 
お土産を渡した。
 
僕が、ご挨拶をしている途中、
星子さんと、お母様は、
目を赤くしていた。
 
 
この場、この時が、
すごく、嬉しいことだと、
ひしひしと、伝わってきた。
 
 
社会不安障害を患っていて、
人前で話すことが、
できない僕が、
落ち着いて、緊張することもなく、
本当に、ありがたいということを、
伝えることができた。
  
 
 
今、家内は、若年性の認知症を
患っています。
 
そして、 前の日記、
両家顔合わせ 2」で書いた、
僕が、花子さんの病気に対する考え、
これからのこと、等々・・・
 
真意を、話させてもらった。
 
その間、星子さんは、
ハンカチで目頭を抑えながら、
聞いてくれていた。
 
 
お父様から、
 
理解がある旦那さんで、
奥さん、幸せだよ。

 
と、言ってもらえた。 
 
それからは、和やかな空気が流れる。
花子さんは、
落ち着かなくなってしまうことはなかった。
1時間、穏やかに、過ごせた。
 
ずっと、体育館座り
  (ひざを立てて、くの字にし、
   腕で抱える座り方)
をしていたが、その程度は、ご愛嬌だ。 

 
職人肌の、お父様と、
チャーミングな、お母様。
 
お母様は、学年がひとつ上の、同年代。
直接話さなくても、お互い、理解できる。
   
お父様は、趣味で、盆栽を育てている。
頼まれれば、近所の庭木を、刈りに行く。
 
花子さんのお父さんは、植木職人だ。
兄さん達も、植木の手入れは、プロ。
毎年、僕と両親が住む家の
庭木を手入れしに、来てくれていたので、
僕も、多少、手ほどきを受けている。
  

 
松の手入れの仕方で、
盛り上がってしまった。
 
松の形を作るには、枝に竹を当てて、
シロ縄と言ったけかな?
それで結んで、整えるんだ。

 
そしたら、花子さん、
真面目な顔で、
 
「シュロ」です。
 
と、訂正した。
シロではなく、シュロがあっている。
 
エッ!!
よく知ってるな!!
 
当たり前でしょ。
 
 
 
花子さんは、相手の言葉を繰り返して、
会話が成り立つ。
 
それが、自分から、発想して、
正しい言葉を思い出し、
相手に伝える。
 
今までにないこと。
 
びっくりしたな~  
さすが、庭師の娘。
 
「シュロ」と言う言葉は、
40年以上、使ってるはずないのに、
すらっと、出てきた。
 
皆は、普通の会話の中の、ひとコマだけど、
僕は、感激してしまった。
 
 
 
奥さん、俺のところで、植木を手伝えば、
元気になるよ。

 
は~い。
 
 
  
タロウと星子さんは、
お墓参りをしてから、帰るという。
ご先祖に、ご挨拶をするらしい。
 
僕たちは、予定通り3時に、
失礼することにした。
ちょうど、1時間だ。
花子さんが、元気でいられる時間。
 
 
 
本日は、大変ありがとうございました。
今度、ご都合のよいときに、
私どものところへも、お出かけください。
 
皆さんの見送りを受け、車を出した。
 
 
 
良かったな。
いい人達で。
 
よかったね~
いいひとだね。
 
タロウと星子さんが、結婚するんだよ。
あの人達とは、親戚だ。
 
え~ そうなの。
 
そうだよ。
だから、今、ご挨拶をしてきたんだよ。
 
タロウも、ちゃんとしないとね。
 

 
 
 
帰りは、東名高速が、渋滞していた。
花子さん、疲れたのだろう。
少し、不機嫌状態になってきた。
 
だめでしょ。
そんなことをすると。
おかあさんが、おこるでしょ。
 
ほら、そこにいる。
なんで、わからないの。
 
だから、○☓△◇・・・・
 
意味がわからないことを、つぶやく。
幻視もあるようだ。
 
途中、休憩所に寄りながら、
外の空気を吸い、喉を潤す。
 
 
 
 
病院に着いた。
 
花子さん、お帰りなさい。
 
ただいま。
 
今日は、どうだった。
 
は~い。
 
挨拶の時は、笑顔だ。
でも、すぐに、険しい顔になる。
 
ご主人もお疲れでしょう。
あとは、どうぞ。
 
すみません。
お願いします。
 
不穏状態の花子さんを置いて、
病院を後にする。
 
 
 
でも、良かったな~
最高の、一日だった。
 
 
タロウと、星子さんの
幸せを、祈る。
  
 
前の日記は、こちらをクリック
      ↓
両家顔合わせ 3
 
両家顔合わせ 2
 
両家顔合わせ 1
 
 
さて、晩御飯(^.^)
 
花子さんは、鮭のムニエル定食。
   
鮭のムニエル定食
 
僕も、花子さんと同じにした。
鮭のムニエル。
 
鮭のムニエル 
 
魚屋さんからもらった、
発泡スチロール箱で、育てた、
トマトと、キュウリ。
しなびたピーマンが冷蔵庫にあったので、
鶏肉と、炒めた。
鶏ピーは、大好物。
 
 
 
 
ご支援。
ありがとうございます。
 

 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                    
  
コメント
おめでとうございます!
両家の顔合わせが 無事済んで良かったぁ~!
花子さんもお疲れさまでした!
2011/07/14(Thu) 15:39 | URL | キバっち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/15(Fri) 00:33 |  |  | 【編集
おめでとうございます!
2度目のコメントです。
ハッピーな出来事に更新されるのを毎回楽しみにしていました!

私も実は今年の3月に結婚したばかりです。
義母(花子さんより3つ年上です)が花子さんと同じ病気なので
立場的には星子さんと同じです^^
(私は福祉の仕事はしていないし、星子さんの方がきっと若くてやさしい
素敵なお嫁さんだと思いますが 笑)

シュロ縄?花子さんすごいです!!
おもわず自分達の両家顔合わせの日を思い出し、重ねてしまいますが、
私達のときもお義母さんいつもよりずっとしっかりしていましたよ。
母親としての愛情は確かにそこに残っていて、”うれしい”という気持ちと、
そこにいるみんなが幸せで笑顔だから伝染するんでしょうね^^

お義母さんは5年ほど前に認知症と診断され、
現在要介護4ではあるのですが私の印象では
花子さんより進行してしまっているかな、と感じます。
最近はじっとしていられなかったり暴れたりして
会話も成り立たたないですし(でも単語は話せます)、
食事もお箸やスプーンが使えなくて量もあまり食べなくなってしまったのですが、
私の実家に挨拶に来てくれたときは
「(家が)わ~綺麗にされてて^^」と褒めてくれたり
母が「お義母さん、若い頃美人でしたでしょ?」と聞いたときには
「うぅん!そんなことないですよ~(照れ)」と返事をしたり
彼が一番びっくり&ちょっと感動したのはトイレの介助をしていたら
「(自分は大丈夫だから)あっち行ってていいよ。」と
気遣って母親の顔をみせてくれたそうです^^
花子さんと同じでずっとニコニコして落ち着いて座っていられましたし、
いつもは少量しか食べない食事も8割ぐらい食べてくれました!
私は交際10年で結婚したのでお義母さんの元気な頃も知っているのですが、
誰からも好かれる朗らかでやさしい性格でした(花子さんと似てますよね!)
元気だった頃は私を2人でランチに連れて行ってくれたり、プレゼントをくれたり。
今は眉間に皺をよせて部屋の中をせわしなく歩き回っていたりしますが、
私が行くと笑顔を見せてくれたり、ごはんを作って持っていくと
「ありがとう」と言ってくれたりして”あぁお義母さんだな~”と思います。

すみません、祝福のコメントのつもりが自分のことばっかり書いてしまいました(汗)
このたびは本当におめでとうございます。
私も今幸せなので星子さんもきっと素敵な家族が増えて幸せだと思っていると思います♪
末永くお幸せに・・・!
2011/07/15(Fri) 11:27 | URL | lulu | 【編集
読んですごく幸せな気持ちになりました。
私、母が病気になるまで当たり前だと思っていた事が沢山ありました。毎日、普通に話して笑いあえる事、美味しいねってご飯を食べれる事。大切な人と時間を共有して普通に過ごせる事は大きな幸せなんだと思います。
家族が増えてますます幸せな事が増えますように!
2011/07/16(Sat) 17:45 | URL | じゅんきち | 【編集
おめでとうございます
私も自分の結婚当初を懐かしく思い出して、読ませて頂きました。ご結婚の喜びが素晴らしく伝わりました。義母は今58歳で花子様と同じ病気です。嫁になった私は結婚当初から同居で介助を続けるなか、現在は育児にも奮闘しています。いろいろありますが、いつも行き着く先にある義母の笑顔に救われます。その笑顔でいろいろな事を教えてくれます。最近は雲の中をさ迷っているような心中の私でしたが、本件を拝見して、気持ちが明るくなりました。ありがとうございました。
2011/07/21(Thu) 00:58 | URL | mm | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可