花子さんは、「喜怒哀楽」が強くなっている。
感情の起伏が、激しい。
 
進行によって、感情は早い段階で
失われがちだが、
花子さんには、残っている。
 
 
 
悲しみの「哀」は、少なくなった。
でも、僕を迎える時、
涙を流すことがある。
 
今日、デイルームで座っていた花子さんは、
僕を見たら、泣きながら近寄ってきた。
 
最近では、珍しいこと。
いつも、驚いたような、笑顔なのだが。
 
話して、感情をそらしている間に、
さっきまで泣いていたことは、
忘れてくれた。
 
以前は、座っている時、
涙を、流していたことがあったが、
今は、ほとんどない。
 
 
  
その代わり、
「喜」と「楽」が、大きく出ている。
 
「喜」は、訳もなく、大声で笑う。
涙があふれるくらい、笑い続ける。
 
ちょっとしたことがきっかけで、
笑いが止まらない。
 
僕達には見えない、何か、面白いことが、
起こっているようだ。
 
お箸が転がっても、おかしいお年頃になっている。
 
笑い顔はこちらまで、つられてしまう。
嬉しい伝染だ。
 
でも、時々、看護師さんが、肩を持って、
 
花子さん、大丈夫?
 
と言っているらしい。
 
 
 
「楽」は、いつも歌を唄っている。
民謡調のメロディーを、口ずさむ。
 
歌詞は、「あ、い、う、え、お」のどれかだが、
ちゃんと、曲になっている。
 
気持ちよく唄っていると、
感情が入りすぎるのか、
歌声が、怒鳴り声に変わり、
怒りになってしまうことも。
 
いらないのに、「怒」が、始まる。
でも、いつの間にか、
また、「楽」の、歌に戻る。
 
「怒」は、病院内を徘徊中も、あるようだ。
ぶつぶつ文句を言いながら、歩っている。
朝方に、よく起こるらしい。
 
  
 
半年くらい前は、怒りがほとんどで、
声を荒げ、周りの人に、手を出すことがあった。
病棟中に、怒鳴り声が、響き渡っていた。
 
でも、今は、ご機嫌の良い状態が多く、
怒りは、少ない。
激しさは消え、にこやかな方が、多い。 
 
 
僕としては、ご機嫌が良いのを大事にしたいし、
多少うるさくても、構わないと思うが、
病院では、周辺症状から発生する、
問題行動と、見ているようだ。
 
 
 
 
1月5日から、メマリー5mgが再開されていた。
12日からは、10mgに、増えた。
 
メマリーは、5mgから始まり、
1週ごとに5mg増やし、4週目に、
適量の20㎎にして、
継続になる。
 
5日からメマリーが始まったのは、知らなかった。
 
担当Dr.は、毎週水曜日に来て、診察するので、
会うことが出来なかった。
 
11日にDr.に面会し、説明を受けた。
 
先週から、メマリーを再開しました。
 
今、感情が不安定になっています。
メマリーは、感情を安定させる効果も、
報告されています。
気分の安定と、認知症の進行防止を目的に、
処方しました。
 
アリセプトは、どうしますか。
 
アリセプトは、出していません。
アリセプトは、興奮が出るので、
メマリーだけにします。
 
私も、前回は、アリセプトの興奮作用で、
暴言、暴力が出たと思います。
メマリーは、様子を診ながら、
再開をお願いしようと思っていました。
 
前回は、風邪を引いていたこともあり、
体調も、悪かったのでしょう。
 
花子さんは、機嫌の良い時と悪い時のスイッチが、
急に切り替わるので、
そこにも、期待したいです。
 
笑ったり、歌を唄うのは、
体調も良くて、機嫌が良いと思うのですが、
それも、問題行動と言えますか。
 
脱抑制として、とらえられます。
興奮状態になるので、抑えたほうが良いです。
  
 
 
脱抑制(だつよくせい)とは、感情や、衝動を、
抑えることが出来なくなった、状態のことを言う。
 
  
 
昨日、花子さん、息子のタロウと、お嫁さんの星子さん、
4人で、初詣に、行ってきた。
結婚式場に来ていただいた、神主さんの神社だ。
 
参拝後、4人で、レストランへ入った。
 
僕が、スプーンを使って、
一口ずつ食べさせるのは、
いつもと同じ。
 
食事が終わって、おなかが膨れてきたら、
花子さん、
声を出して、歌いだした。
 
周りの人を、指差して、
意味不明のことを言う。
笑顔で、笑いながらだが、
他の人は、何事だろうと、
見ている。
 
病院内なら気にしないが、
一応、外食なんで。
散歩をはさんで、気を紛らわす。
 

 
抑制が、出来ていなかったんだな。
 
 
  
 
結婚式場まで出張して頂いた、
神前式です。
 
神前式 
 
 
前に、書きました。
花子さんが、突然、タロウをハグしたところです。
すべての人が、幸せを感じた瞬間。
 
花子さんとタロウ 
 
ついでに、僕の親友の余興。 
「あわてんぼうのサンタクロース」の、一コマ。 
 
親友の余興 
 
 
 
晩御飯です。
 
鳥のつくね焼定食 
 
鳥のつくね焼き定食 
 
もう一つ。
 
赤魚のかぶら蒸し定食。
 
赤魚のかぶら蒸し定食 
 
つまみ食いしたら、両方とも、美味い。
 
僕は、鰤の塩焼きと、
オムレツ。
お酒は、山形 住吉。
樽で仕込んだお酒。
 
 鰤の塩焼きと、オムレツ
  
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif         
 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/17(Tue) 08:58 |  |  | 【編集
頑張ってください
たまたまこのブログを見て、若年性アルツハイマーという病気があることを知りました。

介護など、いろいろと大変でしょうが、頑張ってください。
応援しています^^
そしてはやく病気が治る薬が出来ることを祈っています。
2012/01/17(Tue) 23:03 | URL | Y・S | 【編集
お薬再開なんですね。
花子さんに、うまくお薬が合うといいですね。

私の父が行ってる病院では、新薬はまだ使ってないようでした。
どちらにしても、昨年から痙攣を起こすのが見られ、多分使えないんですけどね。
それに…すでに、進行云々の話ではない所まで…進んでしまってるし…。
入院も、入所もなく在宅で頑張っていますが、心配はつきませんね。

ですから…新薬は、本当…多くの人に、よい結果である事を願わずにはいられません。

花子さんにも、よい結果が出る事、祈っています。

それから…山形のお酒(^^)私の地元です。なんだか…勝手に嬉しくなりました。
2012/01/18(Wed) 01:23 | URL | は~こ | 【編集
初めてコメントさせていただきます。

今日、64歳の父に「若年性アルツハイマー」の診断がくだりました。

同居している母と私は、これまでも毎日大変でした。
このことを弟に話さなければならないのですが、
彼はこういう病気を理解しようとしない上、
以前母に「あんたが甘やかしたからお父さんがわがままになった。」と言ったこともあり、
今まで散々父に尽くしてきた母は、弟と話をする気分にすらなれないと言っています。

私はたびたび父にひどいことを言われてきましたが、
これも全て病気のせいだ・・・
たとえどんなことがあって腹が立ったとしても、
育ててもらった恩を忘れてはいけない・・・
と泣きながら自分に言い聞かせてかかわってきましたし、
これからもそうしなければならないと思っています。

だけど心に余裕のないときは、
バツいちの私に「いい人がいたら再婚を」などという母や祖母に、
こんな状態で私に新しい人生を???と投げやりな気持ちにもなります。

これから先のことを考えると、憂鬱な気分になってきます。

また、時々拝見させてくださいね。
2012/01/21(Sat) 14:59 | URL | ゆきえ | 【編集
こんばんは
一週間かけて、記事をすべて読ませていただきました。

私の付き合ってる彼のお母様が若年性アルツハイマーです。

私にも何かできることはないかな‥と思い、そこでまずは病気を知りたいと思いました。

理詰めではなく、実際の生活が知りたくて、blogを検索していたところ、スリブリさんのページに出会いました。

これからもちょくちょくお邪魔します。
ちなみに私も茨城県の出身で、ちょっと親近感がわきました。

スリブリさんお体に気をつけて、がんばってください。
2012/01/23(Mon) 00:51 | URL | 名無し | 【編集
うちの主治医からはメマリー単体では使えないと言われましたが使えるんですね。医師によって言うことが違うから難しいです(*_*)

母はアリセプトで興奮が出るので使えず、今重度ですがレミニールを使っています。波はありますがMax量になってからだいぶ穏やかになっていますよ(*^^*)
2012/01/23(Mon) 16:55 | URL | 猫娘 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可