22日の日曜日、
若年認知症家族会「彩星の会」の
例会があり、参加した。
    
総会、茶話会(介護家族の、懇談会)
そして、別の部屋では、
ご本人とサポーターのレクリェーション、
最後の〆は、
家族を前に、ご本人たちのミニミニコンサート。
 
その後は、ご本人たちを交えて、
2次会と言う、飲みニュケーション。   
 
僕は、一人での参加だが、
楽しい時間を過ごすことができた。
 
 
 
例会の時、
一人の方から、ご挨拶を頂いた。
 
前回の例会の時、スリブリさんから、
自立支援医療のお話を聞き、
すぐに申請しました。
 
お蔭様で、認められて、
これまで医療費は3割負担だったのが、
1割になりました。
 
昨年11月の例会で、家族同士の懇談会があった。
その時、医療費の負担が大きいと言う話が出て、
自立支援医療があることを、説明した。
 
所得により適用されないこともあるが、
多くの人は、診察、薬代が、3割負担のところ、
1割になる。
更に、上限も決められ、
超える金額は、負担がなくなる。
 
以前は、認められることが、難しかった。
制度が、なくなりそうなこともあった。
 
でも、今は、精神科、心療内科等に通院して、
継続して薬を飲んでいる人は、ほとんど適用される。
 
実は、僕も今月から、認定された。
社会不安障害の治療をして、
安定剤(パキシル)を飲んでいるから。
  
(申請方法は、役所にお問い合わせ下さい。
 尚、この制度は、通院医療で、
 入院には適用されません)
 
 
 
こういった、公的制度を知らない方が、
本当に、多い。
 
病院、役所でも積極的に教えてくれないし、
広報、本を読んでも、分かりにくく、
自分たちが、対象になるのかも、分からない。
 

 
我が家は、たくさんの公的支援を受けている。
 
要介護5認定
障害基礎年金
自立支援医療 
精神障害者保険福祉手帳
特別障害者手当 (これは、申請だけで、未受給)
国民健康保険限度額適用認定証
精神障害者医療援護金助成
  (それぞれ、取得までを
   このブログで、詳しく書いています。
   カテゴリーの、公的支援からどうぞ)
 
これらはすべて、家族会に参加して得た情報だ。
(社)認知症の人と家族の会の、つどいには、
出来るだけ、参加している。
そこで、家族同士で話している時に、
たくさんのアドバイスをもらう。
 
公的支援だけではなく、
介護についても、たくさん助けていただいている。
 
生きた情報は、同じ苦しみ、悩みを持つ、
介護家族からの得るのが、一番役に立つ。
 
各地に、たくさんの家族会がある。
若年性、レビー小体型認知症、ピック病等、
症状に合わせた、家族会もある。

 
 
 
門戸は、大きく開いてますよ。
勇気を振り絞って、行ってみましょう。
 
 
 
ただ、始めて家族会に行くのは、
勇気がいるんだよな~
 
僕だって、始めて家族会に出る時は、
何度、入口の前を往復し、
公園の桜を眺めたか。
 
でも、行けば、必ず良かったと思える。
介護に、励ましと、勇気をもらえます。
 
 
 
では、晩御飯
 
花子さんは、焼き魚定食
 
焼き魚定食  
 
もう一つ、
鮭のクリーム煮定食
 
鮭のクリームソース定食 
 
僕は、肉野菜炒めと、カラス鰈を焼いてみた。
お酒は、住吉。
花子さんの方が、美味そうだな。
 
カラス鰈
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif         
 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/29(Sun) 00:08 |  |  | 【編集
初めまして
初めまして、先週58才の母がアルツハイマーと診断されました。ネットで検索して見たら、ブログに出会えました。これからも拝見させていただきます。
2012/01/29(Sun) 00:17 | URL | けん | 【編集
遂に
主人が以前から忘れっぽく、不安に思っていました。
その不安が、こちらの日記との出会いでした。
もう、数年になります。

今日、本人に会社から奥さんを連れて来るようにと言われていると告白されました。

とても恐くて、眠れないでいるのに本人はイビキをかいて寝ています。


結婚して17年になりますが、2年目には、お財布が別になり、7年目には夫婦ではなくなって、私は将来に危機をいだいていたのに、夫はそれすら気づかず、大声で怒鳴り、会話になりません。そして、2年前からまともに会話すらしていません。

それでも、離婚せずに踏み止まっているのは、同居している主人の80才をこえる両親が理解して、私をかばってくれるのと、
一人息子には、将来の方向性がみえるまでは不安な環境においてあげたく無いという思いだけです。

スリブリさんの考え方には、頭がさがり、私にはマネ出来ませんが、支えとなっています。

誰かに聞いて貰いたかっただけの愚痴です。少し軽くなりたかっただけです。ごめんなさい。

2012/02/06(Mon) 05:56 | URL | みゆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可