最近の花子さんは、
僕のことが、わからなくなってきている。

病棟に入ると、
看護師さんが、花子さんのところへ行き、

花子さん、ご主人が来たわよ。

と言って、連れてきてくれる。

花子さん、ずっと下を向いたままだ。

以前だと、僕を見つけて、
びっくりした、大声を出し、
ニコニコして、抱きついてきたのだが。


花子さんは、下を向いたままなので、
僕は、膝を折って、
花子さんの視線に目を、
合わせる。

ほら、お父さんだよ。
わかる?


表情が変わらない。

話しかているうちに、ニコッとする。

お父さんだよ。
わかった?

首を振る。

出てくる言葉は、
文字の積み重ねで、
意味不明。

でも、一生懸命、話し続ける。

そうか。
そうなんだ。


相槌を打つと、安心したように、
笑顔になる。


いつも行くのは、夕食の時間だ。
看護師さんが、面会室を用意してくれる。

二人になると、
毎回、おしぼりで顔を拭き、
手を拭く。

髪に、スプレー(寝癖直しと、潤い)をして、
髪をとかす。
リップクリームを塗って、
顔に、乳液。

そのころになると、笑顔が出て、
気持ちが和らぐ。

お父さんだよ。
わかる?


何度も、繰り返す。

花子さんは、僕が誰だか、
何を言ってるか、わからない。
おどけた表情で、ごまかす。

最近得意な、
口をとがらせ、目は上を向く、
ひょっとこ表情。

機嫌が良ければ、まあいいや。



試しに、

花子の、一番好きな人は誰?

と言ってみた。



なんと、

僕を、指差した。



花子さんは、
これまでの、夫婦、親子、友人関係を、
忘れているのだろう。

でも、今、一番安心して、
笑顔を出せる相手を、
誰だか知っている。



看護師さんに、

最近、僕のことを、
忘れてしまったみたいです。

と言った。

そんなことないですよ。
私たちに見せる表情と、
ご主人に見せる笑顔は、
全然違います。



ここまで書いて、
急に思い出した。

家族会のつどいで、
旦那さんを介護している女性が、

今年になって、3回プロポーズをされました。


と、言っていた。



晩御飯です。

花子さんは、 肉団子の、あんかけ定食。

肉団子あんかけ定食 

僕は、ハンバーグ。
ピーマンの肉詰めの翌日は、
必ず、ハンバーグ。
まとめて作った、こねた肉を、
冷凍している。
お酒は同じ、信濃の錦。

ハンバーグ

 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
コメント
素敵です
本当のところは花子さん、忘れていないんだなあって。
好きなことは
慣れ親しんだ人は
何かで覚えているんだ、と思いました
2012/04/21(Sat) 00:31 | URL | よっち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/21(Sat) 21:39 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/21(Sat) 22:08 |  |  | 【編集
大丈夫だよ。
大丈夫だよ、スリブリさん。花子さんは少し引き出しの整理が難しくなっちゃっただけで、ちゃんとしまってある。大切な大切なものは。

寂しいと思う時もいっぱいあるかもしれないけど、花子さんに触れる事は出来る。

確かな存在があるからこその寂しさ…いなくなってからの寂しさ…

どんな時も前向きに生きていかなきゃね(>_<)

スリブリさん、エールを送ります!
2012/04/21(Sat) 22:57 | URL | りいこ | 【編集
こんにちわ
久しぶりのコメントになります。
ついにきたか・・・・と思ってしまいました。
ちょっと的外れなコメントかもしれませんが、
人ってグラフで言うと山のカタチ(伝わりにくいですかね)
で人生を歩むのかなとふと思いました。
花子さんは若年性アルツハイマーになってしまったので
その山の後半の傾斜が早くなってしまったけど、
赤ん坊で生まれて、生きて、また赤ん坊になって死んでいく様な。
すごくわかりにくいコメントですね、ごめんなさい。
今までの思い出が無くなってしまうのは寂しい気もしますが、
世の中には同じ時を重ねることで馴れ合いすぎてマンネリに
うんざりしている人もたくさんいます。
そこをポジティブに考えると毎回フレッシュな気持ちで
褪せることなくスリブリさんと過ごせる花子さんはしあわせですね。
余談ですが、わたしの甥が今1歳半なんですけど
生まれる前からお世話をしていますが
数ヶ月ごとの再会になるので毎回「はじめまして」なんです。
なぜかそのことも思い出しました。

スリブリさん、心身共にお疲れ様です。
お体ご自愛ください。
長くなってすみません。
2012/04/23(Mon) 15:14 | URL | ちび | 【編集
花子さん・・・

きっと、毎回スリブリさんに恋をしているのかも

人って、いつどこで、とか関係無しに
好きになる人って生まれながらに決まっているのかも
だから たとえ名前や顔を忘れても
「好き」になる人は変わらないのね
いつまでも、何回でも、スリブリさんを見て、恋してしまうのだと思うよ

それって素敵よね
花子さんに、スリブリさんの愛情が しっかり伝わっている
ずっと相思相愛の恋人同士になれるのねぇ
2012/04/25(Wed) 21:21 | URL | ウルル | 【編集
二年以上読ませて頂いていますがはじめてコメントをします。

スリブリさんを指差した花子さん。
奥さんに三回プロポーズをしたご主人さん。
涙が出ました。
子供が産まれたばかりですが離婚を考える自分がばからしくなりました。
私もそのような夫婦を目指したいです。
ありがとうございます。
2012/05/01(Tue) 14:20 | URL | あう蔵 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/04(Fri) 04:22 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/09(Wed) 08:23 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可