ここに来られる方は、なにかしら、
介護にたずさわっているか、
認知症に、関心がある方なので、
「キーパーソン」の意味は、ご存じだろう。

でも、僕は、かみさん、両親の
入院騒ぎがあるまで、
「キーパーソン」という言葉を
聞いたことがなかった。



キーパーソンとは、(ウィキーペディアの具体例より)

 ある患者が病気で入院した場合、
 治療として手術等の外科的治療と、
 服薬による内科的治療を選択する際、
 患者本人に、意思決定能力が
 欠如(または弱い)時、
 家族の中で、中心となって、
 選択に関与する人物が
 キーパーソンとなる。

要は、病気になった本人の、治療方針を決める人だ。



僕は、花子さんの、キーパーソンだ。
僕の判断で、花子さんの治療方針が、
決まっている。

決まるまでは、悩み、苦しみ、
専門職、友人、介護家族・・・
たくさんの人に相談して、
意見を聞く。

勿論、このブログでいただくコメントが、
重要な決定を持つ。

決まるまでは、悩むが、
決めたことに対しては、後悔しない。

その時に、一番良かれと思って、
決めたことだからだ。



僕の幼少期から、10代、20代の
キーパーソンは、親父とお袋だ。

今、親父とお袋のキーパーソンが、
僕に代わってきた。

非常に、苦しい決定をする責任が、
僕の肩にのしかかっている。


それぞれを決める時、
一番大事にしたいことがある。


親父は、「尊厳」
お袋は、「人生観」
そして、花子さんは、「僕への信頼」


このことを第一に考えて、
決めてきている。



でもね。
永らくこのブログを見ている方は、
ご存じだろう。


僕は、優柔不断なんです。
一番嫌いな、性格だ。

そして、八方美人。
「八方美人は、八方ふさがりに通じる」
という言葉を知ってから、
ずいぶん昔に、これをやめてきた。

今は、嫌われてもいいから、
自分の好きにしている。   つもり。

だけど、強い人間じゃない。
いつも、うじうじと、悩んでいる。



親父、お袋、花子さんの
これからを決めないといけない。

いくら悩んでも構わない。
自分が、プレッシャーにつぶされてもいい。
最良の選択をしていかなければ。




それが、明日だ。


 
     
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/10(Tue) 00:24 |  |  | 【編集
おはようございます。
「最良の選択」…スリブリさんが決めた事は必ずそうなります。あなたと関わった人達は皆、きっと、十二分に幸せだと思います。
大事な決断。優柔不断にもなります。それだけ、悩んでいるからじゃないですか?
明日が、そしてその後が、スリブリさんやご家族にとって最良の日となりますように。
2012/07/10(Tue) 08:31 | URL | りいこ | 【編集
若者
初めまして、ブログ読ませていただきました。

私も母の介護を三十路入る瞬間からする事になりました。

母の病気はアルツハイマーに多発性脳梗塞や糖尿病、ヘルニア、乳ガンをやらかして今は介護4と言う状態です。

父は事故で他界し私がキーパーソン。
凄く判断力が要りますね。
母の事で後悔はしたくない。
今の笑顔を守ってあげたい。

お互いに思う所は数知れずですが、
頑張らない笑いながら前に進むに限ります。
また、ブログ読ませて頂きますね。
乱文申し訳ありません。

2012/07/10(Tue) 10:03 | URL | あっちゃ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/10(Tue) 15:00 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/10(Tue) 16:01 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/10(Tue) 22:09 |  |  | 【編集
こんにちは。
blog読ませて頂いてます。
うちは旦那さんのおかあさんが若年性アルツハイマーです。ただいま56さい。
スリブリさんの4年くらい前の投稿を読ませて頂いたら花子さんとちょうど同じ進行具合でした。

それにしても文面からだけなんですが、花子さんがおかあさんにそっくりで。心の綺麗なひとです。
そしてスリブリさんはお父さんにそっくりなんです。マメでおかあさん想い。毎週末二人で旅行にいきます。

結婚からなんでもおかあさんに相談していました。育児のこと、家事のこと、実家のこと、友達のこと、仕事のこと、夫婦のこと…本当にだいすきなおかあさんでした。それが、いまなかなか関係が難しいです。私の子供 二人がまだ小さく、なんだかそちらに手一杯で、心に余裕があるときはいいのですが、ないときは上手にきをつかったりできず…もともとの私の性格が悪いのか、きつい気持ちになっておかあさんから嫌われてというループです。。

そんな中で一度おかあさんは[あなたに会いたかった]とハグしてくれました。涙がでました。四年前とかわらないおかあさん。

と同時にあかんなぁ、と自己嫌悪…おかあさんみたいに心が綺麗やったらなぁ…

私は本当に心がせまくスリブリさんのようにおおらかにできないのが悩みです。
まだわかることも多いのですが、わからないこともたくさん。
孫は認識してくれていますが、あれだけかわいがってくれていたのに、今は少しめんどくさそうにします…。
なんだか私のおかあさんに求める気持ちがきえてないようです。

これからもblog読ませてください。本当に勉強になっています。
2012/07/11(Wed) 03:19 | URL | fafa | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/13(Fri) 22:27 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可