11月17日は、前回書いたブログ誕生日のほか、
もう一つある。
 
花子さんが入院をして、
ちょうど、2年目になる。
 
もう、2年過ぎてしまったのか。
 
 

入院前の、
非常に大変で、すべてがぎりぎりだった状況と、
入院当初の混乱を思うと、
今は、本当に落ち着いてきた。
 
多少の変動はあるが、
花子さんは、穏やかに生活できている。

 
 
花子さんは、60歳。
僕と共に歩む長い人生が、
まだまだ、これからも続いていく。
 

 
いつまでも入院というわけにいかない。
これから先、次を考えないといけないだろう。
 
 
 
今の病院に入院できたことで、
花子さんが、落ち着きを取り戻せたのには、
すごく感謝している。
 
何度か書いているが、
入院前、花子さんが荒れてしまったのは、
見当識障害(時間、場所、人がわからないこと)から、
自分の居場所がわからなくなり、
精神的な不安から、現在を逃げ回っていた。

そのため、ベランダでの生活徘徊などから、
生命の危険が起こった。
 
入院したことによって、絶えず職員の方に見守られ、
優しく介護をしてくれる。
 
心を許すことができて、
自分の居場所を見つけることができた。

 
病院に入院をしていることで、利点はたくさんある。
 
Dr.、看護師が常駐しているので、
認知症の進行から来る状況変化に、
対応が早い。
 
風邪を引いたときも、すぐに手当てをしてくれて、
レントゲンで肺の確認をしてくれた。
 
病棟内で、たえず徘徊しているが、
ドアを確認できないので、頭をぶつけることがある。
治療と、安全のために見守りをしてもらえるので、
安心できる。
 
健康管理、安全管理、リハビリは、
医療の視点から、きめ細かく行っていただける。

何よりも、今入院している病院のケアは、
温かく、一人一人に寄り添ってくれている。
他の介護家族にも、自信を持って勧められる。
 
 
 
反面、
病院は治療をする場なので、生活感がない。
部屋には、花、ぬいぐるみ、おやつ、などはなく、
パイプベッドしかない。
衛生面の維持が重要なので、部屋は寂しい。
 
1日中パジャマで過ごし、着替えは週2回のお風呂、
又は汚した時だけなので、生活のリズム、季節感がとぼしい。

特養と比べると、費用が高い。
 
 
 
今、在宅に戻すのは、非常に厳しい。
 
僕が仕事をしている間は、どうしても不在が多くなる。
入院前の混乱は、僕がそばにいなくて、
一人で留守番をすることから、
不安と恐怖が増して、起こってきたことだ。
 
また、僕が診なければいけな介護状況から、
とても難しい。
 
花子さんが、いつもいることは嬉しいことだが、
それは家族の想いであって、
花子さんにとっては、家に帰ることは幸せではない。
 
いつも誰かが傍にいて、
温かい言葉をかけられ、
本人にとって不安のない状況のほうが良い。
 
上に書いた、「反面」以下の二つだって、
家族の思い込みで、
本人は、生活感なんて意識してない。
今の進行状態では、認識できないことだろう。
 
また、場所を移動すると言うのは、
認知症の人にとって、
一番良くない、環境変化が伴う。
 
 

施設の入所はどうだろう。

花子さんが入院をした時、
介護区分変更をして、特養の申し込みもしておいた。
 
2011年3月11日に、待機の順番を確かめたら、
78人待ちだった。
そして、昨日、1年8ヵ月後にどのくらいの順番になったか
電話で確認したら、
なんと
127番。
 
順番が早まるどころか、下がっている。
後からの申し込みでも、状況が悪い人を、
前に入れるらしい。

病院の入院から、施設入所は厳しい状況。
 
これじゃあ、いつまで待っても、回ってくるはずがない。
 
 
 
病院からは、出て行くように言われたわけではない。
まだ、治療段階とのことなので、
しばらくは病院で、安定するよう治療を行う。
すぐに、どうするかを考える時ではない。
 
でも、花子さんにとって、どのようにするのが一番良いのかを、
絶えず考えながら、最善の方法を見つけて行きたい。
 
 

 
前回の日記で、たくさんの方からコメントを頂きました。
いつもながら、返事をできず、申し訳ありません。
皆さんの温かいコメントは、何度も読み返しています。
来年還暦を迎える僕は、
どうも、涙もろくなっている。(前からだが)
心に沁みながら、読ませていただきました。

 
このブログは、若年性認知を発症する前段階、
そして、若年性アルツハイマーと言う診断、
その後の、症状の変化、本人の気持ち、
介護家族の気持ちを、正直にそのまま書いています。
 
これから介護をされる方の、少しでも参考になれば。
最後の最後まで、続けていきます。
( 僕が、もてば )
 
ありがとうございました。
 
 
 
お礼に、花子さんの今日の笑顔。 
 
byouinnnite
  
  
そして、御飯。

花子さんは、メンチカツランチ。
昼は、パンとポタージュスープも出る。

メンチカツランチ 

僕は、豚肉の味噌焼き。
お酒は、秋田の高清水。

豚のみそ焼き 
  
 
       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



コメント
スリブリさん、こんばんは。

ずっと昔から読ませていただいてます。
もう花子さんが入院されて2年が経つのですね。
在宅、施設…、どこが花子さんやスリブリさんにとって一番いい選択なのか。
簡単に答えは出ない問題ですよね。
ただ、花子さんの笑顔…ホントに素敵です。
見ず知らずの私が、元気を貰えちゃうんですから。
こんな笑顔が出来る花子さんなら、どこでだってやっていける気がします。
スリブリさんのこと、花子さんのことをよく考えて答えを出して下さい。
ずっと応援しています。
2012/11/22(Thu) 19:09 | URL | ナオ | 【編集
たくさんの辛い事とたくさんの嬉しい事と…
きっと、辛い事の方が多くても、その中での「嬉しい」はすごくおっきいですね。

過ぎていった過去があるからこそ、「今」を、そして、「これから」を大事に生きていきましょ。
スリブリさん、いつもありがとう。
2012/11/22(Thu) 22:03 | URL | りいこ | 【編集
特養順番待ちについて
夜分遅くに申し訳ありません。
いつも頭が下がる思いで拝見させて頂いております。
私は以前デイでボランティアをして居ただけなのでスリブリさんより知識は乏しいと思いますが、少し宜しいでしょうか。

花子さんの特養申し込みは一年八ヶ月前にされているとの事ですが、以前と今ではご両親の事など様々な状況が違いますよね?
その事をケアマネなどにお話はされましたでしょうか?
スリブリさんはお父様、お母様の介護もありますし、もしかすると花子さんの順番が早まるかもしれません。
このご時世中々難しい事ではありますが、今後を考えるならば特養の方が良いと思います。
身の回りの物は色々と持ち込み可能ですし、稀にペットの面会がOKな所もあります。

スリブリさんや花子さんの状況も知らずに他人が物申すのは烏滸がましいですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

いつも勝手に暖かい気持ちを頂戴しております。スリブリさんの様な優しく大きな人間になりたいと感服しております。
これからも陰ながら応援させて頂きます。
どうかご自愛下さいませ。
2012/11/23(Fri) 02:48 | URL | 長谷川 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/25(Sun) 14:51 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/25(Sun) 15:32 |  |  | 【編集
これからのこと
はじめましてオクマサと申します。

実は私の妻は37歳にしてアルツハイマー型認知症と診断され先週より保護入院となりました。

最初は気づかす確かに感情の起伏が激しいとは思っていました。妄想もでました。徘徊もあり二度警察に保護されました。
子どももいるのでこれから大変なことが沢山あることは覚悟しています。
アルツハイマーってどんな病気って調べていたらこのブログを見つけ拝見させてもらい、症状が似ているのでブログ読んでいてすごく勉強になりました。これからもブログを見て妻と向き合い頑張りたいのでブログの方参考にさせていただきます。
2012/11/28(Wed) 15:16 | URL | オクマサ | 【編集
母がアルツハイマーと診断されて、スリブリさんのブログにお邪魔する様になりました。色々と参考にさせて頂く事も沢山ありました。今日、『認知症の治療とケア』の講演会に参加しました。薬によって治療する事よりもまず認知症の方の生活環境を整える事が大事だと気付かされました。
花子さんベッピンさんですね〜^_^
最近アイホンにして写真が大きく見れる様になって(大阪弁で美人の事をベッピンさんって言います)
2012/12/01(Sat) 15:58 | URL | ペペ | 【編集
入院について
はじめまして、テリーと申します。
私の母が若年性アルツハイマーと診断されて4年たちます。現在59歳です。
三ヶ月前に入院しましたが、病院がしつこく退院をせまってきており困っています。
花子さんの入院は二年になるとブログで拝見しました。
その病院は長期入院が可能そうなので、母の入院について病院に相談できればと考えています。
もしよろしければ病院名を教えて頂けないでしょうか?
お手数をお掛けし申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
2012/12/08(Sat) 23:05 | URL | テリー | 【編集
こんにちは。海を超えて、アメリカからいつも読ませていただいてます。

(一つ前の投稿に関してですが)7歳のお誕生日おめでとうございます!そんなに長く続けていられるなんて、すごいですね。

花子さん、とてもお綺麗ですね!
試験勉強中の頭の中を花子さんの笑顔が明るくしてくださいました。ありがとう、とご本人にお伝え下さいv-290 

日本も寒くなってきたと思いますが、お二方ともどうぞご自愛ください!

2012/12/09(Sun) 19:10 | URL | おきなわ | 【編集
入院か…在宅か…施設か…
難しい選択ですよね。

私は…結局、在宅をとり九年過ぎました。

勿論、在宅と言っても介護が比較的楽チンだからじゃありません。
むしろ…65才の男性は…母と私の二人で介護するには…非常に…言葉では言えない毎日でした。


なんで、入院や入所を選択しなかったのか…今となっては…結局、父の症状が激し過ぎて受入が難しかったのと、母と私が、その父を周りに任せられなかったから…でしょうか。

本当に…よく、一度も入院や泊まりの施設を利用せずに、やってきたのが不思議です。


勿論、在宅を選べば…諦めなければならない事が沢山あります。
よく…在宅にするのは、本人にも幸せじゃないと…言いきる方も沢山います。
それは…一理ある事と私も思います。
でも、100%じゃないとも思うんです。
結局…諦めなければならない…仕事や家庭や自分の生活…が、諦められないから…言い訳に、本人の幸せにこじつけてるようで…。


結局、私は、その疑問から抜けられなく…今まで在宅になっちゃった感じですね。


でも、この疑問の正解回答なんて…やっぱりないのかもしれません。


後悔のないように選んでも…後悔が全くない介護なんて、ないのかもしれません。


在宅で、父は、幸せなのか?過去、解らない!解らない!毎日の時は幸せだったのか?

やっぱり…私は回答出来ません。
きっと…皆さん、介護に正面から向き合っている人は同じじゃないでしょうかね?
2012/12/12(Wed) 01:13 | URL | は~こ | 【編集
あなたは病気が治ればホームヘルパーになれる。
2012/12/13(Thu) 11:39 | URL | ロモラオ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可