花子さんと親父は、
喜怒哀楽。
いろんな感情が交錯しながら、
病院で、見守られて生活している。

毎日2人を診に行くが、
僕が行ったときは、
怒→喜、
または、喜→喜

何とか、少しでも「喜」に近いところまで
持って行くようにして、帰るようにしている。

花子さんは、低空飛行ながら穏やかに過ごし、
親父は、認知症の進行はあるものの
体は回復傾向だ。



今、一番心配なのは、
お袋になってきた。

体調の悪さ、
特に、歩くことができなくなったことから、
悲観することが多い。

昨日も、僕が仕事をしているとき、
14時ぐらいに、お袋が仕事場まで、
這いずって入ってきた。

これからお父さんのところへ、
連れて行ってくれない?


エッ、今?

仕事が忙しいんならいいよ。

・・・・・
ちょっと待ってて、
あと20分したら行くから。

なんだか、今日は具合が悪くて、
あさってあたり、死んでしまいそうな気がする。
どうしても、今日行っておきたい。

そうして、泣き始める。
こんな会話が、最近多い。


この前も、大学病院へ、定期診察があった。

車椅子にのせて、連れて行く。
お袋は、難聴なんで、僕と先生の話が聞こえない。
要点は、耳元で大きな声で伝える。
まあ、通訳のようなもの。

次回の予約をして、診察室を出る。

もう帰ってもいいの?

大丈夫だよ。
薬を飲んで、様子を見ることになったから。
来月の予約をしてきよ。

今日入院するんじゃないの?

そんな話は、何にもないよ。

もうダメなんで、
このまま、入院になると思ってた。


また、涙ぐむ。
そんなことの繰り返し。


1階で仕事をしていると、
泣き声が聞こえる。

覗くと、お袋が、便箋に何かを書きながら泣いている。
でも、僕が顔を出して話しかけると、
すぐ笑顔になる。

数分単位に、感情が入り混じる。



僕はこれまで、鬱病の時期の花子さん、
そして、介護をしている時の自分自身。
精神的に参っている時が、痛いほどわかる。

お袋は86歳。
考えたくはないが、もう、人生の終盤を迎える。

これまで、親父との生活は、
辛いこともあっただろうが、
喜びの方が多いと思う。

最後の最後に、泣いたままにしたくない。
楽しい人生だったと、振り返ってもらいたい。
笑って、最後を迎えてほしい。


まだ、時間はある。
何とかしないとな。



ちょっと重い話になってしまったんで、
気分転換に、晩御飯。

花子さんは、ホワイトシチュー定食。
いつも携帯で写真を撮るので、鮮明じゃないけど、
美味しいです。

ホワイトシチュー定食  

僕は、冷蔵庫の残り物。
ナスピー炒めと、
鯵の開き、両目が入った目玉焼き。
だが、お酒は一流 
神奈川、相模灘の純米吟醸。

ナスピー


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


コメント
そのお気持ち、よく分かります。

m(__)m
2013/04/26(Fri) 11:07 | URL | 山崎かずみ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/26(Fri) 14:54 |  |  | 【編集
お母さん…、きっと孤独なんだろうな。
人間、自分は誰にも必要とされてないんだって思ったとき、必ず死を考えるから。
私も母を失って10年、ずっと死を考えてきた。
自分が生きていることが、申し訳なく思えるんですよね。
お母様には必要としている人間がいるって、わからせてあげることが1番ではないでしょうか。
それだけで救われるはずですよ。
2013/04/26(Fri) 19:20 | URL | ナオ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/28(Sun) 20:48 |  |  | 【編集
こんばんは!
久しぶりにお邪魔したら色々なことがあったんですね・・・。
ランちゃん11歳だったんですね~。
スリブリさんや花子さんはモチロンですが
わたしも記事のあちこちに登場するランちゃんに癒されてました。
誰に問わず、いつかは必ず来るお別れ。
寂しいけど、悲しいけど・・・・先に天国へ行って心地よい場所を
見つけてお二人を待ってくれてると思います。
諸説ありますがわたしはそう思います。
実はわたしも今年のお正月明けの1月6日に可愛がっていた猫が
旅立ちました。出会ってからは6年ほどなんですが年齢は16歳。
4年間の闘病の末のことでした。
幸い家族全員で(といっても彼とわたしの二人ですけど)見送る事が
出来たのが幸いでした。
お骨になるまでの数日間、泣いて泣いて泣きました。
わたしは看病の期間が長かったのである意味、覚悟は出来ていた
はずなのに本当に寂しくて悲しくてぽっかり心に穴が開きました。
ランちゃんも家族の一員として色んな場面で支えになってくれて
いたでしょうからスリブリさんのお気持ちを痛いほど察します。
文中に「ランはペットだと思い込んで」とありましたが
わたしは「全てを受け入れる」と決め、
「彼女との今ままで全てを吸い込んで吸収して合体する!」と
念じることにしました。
いつまでも家族、そう思っています。
あ、また長々となってしまいました。
お父様、ご無事でなによりです。
お母様、メンタル的にかなり弱っていらっしゃるご様子・・・。
これだけお体が不自由でしたら無理のないことでしょうけれど
「病は気から」という言葉もありますので
お気持ちから病気の進行を招くことがありませんようお祈りします。

ずいぶん暖かくなりましたが
気温の差がまだ激しいのでお風邪など召しませぬよう
ご自愛ください。
では、また遊びにきます。
2013/05/06(Mon) 23:59 | URL | ちび | 【編集
スリブリさん、大丈夫ですか?心配だなぁ…
2013/05/15(Wed) 23:14 | URL | りいこ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/19(Sun) 16:14 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可