親父の七七日法要が終わった。
     ↑
(四十九日のこと。 こう呼ぶのを始めて知った)


以前、
四十九日が終わるまで忙しいよ。
と、アドバイスを受けたことがある。



本当に、ぐるぐる回る忙しさだった。



お袋の病院付き添い、介護、
仕事の打ち合わせ、納品、事務処理、
花子さんへの介助、
自分の通院。

それらは、親父の喪中とは関係なく入る。

その間、人前で話すのが、4回もあったし、
家族会、介護にかかわるイベントもあった。

もちろん、お寺、霊園との打ち合わせもある。

各所へ死亡届、名義変更、登記、相続もあった。



あらためて手帳を見たら、
すべての日に予定が入っている。


でも、納骨が終わり、
新しく購入し、開眼した仏壇に線香をあげると、
安らぎもある。


見守ってくれよ。

親父・・・


   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 



コメント
大丈夫。
お父様はちゃんと見守って下さいます。
私の父は、私が19歳の時、母は35歳の時に亡くなりましたが、折に触れ、二人に見守られているなって感じています。 これから寒くなります。お身体ご自愛ください。
2013/10/30(Wed) 23:05 | URL | りいこ | 【編集
お疲れ様でした。
本当に、新しいお仏壇でニコニコと見守ってくださってますよ。
読んでいて涙が出ました。
気落ちして疲れに飲み込まれませんように。
花子さんがいつもにこやかでありますように。
2013/10/31(Thu) 15:51 | URL | みつこ | 【編集
人が亡くなると、いろんな手続きの連続で・・・何が何やらわからないうちに時間が過ぎていきますね。 哀しい気持ちがわからなくなるくらい。
人が一人、生きていたということの重みを感じたりもします。
お父様が生まれてからの証をスリブリさんもたくさん知ったのではないかと思います。 お父様はきっととても一生懸命生きたでしょうね。
そしてそれを知ったあとは、生きてる者は生きてる人達と一緒に一生懸命生きようと思えます。 そんなスリブリさんをお父様はずっとそばで見守っていいるはずです(ランちゃんも!)

忙しい毎日でしょうけれど、たまにはちょっとだけサボってくださいね。
スリブリさんの毎日が、介護と仕事に追われてた自分の姿と重なることがあります。とても一生懸命でした。
「頑張りすぎないで!」って言われたって・・・頑張っちゃいますよね^^;
でも時々、どこかで、ほんの少しだけでもサボっちゃってください。
(晩酌・・・いつも美味しそうなお酒ですね!実はココにも注目してました)

スリブリさんと花子さんの毎日が笑顔でいっぱいになりますように!


2013/10/31(Thu) 23:39 | URL | miho | 【編集
お疲れ様です
寒くなって来ましたね。
お父様が亡くなられて、悲しみに浸る間もなく目まぐるしい日々を送られていたと思います。
今までも、これからもお父様が見守って下さいます。
スリブリさんも、体調に気を付けて日々お過ごしください。

2013/11/01(Fri) 07:36 | URL | まっち | 【編集
始めまして…
同級生の親友が50代で若年性アルツハイマーになってしまいました。
その話を聞いてからあちこちネットで調べて…ここにたどり着いた者です。
花子さんはとてもステキな旦那さんと出逢いステキな人生を歩まれていて羨ましい限りです。

いろいろお話したいことばかりなのですが…
お父様のご逝去心よりお悔み申し上げます。
慌ただしい日々に悲しみを感じる暇もなく大変な毎日を過ごされてる様子…お身体ご自愛くださいね!

いろいろな手続きの煩雑さに辟易してることでしょう。
私も舅姑のときはとても大変で、夫が壊れてしまうのでは?と心配したものです。
あっ!社会保険事務所にも連絡してみてくださいね!
年金は止めないと勝手に振り込まれてて後々問題にされますから!
2013/11/04(Mon) 22:54 | URL | ぐら | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可