花子さんは、歩くとき前かがみなので、
顔が、髪の毛でおおわれてしまう。

座っているときも、伸びてしまって顔が隠れている。

僕が行ったときは、ブラシをかけ髪を持ち上げ、
後ろにまとめて、ゴムで止めてあげるのだが、
翌日行ったときは、もうはずれている。

意識的にはずすことはないので、
寝ているとき、また頭を掻いた時に
はずれてしまうのだろう。



以前は外出届を出して、美容院へ連れて行ったが、
今は、車椅子で
立っているときも不安定なので、
外出が難しい。

病院には、月に一度、理容師さんが来る。
予約をすれば、カットしてくれる。



入院してすぐのころ、
お願いして、カットしてもらったことがある。

でも、男性専門の床屋さん。
二人で来て、申し込みのあった20人~30人を
次々、カットする。

男性患者さんには、好評。
きっちりとバリカンで刈り上げて、
上も短くする。
すごくさっぱりする。

でもな~
男性理容と同じようなやり方で、
女性もカットするんだな~

刈上げ短髪の人は良いが、
ショートカット以上の人には、
バッサリ切って、先端を揃える感じ。

一回でやめて、それからは外出して、
11分で仕上げてくれる美容院へ行っていた。

花子さんの、おとなしいタイマーは、
10分。

洗髪で横にされることもないのでちょうど良い。

しかも、上手。



今さら、花子さんの髪形を、
かっこよく仕上げなくてもいいかなと思い、
病院へお願いした。

これが、カット前。

カット前

そして、カット後。

カット後 


いやはや

あまりの仕上がりにびっくり。

両方とも髪をアップさせているので、
あまり差はなさそうだが。

カット後は、
ちびまる子ちゃんのようなおかっぱ。
しかも、前髪が斜め。 

裾の長さは、ばらばら。

写真は、二日の違いなんだけど、
表情も違って見える。

顔を上げることがないので、
下を向いた状態で、長い髪のカットは、
難しいのかな。
不揃いさに、苦労の跡が見える。 




笑ってしまったよ。
花子さんもつられて笑ったから、
まあ、いいか。



髪が整っていると、本人の気持ちが落ち着く。
何歳であっても、美しくいたい。

ただ、花子さんは、鏡を見ることもできないし、
そう言った感情もなくなっている。



でも、認知症の本人が身綺麗にしていると、
介護者の心が晴れて、優しい対応ができる。



一か月我慢して、今度は美容院だ。


では、晩御飯。
花子さんは、八宝菜定食

八宝菜定食

僕は、鯵の塩焼き。
後ろの、スパゲッティーサラダも手作り。
昼にミートソーススパゲティーを作ったんで、
パスタは、使いまわしだけどね。
お酒は、新潟の菊水。


鯵の塩焼き

   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

コメント
こんばんは。
スリブリさん、忙しいのにブログにいらっしゃってくれたのですね。
感激しています。

病院、大勢を相手にするからか、大雑把ですね(^^;
でも二枚とも花子さんの笑顔の写真でホッとできました。
今度は美容院ですね。

つられて笑ったっていうやりとりが個人的にすごく嬉しいような気持ちになりました(^o^)
2014/03/18(Tue) 22:54 | URL | よっち | 【編集
お母様も花子さんもとても柔らかそうできれいな髪ですね。
女心を察知して、美しくしようとしているスリブリさん。さすがです!
お母様はしっかりしていらっしゃるので、病気をしてから鏡を見るのが少し辛くなっていたかもしれませんね。
3年前に亡くなった私の母も介護生活になってからは、メイクができなくなり、美容室にもいけなくなった時は鏡を見るのが辛そうでした。
でも少しずつ病気の自分を受け入れて、介護施設で髪をカットしたり、病気になる前は一度も着たことのない明るいピンクやブルーやイエローの服を(始めは娘に着させられて) 自ら着るようになってからは、まるで少女のような笑顔も見られました。
今度はスリブリさんが花子さんの髪をカットしてあげたらいかがですか? いつもそばにいて髪を触り、とかしてあげるスリブリさんがキレイにしてあげたら・・・ 花子さん、ますます美しくなるんじゃあないかしら・・・? 
明日も美味しいお酒が飲めますように・・・♪
2014/03/18(Tue) 22:56 | URL | miho | 【編集
はじめまして!実は、かなり前から読ませてもらってました。
私の母が前頭側頭型認知症です。現在73歳、要介護5、グループホームに入居してもうすぐ4年です。ほとんど言葉を失ってますが、よく笑顔になってくれます♪

母は、もう鏡自体何か分からないような状態ですが、娘としては、やはり若々しくいて欲しいと思い、美容院に連れていってます。
シャンプーは無理なのでカットだけですが、やはり訪問の床屋さんがやるのとは違いますよね。
スリブリさんがおっしゃるように、きれいでいてくれると、こちらも嬉しくなり、明るい気持ちになります。
本人も、言葉に出せないだけで、うれしく思っているでしょうね、きっと。。。たぶん。。。

これからもよろしくお願いします。
2014/03/19(Wed) 12:18 | URL | やするる | 【編集
うちの祖母
若年性アルツハイマーで検索してからずっと読ませて頂いております。検索要件は長いので省きますが、母方の祖母が若年性ではないアルツハイマーで、グループホームに入って10年程になります。私は実家と上手く行かなく高校生の時は祖母と住んでおりました。祖母は明るい色の服が好きで、和服リフォームやベルサーチなど明るい色を好んでました。ここ何年かでやっと両親が熟年離婚後、母と和解する事が出来、ホームへ面会に何度か行った所、母が届ける衣類がシックで質はいいけど、祖母にとっては地味!! 祖母の趣味はこれ!!!っとかなり濃いピンクのカーディガンを、翌日ホームに届けた所、脳インフル以来殆ど話さなかった祖母が、訳は解らないけど片言ではなく文章で話始めたんです。受けとる前の仕草が素敵でした。私(祖母に持って来たよ。)祖母(手にとってしばらく見て無言で私に返す)私(これは〇〇さんの為に持って来たの。どうぞ。)お婆ちゃんはもう通用しないので。そしたら満面の笑みで拍手迄して喜んでくれました。やっぱ女の人だなぁと。好みの色で活性化したんじゃないかと、職員さんが言ってました。その後母も春物は明るい色を買ったと。(女の人はいくつになっても綺麗でいなきゃ。)と私に言ったのは70歳位でしょうか。とても勤勉で品が良く好奇心旺盛で姉御肌でイタズラ好きなお茶目な祖母です。孫な分だけ親より受け入れが早い様にも思います。今はインフルで面会禁止ですが、お花を届けようかなと。ホームの皆様の白内障が進んでいるので鮮やかな色が喜ばれるとの事で。言いたいだけの雑文失礼致しました。
2014/03/20(Thu) 00:10 | URL | だぐ | 【編集
スリブリさんの愛があふれる介護にいつも感動しながら拝読しております。
私は、両親が理容師、私自身は少しの間美容師をしておりました。理容師は技術重視のカットをするのできちんとそろったさっぱりとした印象になります。美容師はスタイル重視のカットをするのでその方に似合うおしゃれな印象にしてくれます。
訪問理容師は何十年も前からありますが、訪問美容師は今も少ないように思います。おそらく、スリブリさんのように女性らしいスタイルにしてほしいというよりも、シャンプーも手入れも楽にしたいから短ければいいよという家族や施設側の要望が多いからではないかと思います。(理容師に短くしてと頼むと、それこそ男性のような短髪にされてしまいます。)
でも女性は、白髪染めをしてもらったり女性らしい髪形になることで心が華やぐのは確かですから、もっと訪問美容師が増えればいいのになと思いました。
2014/03/20(Thu) 11:18 | URL | まる | 【編集
頑張る父
はじめまして、前向きな介護日記に感銘です!私の父は、49才で左半身不髄になった
母の介護を21年続けてます、すっかり父も年を取り腎臓もがんで一つになり、それでも母を施設に入れず頑張ってます!お酒はやめられず夜飲むと一緒に死のうとかなり
弱くなってるみたいです、私達夫婦は飲食店してますが私も毎日様子を見に行きますがやはり眠れず睡眠薬をお酒と飲んだりして大変な日もあります!私も辛い毎日です!でもあなたの日記で少し元気もらえましたよ!また読みますね
2014/03/23(Sun) 00:08 | URL | momigi | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/28(Fri) 21:59 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可