お袋の不穏な状態が続いている。

体が自由に動けなくなったことから、
悲観的になり、
ちょっとしたことで怒ったり、泣いたりしている。

僕に対して、不満をぶつけ、
疑心暗鬼も起こる。

今までは親父に向けていた目が、
僕に向い、
小中学生の、息子を育てているような気になっている。

僕は、介護のベテランのつもりだが、
相手が変わると、初心者になってしまうんだな~

わかっているが、わざと逆なでするようなことを
言ってしまう。


すぐ反省。




そんな中、
昨日早朝、


お袋がトイレに行こうとして、



転んで、




左足首の骨を、





折ってしまった。




6時ごろ、2階の内線に電話がかかる。

どうした?

転んで、足首をひねっちゃった。

すぐ行くから、そのまま待って。

1階にすっ飛んで行く。


足首が少し腫れている。

つま先を動かすことができるし、
それほど痛がっていないので、捻挫かと思った。

湿布をしたら、少し良くなったという。

その日はデイサービスがある。
迎えに来る30分前まで寝てるように言った。
 
ベッドに入ると、すぐに熟睡。


時間が来たのでもう一度お袋のところへ。

具合はどう?

歩くと少し痛みがある。

そうか~
ひどくなるといけないので、デイサービスを休んで
病院へ行こう。

明日は病院は休みなので、今日のうちに行っておこう。

デイサービスへ休みの電話をいれ、病院へ連れて行った。
 


しばらく待たされ、呼ばれたので車椅子に乗せて、診察室へ。

まずはレントゲン。
足首と、膝の2カ所を撮った。

再び、診察室へ。

折れてますね。

エッッッ!!!

ここの細い部分が折れてます。
ギプスをつけて、固定をします。



まさか、骨折なんて。

お袋はこれまでも、転ぶことがよくある。
でも、ゆっくり歩き、前かがみの姿勢から転ぶので、
重症にはなっていなかった。
軽い打ち身で済んでいた。

でも、今回は骨折。

青ざめてきた。

そんな怪我を負わせるなんて。


お袋は86歳
この年での骨折は、動きが抑制されることから、
すべての体力に影響してくる。


足首は、脛骨(けいこつ)の太い骨と、

腓骨(ひこつ)の細い骨がある。
 

足首 

今回は腓骨が斜めに折れていた。

足首の骨が折れる時は
そこをかばう、膝のお皿も割れることがあるらしいが
そこは、無事。

次は、一週間後に来てください。
その間はお風呂はやめて下さい。
這いずって歩くのは良いですが、
指先とかかとに、負担をかけないようにしてください。

3週間ぐらいで骨はつくと思います。


お袋を一人にさせるのは、難しくなってきた。

これまでは、上下の2世帯住宅。
朝夕は、お袋の様子を確認して、
夜中に物音がすれば、
いつでも駆けつけるようにしていた。

一緒に住まないといけないかな~


でも、僕の唯一の安らぎは、

花子さんの病院へ行き、
帰ってからお袋の確認。
寝る前の支度を済ます。

そして、
2階に上がり、

買ってきたものではない。
自分で、食べたいものを、
 ビール  発泡酒を飲みながら作り、
テーブルに並べ、
録画してある、ドラマを見ながら、
日本酒。

この、まったりとした時間が、
ストレス解消でもあり、
憩いの時間だ。

これがなくなるんだな~~



我が家は、2世帯住宅。

以前まで、
1階には、親父、お袋、姪っ子(亡くなった姉の子)
2階には、僕、花子さん、タロウ・・・・

それが、今は、
1階にお袋、2階は僕だけ。

寂しくなったものだ。



今年は、いろんな節目の年になりそう。


では、晩御飯。
花子さんは、相変わらず、おかゆときざみ食。
揚げ出し豆腐定食 

揚げ出し豆腐定食  

僕は、鰤の塩焼きと、湯豆腐。
豆腐を買ったら、おまけで油揚げをくれたので、
焼いてみた。
お酒は、福井 寿喜娘酒造の「佐々木小次郎」
福井に住むお友達が送ってくれました。 

鰤の塩焼き  

   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

 ≪ お知らせ ≫ 

朝日新聞神奈川版で、僕たち家族のことが15回の
連載で記事になりました。
その記事がまとめられ、インターネット上で本になり
発売されています。
購読料は、210円です。
ご興味のある方は、左側下段の「メールはこちら」から、
「WEB本希望」と書いてお送りください。
(メールアドレス以外、個人情報はいりません)
URLをお知らせします。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/18(Sat) 22:35 |  |  | 【編集
スリブリさんのかかえた荷物は重いですね。
多くの方は、こうやって介護が始まっていくのだけれど、スリブリさんはここまでもしんどい道でしたから、疲れがたまっていらっしゃいますから大変です。

これからお母様の介護がどんな展開になるのかまったく予測がつきませんが、スリブリさんの心身の健康を優先なさってください。

お父様を送られて子としての務めを果たされました。同じようにお母様も子として送ってください。だから、絶対にスリブリさんが倒れてはいけない。

日本中で介護でしんどい思いをしている方々にも同じエールを送ります。
2014/01/19(Sun) 15:43 | URL | miki | 【編集
何の違いなのでしょう…

亡くなるまで元気な親がいて、介護ということに無縁な人と、、、

早々と親を介護しなければならないひと、、、ましてやスリブリさんのように早々から連れ合いの介護、、、

一生懸命働いて、がんばっているはず。一生懸命慎ましく生きているはず。

それなのにその生活は人それぞれ違いすぎる。

スリブリさんが元気いっぱい楽しい生活を送れますように…
2014/01/20(Mon) 19:30 | URL |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/24(Fri) 12:42 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可