19時に病院から戻り、
お袋を布団に入れ、
20時から、僕の好みの飯を作り、
のんびり、テレビを見る。

晩酌をしながら、1時間、
テレビを見て、ゆったりするのが、楽しみ。

テレビは、いつも録画をしている番組。

ドラマ、歌、特番、ニュース・・・
その時の気分で、番組を決める。



今日は、ドラマ。
昨年から溜めおいた番組の、
ようやく最終回を見れた。

題名は覚えていないが、
夫婦で癌になった実話のドラマ化。

これまでの回も、いろいろ考えながら見ていたが、
最終回は、

もうダメ。

自分に置き換えて見てしまった。



涙がボロボロ出て、
終わったらすぐにテレビを消す。

無音状態の中に自分がいる。

頭の中には、花子さんのことだけが、
グルグル回っている。



若年性認知症。



なんて、残酷な病気なんだろう。


52歳で発症し、今は62歳。
僕と二人の歴史、
息子の成長。
その時々に起こる、

感激、感動。

子供の成長と、二人の生活の喜び。
たくさんの迷い、でもそこからの克服。
汗を流し、涙を流し、笑いもたくさんあった、生活。
その中での、充実感。

そんなことも、記憶からなくなる。

すべて。



そして、今の62歳から・・・
迎えたであろう、

喜び、満足、楽しみ、
自由、張り合い、

幸福。

それらの生活も、すべて奪われる。



なんで、こんなことになったんだろう。
涙が止まらない。



もうわかったことで、
それらを乗り越えてきたと思った。
勘違いだった。

いつも、重くのしかかっている。
絶えず、花子さんのことを、考えている。



今までの苦労してきたことを
これから楽しみに変えていくはずだったのに。

花子さんには、何も与えられない。



ドラマは、たくさんの思い出を抱きながら終わった。
でも、認知症にはそれがない。



なんか、



辛い。






ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


コメント
スリブリさん、うまくいえないですけど、辛いですよね、でも、本当に本当に応援してます。いつも、すくってもらっているのに、ごめなさい。でも、ふんばりましょう。
2015/01/17(Sat) 00:34 | URL | まろきち | 【編集
スリブリさんの人間性に惹かれながら常々ROMっています。

多くの場合、自己決定能力が失われる認知症。
母を介護してて命とは?と根源的な問いを突き付けられてます。
幸不幸とは往々にして人との比較で感じているの?とも。

これからも花子さんの笑顔を沢山見られるようにと願っています。
スリブリさんも、どうか、お体、ご自愛下さい。
2015/01/17(Sat) 08:52 | URL | ひろや | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/17(Sat) 09:32 |  |  | 【編集
こんにちは。

なんだか上手く言えないですが、辛さが少しでも少なくなることを祈っています。明るいドラマを見るなんて言うのはどうでしょう?私も、悲しいドラマを見るとその日一日かなーしくなってしまって・・逆に、恋愛モノやコメディを見ると、楽しい気分に慣れます。

ブログ見てるだけですが、スリプリさんは花子さんに何も与えてないなんてことは無いと思います。ブログを読んでいると、スリプリさんの暖かい愛情で優しく笑う花子さんの笑顔がとても素敵です。
2015/01/17(Sat) 17:40 | URL | え | 【編集
母が四年前に若年性認知症になり、花子さんと同じ62才でした。
いつも父や兄、娘の私中心で自分を後回しにしていた母。
やっと親孝行出来ると思った矢先のことでした。


乗り越えたつもり
ほんとは重くのし掛かっている

わたしもです。
母が生きていてくれる幸せを感じて介護を出来るよろこび

でもふとなみだが出るのです。
名前を呼んで抱き締めてほしい

母の夢を見てげんじつだったと思いしる

自分のきもちも認めながら今日も頑張ります
2015/01/18(Sun) 12:45 | URL | とと | 【編集
おつらいですね。とても。
でも。
無限の宇宙の、永劫の時間の中で、
お二人が、この星のこの時代に生まれ合わせ、
出会い、共に生きてきたことは消えない事実です。
たとえ記憶から消えたとしても。
100年経って誰もいなくなったとしても。
本当にあった出来事や想いは、本当にあったんだから、
消えてなくなることはありません。
2015/01/19(Mon) 00:58 | URL | おはな | 【編集
僕に何が言えるのか、腹が立ちます。

花子さんの笑顔は素敵です。
スリブリさんの笑顔も素敵です!

スリブリさんの感情をたくさん日記で見せて頂きました。
僕も涙しました。
張り合えない、楽しめない、満足できない、共有できない

記憶が消えていく…すべて

でも、でも!僕は今のスリブリさんと花子さんの笑顔が好きです!
普段の花子さんの笑顔が、お墓参りで見せた涙が、「おかあさん」と言った言葉が、スリブリさんを見て笑ったなにより心に残っています!

スリブリさんと花子さんを心から応援しています!
どうか、一筋でも届いてください!

涙がでました
2015/01/19(Mon) 23:36 | URL | よっち | 【編集
もう何年も読ませて頂いていますが、2度めのコメントです。スリブリさんの花子さんを思う気持ちにいつも励まされています。人間はどうして生きているのか、生きていけるのか、そんな疑問への答えがここにあるように感じています。生きているから笑顔があり、怒りもあり、周りの人と関わっていけるのだと。上手く言えないんです。でも生きているって大事なことなんだよ、というのがこのブログから私がいつも受けているメッセージなんです。
つらい気持ちも書いてくださってありがとうございます。
2015/01/20(Tue) 04:30 | URL | 山女 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可