今日から3日連続
2月3日、4日、5日に、

NHK Eテレ
20時
ハートネットテレビ 
再放送は、翌週の同じ曜日13時5分
  2月10日、11日、12日、

認知症ご本人が出演し、
「私たちが声をあげた訳」
が、放送されます。
ぜひ、見てください。



僕はいつも思っていることがあります。

最近、認知症のことがテレビ、新聞、雑誌等で
多く取り上げられます。

認知症の偏見、誤解、差別、が
少しでもなくなるように願っている
介護家族としては、
とてもありがたいことです。

でも、なんとなく違和感があります。


それは、認知症を取り上げる場合、
認知症介護の大変さや、
介護の仕方、
また、
認知症という疾患の説明、
(アルツハイマー型、レビー小体型、
 前頭側頭型、脳血管性等々)
などに視点が置かれていることが多いです。


本当に一番大事なのは、
認知症と診断された方、ご本人の気持ちです。

認知症に一番最初に気づくのはご本人です。
いつも出来ることが出来なくなったり、
物忘れからの失敗、
また、幻視、幻覚、

普段と違うことが起こり、
とても不安になります。
周りの人に話すこともできず、
一人で悩んでしまいます。

意を決して、病院へ行くと、
子供だましのようなテストをされ、
ますます不安をあおられる。

そして出されたのが、
「認知症」

その時の絶望感は、どれほどの衝撃か。


僕は二つの家族会に入っているので、
ご本人のお話を伺う機会がたくさんある。

また、講演会にもよくいくので、
ご本人の講演も聞く。

佐藤雅彦さん、
中村成信さん、
佐野光孝さん、

最近では、
丹野智文さん、
樋口直美さん、
前田栄治さん、

どなたのお話を聞いても、
衝撃と感動で、涙が出てくる。


認知症と診断された人は、
何もできなくなる人ではない。
自分の思いをしっかりと発信できる。
尊厳を持ち、前向きに生きようとしている。


ぜひ、ご本人の声を聴き、
そのうえで、介護、認知症施策をしてほしいと
強く思います。


では、固い話の後は、晩御飯で息抜きを。

花子さんは、ミートローフのマヨネーズ焼定食。

ミートローフのマヨネーズ焼定食 

僕は、豚肉のにんにくたっぷりスタミナ焼。
お酒は石川県の天狗舞

豚のスタミナ焼 



ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

コメント
見ました
今夜の放送を見ました。日本でも漸く認知症の人本人の意向が施策に反映される時代になってきたのですね。

レモンカフェにも多くの人が集われていてみなさん心強いだろうなあと思いました。紹介されているのは最先端の取り組みだと思いますが、やがて少しずつ全国に広まっていくのでしょう。

医療・介護現場・家族・・・多くの取り組みで認知症を取り巻く環境が変わってきているんだと実感しました。
2015/02/03(Tue) 21:43 | URL | miki | 【編集
今ブログ読ませて貰いましたので観てませんが、
せひ再放送は観たいと思います☺
なんと、55才の私も予備軍?らしいです😖💦
去年の11月に受診し、脳の萎縮を言われました😨
今日も診察日でした。
なので、他人事ではないんですよね😅
再放送、忘れなければいいな👋

2015/02/03(Tue) 22:19 | URL | アルツなおばさん | 【編集
多くの人に見てもらいたいですね
お知らせがなければ、貴重な番組を見逃すところでした。
おりづる工務店から進化したデイサービスで、地域のなかで生き甲斐をもって生きていらっしゃる理想的な実践に感動します。

「仲間」・・・社会のなかで認知症の人が受け入れられるキーワードだと思いました。2002年、「母を弱者として受け入れてほしい」という私の願いは受け入れられませんでした。逆効果でした。今なら、どうなのでしょう。

理解が深まり、ともに生きていける社会に近づきますように!
2015/02/04(Wed) 21:47 | URL | miki | 【編集
本人の思いがよく伝わりました
3日目は認知症の人3人に直接尋ねるという形式で進められました。

さまざまな立場の人が、「認知症の人にどういう接し方をすればいいか」「こういう接し方でいいのだろうか」など率直に尋ねられて、こうしてもらうと助かる、そういう接し方は混乱するなど、具体的に答えられていました。あやふやだったことが、本音がわかって納得できました。

家族もですが、「嘘も方便」といって事実とは違っていてもあわせることがあるのですが、「正されるとそのことで頭がいっぱいになってしまうから、悪意がなければいい」と肯定されていました。
「マニュアル的な対応ではなく、人間としてのかかわりで対応してもらえるとありがたい」旨の思いは、1番大切なことであり、1番難しいことでもあるのでしょう。

これからのケアのあり方、認知症の人との接し方などに生かされていってほしいと強く思いました。
本人による思いの発信が、偏見打破への最大の力になることがとてもよくわかる番組でした。

希望につながる内容なので、多くの人に見てもらいたい番組でした。
2015/02/05(Thu) 21:32 | URL | miki | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/02/12(Thu) 16:27 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可