今通院している、病院の診断書を受け取り、
すべての書類が揃ったので、
役所へ行き、申請をしてきた。

 

渡された書類の中で、
家族が用意する「 病歴状況申立書 」は、
詳しく書いた。

 

  前回の記事を書いた後、
  コメントで、たくさんのアドバイスを頂きました。
  それが大変役に立ちました。

 

「病歴状況申立書」は、A3表裏の用紙。
その中に、

 

  1. 発病した時の状態
  2. 発病から初診までの状態
  3. 初診日から現在までの経過を年月順に、
    期間をあけないで記入。
  4. 日常生活の制限 
    11項目を4段階で自己評価。
  5. その他、日常生活で不便に感じることを記入
  6. 身体障害者手帳の交付について

 

を、記入するようになっていた。

 

1、2、は、4cm程度の書くスペースがある。
   そこに、小さい字で、みっちりと書いた。

 

3、 は左側に期間を書いて、右側にその時の状態。
   6段になっていたが、とても書ききれない。

 

 「 病状は別紙にまとめましたので、ご参照下さい。
  また、通院時の投薬履歴を控えていましたので、
  各病院の薬履歴をご参照ください。 」

 

  と書いて、6枚の書類を添付。

 

5、 は、2cmくらいのスペースしかなかったので、
   これも別紙。

 

 「 本年8月に介護認定調査があります。
  毎回、現在の状況をまとめて、調査員にお渡ししています。
  平成21年7月18日付けで、今の状況をまとめましたので、
  別紙をご参照下さい。 」

 

と書いて、5枚添付。
添付書類が多いので、担当の方は、驚いていた。

 

一通りの書類を見ていただく。
記入間違いもあったので、書き直しがあった。
書き直せて、良かった。
書いている最中、

 

担当者がもう一人いますので、相談をしてきます。

 

と言って、奥に入った。
戻ってきて、

 

今、他の担当とも話してきたんですが、
ここまでのものは、必要はなかったんですけど、
ご主人の誠意と、こういった状況だというのが
わかってもらえた方が、良いんで、
全部をつけて、
これでやりましょう。

 

力強く言っていただく。

 

ハイ、ありがとうございます。

 

では、これを社会保険事務所へ提出します。
3ヵ月半後ごろ、手紙で連絡が行くと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

これで、申請終了。
さて、どうなるか。

 

障害には、1級障害と、2級障害がある。
どちらに認められるか。
または、見送られるか。

 

良い結果が出ることを願う。

 

 

 

 

さて、興味のある方は、添付書類をどうぞ。

 

3、の添付書類のうち、「 病状及び診断 」は、
ここをクリックすると出てきます。
      ↓
    病状履歴

 

また、薬履歴は、左側の「 カテゴリー 」の中の、
「薬履歴」をクリックすると、3箇所の病院の投薬が出ます。

 

「 今の状況 」は、今度介護認定の記事を書きますので、
その時に、アップします。 


 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

Nクリニックで書いて頂いた、
「受診状況証明書」 を持って、
役所へ行ってきた。

 

担当の方を呼んで頂き、
書類を渡す。

 

厳重に封印されているので、
奥へもって行き、
読んでから、戻っきた。

 

詳しく書かれていましたので、
経過が、良くわかりました。

 

内容的には、これで大丈夫なので、
手続を、進めましょう。

 

証明書のコピーは、頂けませんか。

 

封印されていたので、病院へ聞いてみます。

 

奥へ入り、電話。

 

お見せしても、構わないそうなので、
そのまま渡します。
申請の時、他の書類と一緒に
持ってきて下さい。

 

次に、新たに取っていただく
診断書を、お渡しします。

 

現在の、病院に出して、
今の症状を、書いてもらいます。

 

本来ですと、もう1枚診断書を、
お渡しします。
初診日から1年半以内の病院に、
書いて頂くんです。

 

Tクリニックは、もう閉院していますので、
取れないと思います。

 

そうなると、申し訳ないですが、
過去にさかのぼっての請求が、
出来なくなります。
現在からの、申請になります。
 

 

アルツハイマーと診断されたのが、
4年前ですけど
その時に、さかのぼることも
出来ないんですか。

 

そうなんです。
初診日から、1年半後が
障害認定日になっていますので、
障害認定日の診断書を
取ってもらう必要があるんです。

 

その時に、2級程度になっていれば、
過去にさかのぼることが、
出来るんです。

 

他にも、色々と質問した。
丁寧に答えていただき、
ある程度、納得できた。

 

 

 

申請用必要書類は、以下の通りです。

 

  1. 国民年金障害基礎年金裁定請求書
     
     基礎年金番号、名前、生年月日、
     金融機関、
     障害の原因である、傷病 等
     を記入する。
     
  2. 国民年金手帳
     
     「年金特別便」で、年金履歴も
     証明されているので、バッチリ。
     
  3. 印鑑
     
     花子さんは、実印を持っている。
     
  4. 本人名義の預金通帳
     
     これも持っているので、OK 。
     定期預金の残高は、
     僕より、多い。
     
  5. 現在かかっている病院の、診断書
     
     診断書は、最近、続けて書いて頂いている。
     「自立支援医療」用
     「身体障害者手帳」用、
     そして、
     「障害基礎年金」用。
     今回の、診断書が、一番めんどくさそう。
     A3用紙、裏表に、項目がいっぱいある。
     
  6. 病歴状況申立書
     
     本人、または家族が作成。
     発病の状態、治療の経過、
     現在の状態を、書く。
     家族が作成する書類では、一番大事。
     
  7. 戸籍謄本
     

     役所に行った時、取る。
     
  8. 住民票謄本
     
     これも、申請時に取る。
     
  9. 身体障害者手帳
     
     持っている人は、提出。
     障害1級だけど、
     障害基礎年金の等級とは、別。
     1級でも、障害年金は
     認められなこともある。

     
  10. 所得証明書
     

     市民税納税証明なので、役所で取ってくれる。
     
  11. 受診状況等証明書
     
     初診の、Tクリニックで取れないので、
     Nクリニックで、出して頂いた、
     1万円の証明書。
      ↑
     (しつこい)
     
     
  12. 受診状況が添付できない理由書
     
     本来は、初診の病院の証明書なんだけど、
     閉院しているので、取れない。
     そのことを書く。
     
  13. 国民年金保険料免除理由該当届
     
     国民年金を受け取るようになると、
     年金を支払わなくても良くなるので、
     その、届出書。

 
  

並べてみると、大変そう。
でも、僕は、こういった書類作成、
好きなんだな~

 

変な、意欲がわく (笑)

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

上記は、あくまでも、我が家のことを書いてます。
詳しいことは、役所にお問い合わせください。

 

 

 

前の日記の続きです。

 

一番初めにかかった病院で、
初診日の証明書を、書いてもらわないといけない。

 

ここで、問題発生。
その病院・・・
4年前に Dr.が亡くなり、今は閉院している。
でも、カルテはどこかしらに残っているはず。

 

その病院のすぐ後に、
居抜きで(設備・什器をそのまま使っている)、
心療内科が入っている。
まず、そこに電話をしてみた。

 

スリブリと申しますが、
障害年金申請のための、
診断書が必要になったのですが、
以前の、Tクリニックのカルテは、そちらにありますか。

 

当院とは法人も違いますので、
カルテは、ありません。

 

どこに聞けば良いか、わかりますか。

 

いえ、わかりません。

 

あっさりと、断られた。

 

次の手、

 

Tクリニックから転院した、Nクリニックにあたってみる。
転院の際、Tクリニックからは、
紹介状を、書いてもらっている。
そこには、病歴として、初診日が書かれているはず。

 

診察時間に合わせて行くが、
もし、Dr.に会えないといけないので、
手紙も作成する。( これ → Nクリニックへ  )

 

受付で、簡単に説明をして、
役所からもらった書類と、手紙を渡した。
奥へ入って、Dr.に説明をしてくれている。
患者さんは誰もいなかったので、
名前を呼ばれるのを待つ。

 

受付の人が出てきた。

 

先生から、
診断書はできないけど、
「証明書」は作成できるとのことでした。
10,000円かかりますが、よろしいですか。

 

( ゲッ! 10,000円!?
  コピー用紙に、日付と、経過を書くだけなのに )
       
     心の声

 

ハイ。結構です。
お手数ですが、宜しくお願いします。

 

では、来週の水曜日以降、取りに来て下さい。

 

Dr.に以前のお礼、今の病状、今回のお願い等を
説明するつもりだったけど、面会はなかった。

 

そして、昨日、受け取ってきた。
もちろん、文句を言わず、
にこやかに、10,000円を出す。

 

しっかりと封印された封筒を、受け取る。
なんと書いてあるか。

 

来週、役所へ行き、内容を見ながら相談をする。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

 

年金課へ、障害年金の相談に行った。

 

今日、精神障害者保健福祉手帳を受け取りました。
障害基礎年金について、お伺いしたいのですが。

 

大まかに状況を説明する。
担当の女性から、説明をしてもらった。

 

障害年金には、
障害基礎年金と、障害厚生年金があります。

 

どういうふうに、分かれているかといいますと、
始めてお医者さんに行って、受診した
初診日が基準になっています。

 

その時に、国民年金に入っている方は、
障害基礎年金
会社勤めをしていれば、
障害厚生年金と分かれます。
その場合は、社会保険事務所での手続になります。
奥さんは、どうでしたか。

 

30歳くらいまでは会社勤めをしてましたが、
それ以降は、国民年金を支払っています。

 

初診日がはっきりしたら、保険料の、
納付要件を、調べるようになります。
初診日の月の、前々月までの保険期間のうち、
保険料納付済み期間が、
3分の2以上あることが必要です。

 

その為に、初診日をお聞きする必要がありますが、
具合が悪くなって、始めて病院に行ったのは、
いつだか、わかりますか。

 

今回の、障害者手帳の申請のときに、
D病院で、診断書をもらったコピーがあります。
ここに、

 

初診年月日として、「平成17年3月22日」
病名として、「主たる精神障害 アルツハイマー病」

 

と、書かれています。
それから、ずっと D病院で治療を受けています。

 

D病院へは、始めから行ったのですか。

 

いいえ、一番始めは、
平成9年頃に、パニック障害になり、
Tクリニックへ、行きました。
そこから鬱病に変わり、
平成17年に、Nクリニックに転院し、
そこで、紹介状を書いて頂いて、
今の D病院に移っています。

 

そうすると、初診日は、その Tクリニックになりますね。

 

でも、Tクリニックは、鬱病の診断で、
認知症と診断されたのは、D病院ですが。

 

精神の病気となると、認知症と診断された時が
初診日ではないんです。
紹介状で、病院を移っているんですよね。

 

ハイ

 

そうすると、始めて病院にかかった日になるんです。

 

パソコンで、平成17年と平成9年の
国民年金の、支払状況を調べてくれた。
電話もしている。

 

国民年金の納付の方は、どちらでも問題ないので、
初診日を確定したいと思います。

 

社会保険庁に聞いてみたら、
やはり、今の病気が確定した日ではなく、
お医者さんに、始めてかかった日と言われました。

 

この書類をお渡ししますので、
病院から、証明書を頂いてきてほしいんです。

 

受診状況証明書」を渡された。

 

「初診年月日」
「発病から初診、終診までの治療内容、経過」
等を、書くようになっている。

 

パニック障害から、鬱病になり、
認知症へとなった。
ただ、これは病気の移り変わりであって、
パニック障害が進行して、鬱病、
さらに進行して、認知症になったということではない。
因果関係は、証明されていない。
認知症と診断された時が、この病気の始まりだと思う。

 

そのことを、何回か聞いて確認したが、
間があかずに、診察を受けていると、
始めてかかった病院が、初診になるとのことだった。

 

役所の担当者は、大変親切に教えてくれた。
お名前も教えていただき、

 

次に来た時に、他の人だと又、
始めから説明しないといけないので、
私を呼び出して下さい。

 

と言ってくれた。

 

 

とりあえず、動いてみる。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

横の「カテゴリー」を変更して、
「公的支援」を作りました。
介護認定の記事も、まとめてあります。

 

精神障害者保健福祉手帳の経過も、書きたかった。
その頃、日記を書く時間がなく、
スルーしてしまった。

 

思い出しながら、追加します。

 

現在受けている支援と認定は次の通りです。

 

要介護認定  要介護2

 

  要介護2の認定を受けているけど、
  今のところ、サービスを使っていない。
  本来だったら、使わなければ
  介護が厳しいところだけど、
  なんとか、やっている。

 

  認定を受けていることで、いざとなったら
  頼れるところがある。

 

  そういった、安心感がある。

 

  これまでの認定経過は次の通りです。

 

  平成17年9月~平成19年2月  要支援
  平成19年3月~平成19年8月  要介護1
  平成19年8月~平成21年8月  要介護2

 

    また、認定調査では、本人の前で言えないこともあるので、
  症状が、正確に伝わるよう、その都度「現在の状況」を
  文書で渡している。
  それぞれの日記の中に、開けるようにしてあります。 

 

自立支援医療(精神通院医療)

 

  精神疾患の通院医療に対する、医療費の公費負担です。
  今は、自己負担が、1割で済んでいる。
   ( 国民健康保険なので、通常3割負担 )
  アリセプトは高い薬。
  これがあるんで、医療費はすごく助かっている。

 

  うちは、平成10年の鬱病の頃から受けていた。
  その頃は、全額公費負担。
  自己負担なし。

 

  医療制度を知らなかったので、
  「タダ」 というのを、不思議に思っていた。
  心療内科のDr.からも、
  僕には説明がなかったからな~

 

  その頃は、花子さん、しっかりしていたので、
  手続は、全部自分でやっていたっけ。
  平成18年から、自立支援法が出来て、
  1割負担になる。
  ただ、もう少し前から、
  1割負担だったような気もするけど、
  あまり覚えていない。

 

  精神通院医療は、認知症も含まれるので、
  もし、まだ申請をしていない方がいらっしゃれば、
  申し込んだ方が良いと思います。
  ただ、うちの場合は継続なんで、
  そのまま1割負担だけど、
  新しく申請する場合は、収入によって
  受けられない場合もあります。

  役所に行って、相談したらいいですよ。

 

精神障害者保健福祉手帳  1級

 

  これは、4月に申し込み、6月17日に
  受け取ったばっかり。

 

  この手帳を受け取られることは、あまり知らなかった。
  これまで、コメントで教えてもらったことがあったけど、
  「精神障害者」 には入るとは思っていなく、
  積極的に調べなかった。

 

  今年3月に、のんた2号さんのブログで、教えていただき、
  早速、申請をした。
  診断書、写真、申込書を添えて、提出。

 

  この手帳を受け取ったことで、
  どのようなメリットがあるのか、わからない。
  税金が安くなり、水道基本料、バスが無料になる。
  他にも、サービスはありそうだ。

 

  今後、手帳を持っている人が利用できるサービスは
  増えてくるだろう。

 

  本人が、自分でできない今、
  介護者が申請をして、取得しておくことは大事だ。

 

障害基礎年金

 

  これは、今、準備が始まったばっかり。
  17日に障害者手帳を受け取って、
  その足で、国民年金係へ行って、相談してきた。

 

  この前の日曜日に、家族会があり、
  同じ、若年認知症の奥様を介護されている方が、
  障害基礎年金を、受け取ることができたと、
  お話しされた。

 

  昼食の時間、その方と隣りあわせだったので、
  詳しくお話を聞く。
  年金の話だけでなく、たくさんのアドバイスを頂いた。

 

  うちも受けることができそう。
  早速、年金係で話を聞いてきた。

 

  ① 初診日が、国民年金の被保険者であること。
  ② 障害認定日の障害の程度が、障害等級の
     1級・2級のいずれかに該当していること。
  ③ 初診日の月の、前々月までの保険期間のうち、
     保険料納付済み期間が、3分の2以上であること。

 

  ( 詳しいことは、役所の国民年金係へお尋ね下さい。
    厚生年金加入の方は、障害厚生年金になりますので、
    社会保険事務所です )  

 

  どの要件も満たしている。
  申請して、障害等級が、1級、または2級に認定されれば、
  56歳だが、年金を受け取ることができる。
  ( 精神障害者福祉手帳の等級とは別の審査です )

 

  この、申請状況はブログに公開します。

 

 

 

でも、こういった公的支援って言うのは、
新聞図書、市のたより、役所の案内等に書かれているが、
なかなか、なじめなく、
たくさんある支援の中で、
自分の家族が、何に当てはまるのか、
わかりにくい。
皆さん機会を逃している。

 

僕もそうでした。
家族会、同じ介護をされているご家族の
生の情報が、とても役に立ちます。

 

  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 


 

 

今日、介護認定通知書が届いた。


認定有効期間    平成19年9月1日~平成21年8月31日
要介護状態区分   要介護2  
 


前回は、期間半年で、要介護1
介護度が1段階上がった。


Dr.に意見書をお願いしたとき、 


今度はもう少し上がるでしょう


と話されていたが、その通りだった。


以前、要介護1に認定された時は、
まだ、そこまで行っていないという思いが強く、
ショックもあった。
でも、今回は、適切な判定をもらえた気がする。
安心した。


今は、サービスは全く使っていない。
かみさんが嫌がるということもあるが、
どうにか僕が出来るので、なんとか、こなしている。
かみさんも、
にこやかな時は、自分のことはできている。
でも、周りから見ると、大変な状況になっているんだろう。


会社勤めをしていたら、
かみさん、とても一人で留守番はできない。
不安が強くなり、布団をかぶって、寝込んでしまう。
数百回も電話を鳴らし続ける。
サポートをしてもらわなければならないだろう。


今、僕が見ていることによって、
かえって、一人でいられなくしているのではないか。
依存度を高めすぎている。
僕自身も、自分を追い込んでいるのかも知れない。


最近、そんな気もする。


介護度が上がるということは、
かみさんの容態が悪くなったということではなく、
サービスを受ける範囲が広がったということ。
今は、受けないですみ、できることは僕がやろうと思っているが、
いざというとき、手助けをしてもらえるという安心感がある。


 ブログランキングに参加しています。
ここをクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif

6日(金)に、介護認定調査があった。


今年3月に、「要介護1」に認定されたが、
期間が5ヶ月間の8月31日まで。
前回は、区の職員(高齢者支援担当)の方が調査に来たんだけど、
今回は、ケアマネージャーさん。
今は、介護サービスは何も受けてないんで、
ケアマネさんは、ほとんど実情を知らない。
シートを持って、1からの質問でした。


1日前に電話がある。
昼間、自宅にかかってきたので、かみさんが出る。
そのあとすぐに、僕の携帯にかかってきた。


家に電話があっても、かみさん、電話を取れないんで、
連絡は、携帯にお願いしていた。
うっかり、かけたみたい。


今、お宅に電話したら、奥様が出ました。
すごく元気そうでしたよ。
金曜日にお伺いしたいけど、いかがですか、
と聞いたら、わからないとおっしゃったので、
携帯に電話をしました。


金曜は、ちょうど、家で仕事だから大丈夫です。


友達から電話がかかってきても、また、他の人でも、
かみさん、電話はすごく調子がいい。
話すキーも少し高くなって、
にこやか。
でも、何も覚えてないんだな~
電話の受け答えに集中してるんで、
内容は、全く覚えてない。
2階に上がっても、電話があったことを、僕に伝えなかった。
ケアマネさんも、勘違いをしている。


金曜日にケアマネさんがみえる。
かみさん、突然の訪問なんで、びっくりしていた。
前もって言うと、部屋にこもってしまうんだけど、
余裕がなくて、面会。


お元気そうですね。


ハイ。


かみさんは、人当たりが良いんで、ニコニコしている。
ケアマネさん安心したみたい。


では、今日は、介護認定の調査です。
こんなことは、伺わなくてもいいんですけど、
決まりなので、お願いします。


かみさん、何のことだかわからないので、
にこやか。


自分のお名前は言えますよね。


かみさん、何を言ってるんだと、怪訝な顔。
ちゃんと答える。


生年月日を教えてもらえますか。


27年7月21日


途中忘れてしまったのを思い出しながら答えた。


住所を教えてもらえますか。


番地まで言えない。


今は何年何月何日ですか。


ここまでくると、もう答えられない。
かみさん、急に顔が曇る。
そこからの質問は、すべてだめ。
行動のことになったら、どんどん落ち込んできた。


僕への質問も、介助のこと、暴力のこと。
かみさんの表情を見たら、今話すよりも、
あとにしてもらった方が良いと思い、
電話をしてもらうことにした。


玄関まで見送る。
外に出て、用意をしていた、
平成19年7月6日近況(←これです。調査項目に合わせた回答です

を渡す。
前回の調査の時も用意しました。


帰ってから、かみさんの具合が悪くなるのではないかと
心配したけど、
介護認定のこと、自立支援のこと。
   自立支援は、認定調査に、
   直接かかわりのあることじゃないんだけど、
   絡めて説明する必要がある。

よ~く説明したら、わかってくれたみたい。
夕方、気分転換に、一緒に買い物へ行く。
落ち込むことなく、明るいままでした。


ほっと一安心
さあ、介護判定はどうなるでしょう。


コメントを頂いている方。
下にある【続きを読む】を開いてください。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif 

今日、介護認定通知書が、配達証明で届いた。


要介護1


これまでは、保険制度が変わる前の「要支援」
ケアマネさんからは、「要支援1」か「要支援2」ではないかとのことだった。
そうすると、「地域包括センター」での、予防事業に変わる。


今は、在宅サービスは何も受けてなく
すべて僕がやっている。
家族でできる範囲は、介護サービス度も低く
要支援になるんだろう。


でも、認定調査の時、
一つずつ確認すると、
一部介助は必要で、不安定なときがある。


「要介護1」は適当な結果と言う気もする。
サービスを受けられる限度が増えるのは、助かるんだろう。


  でも、


  だけど、


  どうも、


  まだ、


  まだ、


  そんなじゃない。


すごく複雑・・・


ちょっと・・・  辛い・・・


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとうれしいです。
    ↓
banner_03.gif  

1月29日に、介護認定調査があった。


今は、「要支援」。
「介護保険制度」が変わってから、
始めての調査です。


かみさんには、ぎりぎりまで言わない。
保健師さん、ケアマネさんに会うのをすごく嫌う。


なぜ、会わなければいけないのか。
自分の中で、どうしても理解することができない。
認知症を、認めなければいけないことに、
拒否反応が強いです。


11時30分に来る予定。
かみさん、10時半になっても、
まだ寝ている。


無理に起こして、プレッシャーをかけるのも嫌なので、
ぎりぎりまで待とうと思って、そのままにしておいた。
もし、寝てたら、それでもいいかな、と。


11時に起きてきた。


今日、市の保健師さんが来るよ。
何で~?!
今、医療費が30%負担のところ、10%になっているし、
  (これは、実際は、介護保険ではなく、自立支援医療制度です)
認定を受けているんで、
  (介護の言葉は使わない)
その後、体調がどうか聞きに来るだけだよ。
会いたくない。
大丈夫だよ、
二人で会うから、心配しなくていいよ。


僕は、1階に降りて仕事をする。
一緒に待っていると、
嫌だというのを訴え続け、気持ちがどんどんマイナスになるので、
一人の方が良い。


約束通り、11時半に来られた。


この保健師さんは、
前も来たことがあり、
かみさん、割とお気に入り。
「高齢者支援担当」の方なので、
話も上手。
お互い、犬好きということもあって、
かみさん、笑顔で話している。
横で見ていて、不思議な感じ。


簡単に今の状況を聞きながらメモをしている。
質問も、かみさんを傷つけないように、との心配りも見える。
雑談が主で、30分くらいで終った。


玄関まで、僕が見送る。


奥様には、聞き辛いところがあるので、
また、あとから電話して、細かいところを伺います。


僕も、かみさんの前で、今の症状を話すと、
かみさん、絶対に、傷ついて落ち込むと思ってた。
オブラートに、包むような話だけしか出来ないとので、
近況を箇条書きにしてまとめておいた。
それを渡した。


これです。
  ↓
平成19年1月27日 近況


ホームページで調べたら、質問事項が書いてあったので、
それに合わせて、書き留めた。
ちょっと長くなってしまったけど、
今の状況をそのまま。


2階に上がる。
かみさん、すごく機嫌が良い。
晴ればれした様子。


  仕事をしている時、
  大変なことが、上手く出来ると、
  達成感で、すがすがしい気持ちになる。
  花子さんも、そんな感じだった。


昼食に、焼そばを作って、
食べているときも、明るい。
テレビを見ながら、声を出して笑ってた。


心配していたけど、一安心。



セーターを着ようとしたら、
腕の付け根部分の、縫い目がほどけ、
大きな穴があいていた。


かみさんに、
見てみな、こんなところに穴があいてるよ。
本当だ、虫でも食われたの。
違うよ、夜、花子が引っ張ったときに、切れたんだよ。


かみさん、
ウ~ン。
と笑いながら、抱きついてきた。


今までにないことなんで、びっくり。
顔は、照れ笑い。


何も言わないけど、
ごめん。
という気持ちが伝わってくる。


夜中に、落ち着かないとき、
かみさん、掴みかかってきて、
僕を振り回そうとするときがある。


その時は、感情がエスカレートして、
パニック状態になり、
自分を抑えきれなくなっている。


あとになっても、ちゃんとわかってる。
本当は、謝りたいんだろう。
でも、照れくささと、恥ずかしさで言えない。
何もなかった振りをしてごまかす。


いとおしいものです。


今日の前の記事友達と新年会
当事者の方からコメントをいただきました。


すべてわかっている。
だから辛い。
怖くて混乱する。


とおっしゃっています。


コメントをいただけて、本当に嬉しい。
介護する側は、気付かないことがたくさんあります。
僕は、かみさんの、本当の声を聞いているのか?
いつも考えています。


これまで、親友、ブログ、HPから、考える気持ちをもらえたことに
感謝です。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックをお願いします。
    ↓
banner_03.gif 

市から「自立支援医療受給者証(精神通院医療)」
が届きました。
昔の保険証の形をしている。
あと、
「自立支援医療 自己負担上限額 管理表」
と言う小手帳が1冊。

なんだかわかりませんよね。

先月「通院医療費公費負担 自立支援医療 移行届出書」と言うのを提出しました。
2月6日の日記
http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-date-20060206.html
にも書いたんだけど、

去年の9月までは、医療費は公費負担を受けていました。
通称32条。
今までかかっていた、鬱病、アルツハイマーは、精神医療として、
公費で負担していただき、
昨年10月からは5%負担
そして、今年4月からは10%負担になります。


  30%負担かと思ってたら、10%でよかった。
  前の日記で間違った金額を書いてしまった。
  ここでお詫びと訂正を致します。
     (TVみたい・・・)


わかりにくい制度、
当事者でも間違えた。
送られてきた受給者証も、裏に説明が少し書かれているだけで、
理解に苦しむ。
4月からは介護保険制度も変わるし、
何が「自立支援」なんだろう。

少し前、「自己責任」と言う言葉で、
責任回避がはやったのを思い出す。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif




区役所から認定通知書が届きました。
これまでと同じ
「要支援」です。

ここんとこ調子いいし、
先月の認定調査の時(1月31日の日記です)は元気だった。
一日ごとの小さな波と、
4ヶ月ごとの大きな波がある。
その日によって全然違う。
まぁ、いいんだけど。
僕が出来るうちは、
一緒になってやっていこうと思っているから。

ふと考える。
今は、自分で時間が決められる仕事をしているからできるけど、
もし、勤務時間が不規則な会社に勤めていたら
どうなるんだろう。
僕の周りには、3勤1休、夜間業務、超過勤務、夜の営業(接待^.^)等々
時間が決まってない人が多い。
同じ症状でも、介護認定が変わってくるんだろうな。

でも、要支援でよかった。
進行していないってことだから(^.^)


ブログランキングに参加しています
良かったらクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif



テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア
2月末で介護被保険が切れるので、今日、認定調査がありました。

デイサービス見学の19日に、
保健師さんから、今日というお話があったんだけど、
かみさんにはずっと黙ってた。

介護関係の人が来るって言うと、
考えすぎて、とたんに調子が悪くなる。
当日言った方が、心の準備のプレッシャーがないだけいいや。

朝、起きない。
いつも9時くらいまでには起きるんだけど、寝たまま。
10時の約束。
まぁ、いいか。
と思ってそのままにしてたら、
9時15分に起きてきた。
かみさんに伝える。
案の定、急に落ち込む。

なんで~
いやだな~
めんどくさい~


来るまで、仕事場。
取引先と電話してる最中かみさんが部屋に入ってきた。

来たよ。
オッ
ちゃんと着替えてる。

2人で来られました。
2階に上がってもらって、雑談です。
かみさん、
さっきまでの落ち込みと全然違って、明るく答えてる。
チョッと違うこと言ったりしていたけど、まとも。
保健師さんが、

これからも遊びに来てもいいですか。近くを案内してくれますか。
ええ、いいですよ。
思ってもみない返事。

今日の実感。
やっぱり人と会って、話をするのが大事だな~
いつも家から出ずに、家族とだけ話してる時と、表情が違う。
かなり無理をしてたみたいだけど、頑張ってた。
でも、苦痛じゃないみたい。
帰ってから寝るかと思ってたら、明るいまんま。
こんなことの積み重ねが必要なんだ。

デイサービスというと、どうしても構えちゃうんだけど、
違う方法で、何かしら外に出ることをさせたい。

午後、

買い物に行ってこようかな
なんて言ってた。
結局行かなかったけど、
そういう気持ちになれただけでも良かったかな。
保健師さんに、

近くのスーパーに行ってます。
なんて見え張ってたんで、その気になったみたい。

ブログランキングに参加してます。
良かったらクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif


テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア
1月4日に市衛生局から、配達証明付きで封筒が届きました。
新年早々なんだろうと思ったら、

「自立支援医療制度」への移行だって。

これまで、32条
(正式名称は
「精神保健福祉法に基づく通院医療公費負担制度」
を利用していたので、昨年の9月までは、医療費がかかりませんでした。
10月1日からは5%負担、そして、今年4月からは1割負担、又は3割負担になる。

自立支援医療制度への改正って言ったて、
要は、医療費が高くなるって言うこと。
厳しいな~
昨日、病院へ行って、
「重度かつ継続」の証明書発行を依頼してきました。
この対象になれば、月額の自己負担上限額が設定されるらしいけど、
今は、通院が2ヶ月に1度で、薬をもらうだけだから、
上限内だと思う。

わかりにくい書き込みでしょうね。
該当者の僕も理解するまで、何度も説明書を読み返したぐらいだから。


良かったらクリックお願いします。
ブログランキングに参加しています。
    ↓
banner_03.gif

テーマ:介護
ジャンル:福祉・ボランティア